ビットコインへの興味は、9月頃からドル円に抜き去られてますね。16分の動画で明白過ぎる理由を解き明かしてます。

2021年9月以降の傾向は、ドル円>仮想通貨>ビットコインへとシフト。ちょっと背景をこちらでも説明してみます。

1週間ごとの値動き幅を調べてみると、こんな感じです。

  • ドル円=1%
  • ビットコイン=8%
  • SOL=38%

これだけ見ると、ビットコインボラティリティ大きいし、動きもないドル円がなぜインタレスト強いの?となるわけですが、、、

これに日本のレバレッジ規制を掛けてみると、こんな感じになります。(SOLは単なる事例として)

実質ボラティリティでは、ドル円>ビットコインに。

このランキングが、今のインタレスト序列そのものになっています。

ただ日本のFX(外為)がユーザにとって有利かと言えば、そうでもない。特にクロス円推しはインク商法と同じなど動画の中で説明してみました。

追記しておくと、SNSと同じで無料で使える(取引手数料という意味)=誰かがコストを負担しないと成り立たないわけです。だからインク商法も必要ではある点は理解しておきたいポイント。

要は使う側が「どこにコストを支払っているか」を理解してるかという話ですね。

以上は、実戦トレーディングカレッジの公開イントロダクションからお送りいたしました。

◆ 続編はこちら:トレードの悩みに終止符を打つ 「実戦トレーディングカレッジ」 https://direct.cocosta.jp/p/procom

◆ 今だけ無料公開中「ビットコイン生態系|既存通貨が主役をやめる日」
https://direct.cocosta.jp/p/bitcoin-e…

◆ 高精度ハーモニック体験コース|自動検知ツール無料評価版(MT4/MT5/TradingView)
https://direct.cocosta.jp/p/harmonicp…

◆FTX手数料5%OFF付きリンク
https://ftx.com/#a=cocosta

◆佐々木徹のツイッター
https://twitter.com/CocostaGeekend


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.