0Comments

インフレで買われる「銅」~資金が投下される理由(無料動画あり)

ドクター・カッパーの異名を取る「銅」が堅調に上値を追っていますね。 これを受け、産業金属の採掘会社株も強気な展開が続いています。 銅(ローソク足)と採掘関連株のETF(オレンジ線) では、なぜ今「銅」に資金が投下をされているのでしょうか? 本日2020年11月22日に公開した「実戦トレーディングカレッジ」内でトピックを取り上げましたので、うち1つの講義を無料公開しました。 ↓下の画像をクリックすると無料公開講義へと移動します 05 インフレで買われる「銅」~資金が投下される理由 https://direct.cocosta.jp/courses/297765/lectures/27290948 ↑無料動画へのリンクです 〇 なぜゴールドよりも銅が今買われているのか? 〇 さらに強気が続きそうな背景にあるファンダメンタルズとは? 〇 銅に資金流入が始まったタイミングは「いつ」か? 上記のようなことが分かります。 なお、こちらは「実戦トレーディングカレッジ」にて毎週末に配信している講義の一部を公開したものとなります。 → 実戦トレーディングカレッジの詳細はこちら 出典講義:【深読み:ドル売りで向かう資金の先を読む展開 (2020年11月22日)】 00 日本の休日から米国の感謝祭へのつながりで狙われやすい指標を確認01 ドル売りは続くも3万で利確のダウから流れた資金が向かった先02 無敵のニュージーランドドル03 ドル円はロング勢が再び玉を積み始め~レベルの特定04 クロス円を活かすタイミング05 インフレで買われる「銅」~資金が投下される理由06 悩ましいポンド~建玉と翌週の動きのクセ・ファンドの建値ほか07 忘れられたゴールド・沸騰したプラチナ・個人殺到のシルバー08 大口はドル売りを積み増し09 値幅の計算10 原油は新規マネーが入り始めている~関連株式は出遅れか?ほか ぜひ、取引の選択肢を広げるのに、ご活用ください。 ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

12分12秒の動画で追う「ゴールド急落とドル円上昇の次はビットコインの下落なのか」

https://youtu.be/e5STHa8pq1A https://www.cocosta.jp/2020/willbitcoin-drop/ こちらの記事で書いた内容を、12分の動画で追ってみました。 チャートに現れない変化の捉え方などライブ取引の事例を元に収録したので、ヒントになると嬉しいです。 ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

「一転ドル買い」は来るのか?反転の徴候を見せる市場

大統領選、バイデンさんに決まりましたね。 郵便投票の不具合などが争点となりましたが、終わってみれば「あっけなかった」という印象だけが残りました。 それにしても市場は「ドル売り」一色ですね。 ドルを売ってゴールドを買うドルを売ってビットコインを買うドルを売って米株を買うドルを売って円を買う 今は「とりあえずドルを売っとけ」が免罪符。これにさえ逆らわなければ、間違いが無いように見受けられます。 さて一方、直近では「ドル買い来るのか?」という徴候を見せる動きも出ています。 もちろん、大統領選などの大型イベントの専売特許は「材料出尽くし」。 それまでに積み上げてきた流れを引っくり返し、巻き戻しの反動が出るというのは市場の常です。 それでも、幾つかの数字を見ておくことは悪くない選択肢かもしれません。ちょっとだけ確認しておきましょう。 自己資金運用組(バイサイド)はドル買いに転向 セルサイド・バイサイドという言葉を聞いたことをありますか? 顧客に金融商品を買ってもらい手数料を得るのが「セルサイド」 一方で自己資金を主に使った運用益を得ることを生業とするのが「バイサイド」 だと考えておけば良いです。 この「バイサイド」にあたる市場参加者は、先週からドルロングに切り替えています。 トレーディングカレッジ資料から ~ レバレッジファンドの建玉動向 上画像は、バイサイドの参加者が保有している建玉の数値を集計したもの。 直近の数字が極小ながら、プラス域に顔を出していることが分かります。 【コースのご案内】 上の資料は、実戦トレーディングカレッジで毎週配信をしている講義資料の一部から抜き出したものです。 実戦トレーディングカレッジ詳細はこちら(クリックでジャンプします) つまり、バイサイドは大統領選の終了直前に「ドルロング」へとポジションを切り替えていることが分かります。 過去の動きを見ても、プラスマイナスの切り替わりが起こると大きめの動きにつながっていることも確認できます(ハズレもありますが)。 あとはドル円が興味深いポイントに到達をしています。 しきい値到達で反発を繰り返しているドル円(トレーディングカレッジ資料より) チャートの中の上段がドル円。こちらは「値段」なので上がったり下がったりしています。 一方で下段チャートは、ドル円と指標とを比較した数字。なので一定のレベルで上下を繰り返す傾向にあります。 参考までに、この記事を書いている現在の15分足も貼っておきますね。 こうしてみると、ドル円が買われる(つまりドルが買われる)展開もあり得そうな状況に来ていることが分かります。 もちろん市場なので答えは誰にも分からないですね。 ただ、変化が起きやすい状況に来ていることを頭の片隅に置いておくことで、バランス感覚のあるトレードにつなげられるかもしれません。 参考にしてみてください。
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ナスダック指数を12,200で反落させた大口の動き ~ ビットコインとの関係も明らかに(10分52秒の動画あり)

