0Comments

目に優しいチャート設定を簡単コピペで手に入れる(動画あり)-TradingView

https://youtu.be/q_z-asz13jE 先日のアンケート記事「チャート背景は何色が良いですか?」では、48時間で71件の回答を頂きました。 この動画では、回答から見えてきた目に優しいチャート設定を簡単コピペで手に入れる方法をまとめました。 ↓ 動画で使ったチャートへのリンク https://www.tradingview.com/chart/SYPlY5X3/ 【参考記事】 https://www.cocosta.jp/2020/color-setting-tradingview/ 以上、参考にしてみてください。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
4Comments

【決定】もっとも使い勝手の良いチャート色設定-TradingView

先日のアンケート記事「チャート背景は何色が良いですか?」では、48時間で71件の回答を頂きました。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1286310113955872773 この記事では、回答から見えてきた「もっとも使い勝手の良いチャート色設定-TradingView」についてまとめてみます。 https://www.cocosta.jp/2020/chart-color/ 背景色の人気は白と黒で二分という結果 まずは背景色の人気からです。 背景色の人気ランキング 完全に2強で分かれることとなりました。 ① 白色(ホワイト)42.3% ② 黒色(ブラック)38% さらにコメント欄で貴重すぎる意見を多数頂きましたので、その一部を紹介してみます。 初心者の視点ですが、Tradingviewの初期画面が白なので、講義の時は白のほうが違和感なく同じことに安心します。反対に黒だと設定が違うことに意識がいきます。 → 確かに初期設定が白色なので、取引を始めて時間が短い方だと「設定の違い」に意識が取られてしまいますね。新しい自転車に乗るとペダルの傾きに意識が取られるような。納得です。 佐々木先生お久し振りです。私自身は、ブラック使ってますが、講義はホワイトでも良いかもと思っています。ブラックは目に優しいとか消費電力が少ないかもという理由ですが、ホワイトは頭に残りやすいイメージがあります。私自身は、現在原油とCADのアーブをやってみています。なかなか難しいところもありますが、なんとか身につけたいと思います。それではまた。F様 → これ大事なんですよね。取引時と受講時の色が同じである必要は無いという点。長年複数のコースを受講頂いている実力者の方なので、説得力も大きいです。 背景の黒は困ります。印刷すると、黒のインク使いすぎでべっとりし、更に見ずらいです。ロウソク足の色ですが、上昇は赤か濃いピンクで明るい色、下落は青、緑、など暗い色にして欲しいです。画像をコピーしたとき、マイテキスト用に色を直しています。それか、直しやすいように、黒だけで実体を塗るか塗らないかにして欲しいです。 → 確かに背景が黒だと、インクで紙がヘロヘロになりますね。インク代もかさむし、印刷対応は大切と理解しました。 本来は黒背景が好きなのですが、見本画像の黒背景はダメですね。ローソクの色が暗過ぎて、背景とのコントラストが低く、目が霞んだかの如く見辛い。 → 背景とのコントラストも適切である必要がありますね。眩しすぎず視認性が良いこと。理解しました。 一般に黒ベースの白地の方がユニバーサルな識字性はよいと言われていますが、自分は相場が上手く動かないときに気が重くなるので白にしています(笑) → 確かにメンタルが沈んでいるとき、暗い画面を見ると飲み込まれてしまいそうになるかも知れないですね。 見た目の格好良さで選べぶとブラックです。ただし、私は背景を少しベージュ色で、陽線(白)、陰線(黒)にしております。 → ベージュ色、つまり「ペーパーカラー」の方が受講には適していますね。 ブラック系は網膜か脳か分かりませんが、視線を変えると残像が見えます。 → ブラウザなどは標準設定の背景が明るいので、普段の環境と比較して違和感を感じることはありそうですね。 かねてから私も気になることでした。改めて、試してみました。グレーが見やすく気持ちも落ち着きます。目にも優しいように感じました。検証のためのプリントアウト時は色を変えるのでいいと思います。 やはり印刷対応の自由度が必要ですね。 この色設定に落ち着きました 頂いたご意見、ポイントなどをまとめ、講義でのチャート色は以下の設定を選ぶことにしました。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1286875591556308993 https://www.tradingview.com/chart/SYPlY5X3/ ↑ 上のリンクで設定したチャートを表示することができます。 以下は設定で使った色です。もしご興味のある方は、試してみてください。 背景色:fdf5e8 Paper White と呼ばれる色で、紙に近い色合いを目指しています。 https://encycolorpedia.com/fdf5e8 自分が使っているEIZOモニタも、「Paper」の色設定が標準搭載されています。少し黄色系の色で表示されます。 ブルーライト遮断グラスも黄色がかった色をしていることからも、目に優しい色であることが分かります。 ローソク足:192334 ローソクは中抜きにしました。これなら白黒で印刷できますから、コスト削減出来ますしね。 色はシアンブルーの陰を濃くしたもの。TradingView のダークテーマで使われており、個人的に目に優しく気に入っています。 最後に、アンケートへ記入を頂いた方、記事を見て頂いた方、貴重な時間を割いて頂きまして、ありがとうございました。 皆さんのチャートが心地よい色設定になりますように!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

