0Comments

トレードで資金を残すなら定期収入は残しておく

「一日も早く専業トレーダーになって今の仕事を辞めたいと思っています」 「今の仕事に先行きが見えず、トレードで乗り越えたいと思っています」 これまで32回ほど頂いたお問い合わせです。 コロナの影響で将来の展望を描きづらい今、同じような思いを持たれている方も、少なくないかもしれません。 ものすごく逆説的かもしれないのですが、トレード活動で資金を残していくなら、トレード以外の定期収入も合わせ持っている方が確実です。 理由の1つは、もちろん「失敗したとき」でも定期収入で生活を維持できるという点です。 ただ、それ以上に大切なのは「冷静な判断力を維持するため」です。 「もし、このアカウント残高が0になったら老後の蓄えは無くなってしまう」「もしあと〇〇ドルのマイナスが出れば取引から退場、戻ってこれない」 こうした心理的なプレッシャーが長期間続くと、私たちは「判断力を失っていることが判断できない状態」に陥ります。 すると目の前の市場が、自分のポジションと同じ方向に動く理由を探してしまったり、画面に向かって祈ったりすることにつながってしまうのです。 戦場で負けないためには、「自分の強みと相手の弱み」をぶつけることです。 市場の中に自分自身を投じるときは、冷静な判断力という「強み」を持った状態にしておきたいものですね。 この定期収入を維持する重要性については、6月6日に配信された吉中コメンタリーが最高でしたので、一部抜粋しシェアしてみます。 筆者の私塾では、受入れの最初のハードルは「定職を持っている事」です。嘘ではありません。理由は、投資において「焦り」が最大の敵であり、「定職」が心のバランスを保ってくれるから。マーケットでは常に「平常心」が求められ、その平常心の状態からバランスの取れた戦略を構築し、冷静な判断を下す事が可能になります。それを支えてくるのが「定職・固定の収入/仕事をやめない」事。あほらしい様なポイントに聞こえると思いますが、殆どのケースにおいて当てはまる事実、という事は自信を持って言えます。トレーディング・カレッジ:吉中 ※ 吉中コメントは「実戦トレーディングカレッジ」受講でほぼ毎日受け取れます。 実戦トレーディングカレッジの詳細はこちら 私の周りの優秀なトレーダーも、別の定期収入を持っている人がほとんどです。 そして決まって出てくる言葉はこれ。 「だって相場なんて、いつ稼げなくなるか分からないじゃないですか?」 コロナの影響が続く今だからこそ、正しい判断力を持って市場と向かい合いたいものですね。 ハッピー・トレーディング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

20万円を稼ぐ能力

投資で目指すべきゴールをどこに設定すべきなのか。2020年5月29日配信の吉中コメンタリから一部を一般公開しました。 定期的に筆者のもとに質問が寄せられる中で最も多いテーマが 「投資で稼げる様になって仕事をやめたい」「早期にリタイアして投資で生活したい」 というもの。 「稼げるように」とは一体幾らくらいなのか? 「投資で生活」する上での水準は? といった事も曖昧な状態の人が大半ですが、ひとつ明確なのは、多くの人にとって「投資」は、稼ぐための手段として他とは異なる特別な領域にある存在、という事は感じます。 確かに、改めて「投資(で稼ぐ能力)」というものを客観的に見ると、言語、スペース、時間問わず世界中のどこに居ても収益を生み出す事ができる能力。 これは“ちょっとした”ものであり、特に、今後の日本と世界情勢を見据え、体得したい技術・能力であると考える人が多い事は理解できます。(筆者も強くおすすめします。) ただ、一様にハードルが高すぎる。 どこから得た知識や情報かはわかりませんが、多くの人たちに「毎日5分のトレード」「一億円稼ぐ」といった考えが定着してる。 出典:実戦トレーディングカレッジ コース案内はこちら 筆者も、また筆者の周りのファンドマネージャーやプロのトレーダーも似たような考えを共有していますが、「毎日5分」は非現実的であり、また「一億円稼ぐ」も正直あまり意味ないですよ。 投資とは、基本的には自身の領域内での活動であるため、「毎日5分(で稼ぐ)」は考えられない。 また、「一億円」稼いでも守り方を知らない人が95%ゆえ、稼ぐ事自体に意味は無い。 もう少し現実的に考えた方が良いと思います。 仮に、持続可能な20万円/月が体得できれば凄いでしょう。筆者も、プロの運用者も同様に考えます。 世界中、どこに居ても20万/月稼げるのです。とんでもない能力でしょう。 固定観念を捨てて考えると、その凄さが理解できると思います。 吉中
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