https://youtu.be/bB0dkL_96Dk 米国の代表的なハイテク株を指数化したNASDAQ指数。10月9日までの「青天井」とも思えるような上昇は一旦陰を潜め、少し下落が意識され始めた局面に来ていますね。 2020年に入ってからは、ビットコインもNASDAQの影響を強く受けることとなり、興味を持たれる人の数も増えてきたところかもしれません。 冒頭の動画では、直近で作成したトレーディングカレッジ内の講義から「NASDAQを12,200で反落させた大口の動きとは ~ ビットコインとの関係も明らかに」に関する部分のスライドを抜き出し、10分52秒の動画で説明をしてみたものです。 以下に動画で使ったスクリーンショットを貼っておきます。 動画を見る前に内容を確認されたい方も、ご活用ください。 動画内で使ったスクリーンショット ↑「実戦トレーディングカレッジ内動画レポート~深読み(2020年10月11日配信)」から ↑「実戦トレーディングカレッジ内動画レポート~深読み(2020年10月11日配信)」の振り返りとしてEURUSD日足 ↑「実戦トレーディングカレッジ内動画レポート~深読み(2020年10月11日配信)」講義タイトル ↑「クリプト通信(2020年10月14日配信)」のスライドから抜粋 ↑「クリプト通信(2020年10月14日配信)」のスライドから抜粋-Nasdaq建玉動向 ↑「クリプト通信(2020年10月14日配信)」のスライドから抜粋-講義コンテンツ ↑「実戦トレーディングカレッジ」吉中コメンタリから抜粋 実戦トレーディングカレッジ - 今だけ12%OFF&初月5,850円OFF<割引を適用する> コース案内中の「カリキュラム」では、無料受講できる講義も解放してあります。気軽に「無料視聴」をクリックして活用されてくださいね。 それでは、ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

【負けない相場術】弱者と反対側に立つ ~ コースの一部を公開しました

相場で「勝つ側」へ立つには、何をすべきなのでしょうか? それは「負ける側に立たない」ことに尽きますね。。。 いや、遊んでいる訳ではないですよ。わりと相場の真ん中にあることを書いています。 じゃあ「負ける側に立たない」ためには、どうすれば良いのでしょう? 1つは「負けやすい弱者」と反対側に張ることですね。 ひとつの事例として、2020年8月22日に配信した「実戦トレーディングカレッジ」ビデオ講義の一部を公開してみました。 ※ 弱者ポジションについては、動画2分ころからのドル円をご覧ください https://youtu.be/Qf3WUQ39QbA 【ご参考まで】 ココスタの無料コース一覧はこちら> 「実戦トレーディングカレッジ」コース詳細はこちら>
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

米ダウ平均の下落を直前に察知する方法ほか(5分27秒の動画あり)

https://youtu.be/tGi0fmBh3lQ 動画内2分35秒で米ダウ平均の下落を直前に察知する方法について言及をしています。 ゴールドが突き抜けていない理由原油市場の復活が遅い理由新興国通貨から資金が引き揚げられている理由 これらを引き起こしている原因の1つは、資金流入を減速させる「市場構造」です。 市場参加者に対して強制力を持っている「構造」なので、「それ」が変わるときには新しい展開が始まる可能性が高くなります。 その変わり目は1日前にメールで知ることができる類いのもの。 実戦トレーディングカレッジ内「深読みNo.121 見るべきは価格よりも資金流入再開のタイミング(2020年5月3日)」にて続編を学んで頂けます。 実戦トレーディングカレッジ受講案内はこちら 「市場構造」とは、面白いものですね。 ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

コロナが日本買いをもたらす理由(動画あり)

この度の新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々にお悔やみを申し上げるとともに、罹患された方々に心よりお見舞い申し上げます。 災い転じて福となす・・・となるといいですが、コロナウィルスは夏にかけて「日本買い」をもたらす可能性がありますね。下の動画で説明しています。 https://youtu.be/B5WwGpkie84 さて、今週のトレーディングカレッジでは、ゴールドの動向について深掘りをしました。 01 コロナが日本買いをもたらす理由(公開イントロ)02 日経VS米株スプレッド03 ゴールドの足元を支えてきた材料が消え始めている & 原油下落の背景と投機筋動向04 為替は安全資産の中で資金循環を活用する 荒く動く市場では、「上か下か」よりも市場構造を使った取引が適している場合もあります。 銘柄間のつながりを使う。投機筋の動向から「戻るべき水準」を知る。 地味なヒントを集めて土台を作り、荒い値動きを乗りこなしたいものですね。 そうした「内側から見ていく」アプローチなどにご興味ある方は、ぜひトレーディングカレッジにお越しください。 実戦トレーディングカレッジ案内ページ > それでは、今週も楽しんでいきましょう!
by 佐々木徹 (ささきとおる)