TradingView招待専用ツールを配置する方法(動画あり)

TradingViewが普及してきましたね。 ココスタでも、こちらの記事で日本語化された初期の頃に紹介したこともありました。 さてこのTradingViewは独自のインジケータを誰でも作成し、2つの方法で公開することが出来ます。 ① だれでも利用できる一般公開 ② 特定のユーザにだけ利用できる限定公開 こちらの記事では、後者の「限定公開」で付与されたインジケータを画面に配置するまでの動画をシェアしてみます。 もしTradingViewで限定公開された(もしくは権限付与された)ツールの配置方法が分からないのだけれど?という方は参考にしてみてください。 https://youtu.be/Le7aExQYOvY 動画内で使ったのは「ハッシュファインダー」~ビットコイン専用ツールです。 他のインジケータでも配置方法は同じとなります。 ↓ 参考:ハッシュファインダーの詳細はこちらhttps://direct.cocosta.jp/p/hash-finder 以上、参考にしてみてくださいね。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

シェア画面の一部を拡大する方法~TradingViewの隠れコマンドを使いこなす

トレーディングビュー(TradingView)が利用者を伸ばしていますね。 最近は大手のブローカーさんも、利用者向けの画面で採用したりされているようです。 ココスタでは2014年にブログ記事で紹介したのが最初でした。 YouTubeに当時の画面が残ってますから、5年前はどうだったの?と興味ある方は、ご覧になってみてくださいね。 参考:未来志向のチャートが凄い3つの点 https://www.cocosta.jp/2014/tradingview/ さてチャート機能の中で1つ便利なものがあります。 意外と知られていない(かもしれない)機能で、他の人が作成したチャートをシェアできるというものがあります。 参考:チャートを共有する方法 (TradingViewのページへジャンプ) つまり作成されたチャートのURLさえ受け取れば、一から作り直す必要がないというものです。 例えば、ココスタで提供している「ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編 」のコース(こちら)では、下のような作成済みチャートを配布しています。 CMEポジション動向(ビットコイン)確認用の作成済みチャート~ 「ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編」から これはCMEで取引されるビットコインのポジション動向を、一発で確認出来るものです。 意外と作成に手間が掛かるので、受講生向けに閲覧用URLを配布しています。 ただ時として、1つの画面を拡大して詳しく推移を追いたい場合もあるでしょう。 ところが閲覧用の画面には、分割された画面の1つを拡大する機能が見当たりません。 もう無理なのでしょうか? いえ、実は隠れショートカットキーを使うことで、画面を拡大することができるのです。 以下は、その方法をまとめた動画です。 シェア画面の一部を拡大する方法~TradingView使い方のヒント紹介 https://youtu.be/nDJT4WfPIL4 こちらの動画は、2019年10月10日に「トレーディングビュー徹底攻略」内にアップした講義から公開したものです。 ぜひ試してみてくださいね。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

TradingView新画面の設定方法(動画あり-2019年2月17日)

チャート機能が使いやすいTradingViewの使い方が少し新しくなりました。操作方法が変わったのは以下の通り。 複数画面から1画面を最大化する方法異なる銘柄を表示したときの軸設定方法 この2つを動画で解説しました。 なお、この動画は「実戦トレーディングカレッジ」の公開イントロダクションを兼ねています。動画の後半には有料コースの案内が入っている点だけご了承ください。 https://youtu.be/lWrsy8BwZug TradingView新画面の設定方法(ほか) もし、「最近なんだか画面の操作方法が変わったなぁ」と不便を感じている方は、こちらで解決するかもしれません。参考にしてみてください。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

