暗号通貨の2大勢力であるイーサリアムとビットコイン。

主義主張をめぐり、時としてライバル感のある2つの通貨は、それぞれ異なった特徴があると言われます。

  • イーサリアムは「分散型ワールドコンピュータ」 (GAFAをぶっ壊せ)
  • ビットコインは「非中央集権のお金」 (銀行をぶっ壊せ)

このような語りで比較される通貨。ただ、取引している人にとっては、正直「どっちでもいい」が本音ではないでしょうか?

それより、イーサリアムとビットコインを使って、後出しジャンケン的な取引を考えるほうが生産的かもしれません。

今回の動画では、”イーサリアムで後出しジャンケン取引” する方法について考えてみました。


関連コース情報のお知らせ

↓↓ 今すぐ続きをお得に受講できる ”初月半額クーポン” はこちら

《初月半額》クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わり

https://direct.cocosta.jp/p/crypto-roundups?coupon_code=FIRST-50OFF-2022JULYSALE


参考情報

動画内で使ったチャートなどを置いておきますね。

上のチャートは、およそ以下の要素で構成されています。

  • ナスダック
  • ビットコイン現物
  • ETH(とアルト指標)VSビットコイン

注目するべきは、ETHBTCでしょう。ETHBTCとは、ETHUSDとBTCUSDを比較した「比率」です。

わかりやすい事例で考えてみます。たとえばBTCUSDが売られ、ETHUSDが買われていれば、ETHBTCは上昇します。

  • BTCUSD ↓
  • ETHUSD ↑
  • ETHBTC ↑↑

もう一つ事例を考えてみましょう。BTCUSDが売られていても、ETHUSDの値段が変わらない場合も、ETHBTCは上昇します。

  • BTCUSD ↓
  • ETHUSD →
  • ETHBTC ↑

また、BTCUSDが上がっていても、それよりETHUSDの上昇速度が速ければ、ETHBTCは下落します。

  • BTCUSD ↑
  • ETHUSD ↑↑↑
  • ETHBTC ↑↑

これらの事例は、すべてETHBTCが上昇する場合を取り上げてみました。こうしておけば、真逆のパターンも簡単に想像できますね。

では直近の市場を1時間足まで降りていって確認しておきましょう。

ビットコインが22,000を割り込んだあたりから、ETHBTCは下落していますね。先ほどの事例で少し細かくたとえるなら、以下のような状況になったと言えます。

”BTCUSDの下落が終わり”横ばいになった頃”から、ETHの下落が始まった”

  • BTCUSD →
  • ETHUSD ↓
  • ETHBTC ↓

こういうクロス通貨(ドル建てではない)の取引は見過ごされがちですが、うまく”後出しジャンケン的に” 取れれば、収益の一つとしてカウントできそうですね。

お知らせ:

クリプト通信の本編で、上記が有効に作用する事例や、図中に記載した “xx” が何をあらわしているかなどまとめています。

ご興味のある方は、続編をご覧になってみてくださいませ。

それでは、今週もハッピー・ビットコイン!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.