▚ 価格帯別の出来高を表示するボリュームプロファイル

値段帯に応じたマーケットの力を知りたい・・・そんなときには、価格帯別の出来高を表示するボリュームプロファイルが役に立つかもしれません。TradingViewで同機能を設定する方法について受講生から質問をいただき回答させていただきましたので、こちらのブログでも少しだけ紹介してみます。   ボリュームプロファイル ドル円の5分足チャートに表示をすると、以下のような画面になります。 チャートの右側に見える価格別の帯がそうですね。 一般的に出来高で知られているのは、ローソク足毎にチャート下に棒グラフを並べていくものでした。それに対して、このボリュームプロファイルは価格帯別に出来高を表示するという優れものです。 どこの値段で取引が多くなっているか?ということがわかれば、マーケットの参加者が、その値段に納得をして売り買いをしたということが分かります。 もともとはザラ場で取引される上場銘柄を分析するように開発をされたものですが、24時間市場の外為にも力を発揮します。売買高のデータが特定できれば、次に起こる値動きも特定をしやすくなるというものですね。   受講生の方へ講義追加のお知らせ|トレーディングビュー徹底攻略2017年版 残念ながら、このプロファイル機能はトレーディングビューの有料プランのみで利用ができるものです。サーバーに負荷がかかる計算だから、仕方ないかもしれませんね。 今朝、受講生からスクリーンショット付きで質問を受け取りました。 プロファイルの表示は5分足だとうまくいくのですが 1時間足や日足のチャートを表示すると赤い文字でメッセージが出て価格帯別出来高が表示されません。 インジケータの設定次第ではあるのですが、中にはデータをTickから取ってくるものもあり、そうしたときには上記のようなエラーが出ることがあります。その設定を変更すれば、上記は解決します。 そこで、本日コース内に対応の方法をまとめてアップいたしました。ココスタ配信にログインして、以下のURLをクリックするとすぐに再生が始まります。 【ボリュームプロファイルを正しく設定する(プロプラン限定)】 http://direct.cocosta.jp/courses/tradingview Proプランを利用されている方は、まだそれほど多くないと思いますが、もし解決が必要な方は参考にしてみてくださいね。   追伸 それにしても、事例で上げた5分足のドル円・・・月曜オープンから売り崩されていますね。以下のスクリーンショットは、週末に追加したブログのコメントからです。 兆候は出ていたということかもしれません。マーケットは奥が深いです。 今週も、ハッピー・トレーディング!!  
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ここまで無料?トレーディングビューのストラテジーテスターが凄い

自動売買の機能で有名なのはMT4ですが、トレーディングビューでも好みの売買戦略アルゴリズムをバックテストする機能があります。有志が作った強力ストラテジーも無料とは、どこまで進化を続けるのでしょうね? 以下の動画で簡単な機能のイントロを紹介してみました。 もちろん1分足でも日足でも使えます。 試しにドル円1時間足に無料ストラテジーを載せてみたのがこちら。   こうした戦略まで無料で出てくるとは、、、どこまで進化を続けるのでしょうね? ただ2つ留意点があります。 一つは、現在はベータ版で無料開放されていますが、検証が終了したら有料会員のみが利用できる機能になるという点。 もう一つは、自動で発注を出す機能は無いという点です。 日本語でみると「自動売買戦略」とか書いているのに、自動売買はしてくれません(笑) なお、以下のコースにレクチャーを本日2月15日付けで追加しました。 セクション 8: ストラテジーテスターを使ってみる|無料の優秀な戦略も紹介! → コースURLはこちら イントロダクション|バックテストで確認できる要素を紹介 (04:04) ストラテジーを載せてみる&無料なのに高パフォーマンスの戦略を紹介 (04:50) 設定値を変えてパフォーマンスの変化を測定する (03:02) ストラテジー別の成績を簡単に比較する (02:28) 自分流にカスタマイズし保存→呼び出せるようにする方法 (04:25) 裁量トレードでも、実績を出しているツールを意思決定の参考にするのは、トレードの幅を広げてくれますね。 それにしても変化の速さには驚くばかりです。。。 ハッピー・ストラテジー!!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

目標値を正しく捉えるフィボナッチの使い方

「将来についてわかっている唯一のことは、今とは違うということだ。」 ピーター・ドラッカー 偉大な経営学者の言葉には重みがあるものの、トレードで将来を見通すヒントの一つくらいは欲しいと思うのは自然なことかもしれませんね。そんなときに使える方法の一つがフィボナッチです。以下の動画では、本日コース内で公開した講義から、フィボナッチツールを設定し目標値を捉えるまでを説明した部分を公開しています。 → デモで使ったトレーディングビューの日本語チャート   フィボナッチは実戦で使えるの? はい、フィボナッチのツールが素晴らしいことは、間違いなさそうです。 一方で現実の戦闘フィールドで使うには、いくつかの課題もあります。 基準の場所を決めるのはトレーダーの裁量 どのレベルで反応するかは当たってみないとわからない 一度目標値を到達した後の影響力が不明 そう、フィボナッチ分析自体が「技術より芸術に近い」と言われる所以ですね。 もともと「違うことしか分かっていない将来」の値段を特定しようという試みである以上、芸術の要素が入ることは仕方のないことかもしれません。 とはいえ、このフィボナッチを芸術で終わらせず、他の市場参加者よりも、より正確な場所を導き出すための道具に進化させる方法もあります。 「負けないトレード実践編」の受講生から、フィボナッチを実戦で使うための質問を受け取りました。 そこで、より実践的にポイントを特定する方法を追加・更新し講義内で本日公開をしましたので、ご案内をさせていただきます。 セクション追加のお知らせ: 2015年12月14日:フィボナッチでチャンスを捉える方法・・・受講生への質問回答とともに フィボナッチをアートから実戦の武器に変える (05:07) 受講生から届いていた質問 (テキスト) 階段式のプライスアクションでチャンスを見つける方法 (05:21) 切り取り方に迷ったときは複数視点で解決する (03:00) エリオット波動で終着地点を見つける目安 (03:38) ポンド円ライブチャート実例|複数フィボナッチからターゲットを特定する実例 (02:38) ポンド円ライブチャート実例2|トレンドの終着地点を特定する実例 (02:47) 受講生の方はコースにログインのうえ、下のリンクから受講を開始してください。 → 今すぐフィボナッチでチャンスを捉える!   最後に 私の好きな言葉の一つが、アインシュタインが残した格言です。 「狂気。それは、同じ事を繰り返し行い、違う結果を予期すること。」 そう、違う結果を出して進化するには、新しい方法を取り入れるしかないんですよね。 これだけ無料で優れたチャート機能が誰でも使える時代です。 結果を残すにはもう一歩踏み込んで、一段高く上るしか方法はありません。 相場から学ぶことは、日々常に新しいです。学びに終わりはありませんね。 引き続き、ハッピー・トレーディング!!    
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

「売りは苦手」を克服しチャンスを2倍にする具体的で今すぐできる方法とは?

あなたはトレードで「売り」と「買い」、どちらが得意ですか? 株式から始められた方は買いが得意という方が多いようですね。ところが片方が苦手だと、取引のチャンスを半分逃している可能性があります。 では解決するにはどうすればよいかといえば、、、チャートを上下反転させてしまえば良いのです! 当記事ではトレーディングビューの新機能を使い、今すぐに無料でできる方法を紹介します。 下のチャート2つは、ドル円を通常表示したものと反転表示させたものです。 → 使用したトレーディングビュー日本語チャート(外部リンク) 同じチャートなのに受ける印象が随分変わりますね。鏡に映った自分を見慣れている私たちが、写真に映った自分を見て違和感を感じるのと近いかもしれません。 さてチャートを反転させる方法は簡単で、チャート左上に入力する銘柄の前に「1/」を追加するだけです。 1/USDJPY 1/EURUSD という具合です。 FXという特殊な市場では、ロングもショートもプライスアクションの特性は何ら変わりがありません。 つまりチャートを反転させるだけで、苦手意識のあった方向感覚を補正することができるので、チャンスを2倍に増やせる可能性があるわけですね。方向に苦手感覚がある方は、ぜひ試されてはいかがでしょうか? ※ 株式や商品市場では、FXと異なり売りと買いとで値動きのスピードが変わってきますので、ご注意ください。   上下反転でチャンスを見つける方法 実はこのチャートを上下反転させる機能を使って、これまで見えづらかったトレードのチャンスを新たに見つけることができます。 具体的な方法は、本日 「いきなり無料で使える高機能チャート|トレーディングビューの使い方1・2・3」 コース内に講義を追加して公開をしました。 この方法はFXにとどまらず、ものすごく応用の範囲が広いものです。 米ドルと金価格を比較してみたり、資源国通貨同士(オーストラリアドルとカナダドル)を重ねて比較して、チャンスを見つけることができます。 講義では、ユーロとスイスフランの相関関係を使って具体的な方法を説明をしています。 受講生の方は、ぜひ活用してみてくださいね。 本日追加した講義 トレーディングビューの画面説明 (03:00) チャート機能を全体的に把握|最初に見るべきヘルプ機能 (03:45) チャート機能を全体的に把握してみる・・・ショートカットから代表的な描画機能を確認する (04:27) チャートの上下を反転させるためのコマンド (02:50) チャート反転で見えなかったチャンスを見る!|ユーロとスイスフラン相関の事例 (04:38)   受講を検討されている方へ朗報! 「いきなり無料で、、、」は以下のレクチャーに特典として付属しています。 負けないトレード実践編・欧米のプロが使う骨太テクニカル ハーモニックパターン完全版・プロ開発の自動検知ツール付 ローソク足で高収益トレード・3つのパターンでGO! 迷いが晴れるトレーディングガイドv2.0 ボリンジャーバンドFX v2.0・相場の加速場所を捉える ※ 受講生の方で登録が未完了の方は、上記コース内の最終セクション「受講生特典」を参照ください。 明日から週末、チャートをフリップ(反転)させて遊んでみると、新たな発見があるかもしれませんね。 ハッピー・フリッピング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)