資金が流れ込む市場をCMEの建玉から追跡する方法(9分の動画あり)

事業を成功させるためにもっとも必要なことは何でしょうか? おそらく、もっとも簡単な答えの一つは 「お金が流れ込んできている市場の真ん中にいること」 ではないでしょうか? なぜなら、お金さえ流入している領域なら、多少の間違いも市場の勢いが飲み込んでくれるからです。 逆に、どれだけ精緻な仕事をしても、だれも振り向かない分野なら存続出来ませんね。 同じように、やはり取引の対象にも「お金が流れ込んできている」市場の方が取り組みやすいものです。 下の動画は、実戦トレーディングカレッジ内で配信している動画レポートの一部を公開したものです。 https://www.youtube.com/watch?v=FoSrXj1mm6E&feature=youtu.be CMEの建玉動向から、資金が流れ込んでいる市場を追跡する流れを学ぶヒントになればと無料公開してみました。 もし、こうした内側から市場の動向を探っていく方法などにご興味が湧きましたら、実戦トレーディングカレッジがオススメです。 実戦トレーディングカレッジの詳細を確認する 英語圏にこんなことわざがあります。 Follow the money trail. 「お金の跡を追え」と。 もし世の中で解決できない問題があるなら、それは解決することで実入りを失う誰かが止めている可能性があります。 そこを追うことで本当の解決策が分かる。そんな意味合いで使われます。 トレードも、資金の足跡を追うことで、より成果を上げやすくなりそうですね。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

勝っている人は値段より時間を見ている

値段が上がるか下がるかを正確に当てられる人がいるなら、世の中から「相場」は消えて無くなるかもしれませんね。 なぜなら、「その人」には誰も勝てないと分かった時点で、ベストな取引戦略は、「その人の反対側に立たないこと」になってしまうからです。 つまり「誰もが分からない」という状態があってこそ、成り立つのが相場ということですね。 では値段を正確に予測することができないのに、相場で勝つことはできるのでしょうか? もしヒントがあるとするなら、それは「時間」かもしれませんね。タイミングと言い換えてもいいでしょう。 市場参加者の多くが集う時間・イベントなどは、ボラティリティ(値幅)が大きくなりがちです。 そう、市場が動く日時は、事前に決まっているんです。 過去に私自身が相場で苦労した事例の一つに、動かない時間にポジションを取ってしまったというものがあります。 ポジションを立てるにもコストが発生しますから、建値で出ても資金ロス。そういうヘマを積み重ねるとダメージが蓄積してしまいますね。 ですから週の初めにでも、自分が取引する対象に影響のあるイベントの時間は、全部書き出しておくと良いです。 忘れることがあるなら、携帯電話のアラームに入れておくとかもありでしょう。 こういう地味~なことを続けていると、他の人が目を離しているときに効率の良いポジションが取れることもあります。 継続は力なりですね。 さて本日は「週刊クリプト通信」の講義を配信しました。 ビットコインの値動きも100%正確に予見することは出来なくても、それが動く時期は特定することができます。 あとは市場参加者の体力を測る数字があるので、それを使ってビットコインの着地点候補を割り出してみました。 このあたりは、横軸(時間)と組み合わせることで、パワーがアップしますね。 今週のクリプト通信講義で学べること vol.98 射程圏内にターゲットを捉えているビットコイン×月末の攻防(2019年7月24日) CMEの取組高から市場の希望する着地点を割り出してみる今のビットコイン市場を支えているものどの時間軸で考えるかで正解は変わるインプライド・ボラティリティから算出した日足・週足の着地点国内取引所のポジション動向から走るポイントを割り出す https://direct.cocosta.jp/courses/256752/lectures/11089421 ↑ 受講生用~講義への直接リンクはこちら https://direct.cocosta.jp/p/crypto-roundups ↑ 今すぐコース案内を確認したい方はこちら 今週も楽しんでいきましょう。ハッピー・トレーディング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

相場を始めるもの、終わらせるもの

相場はスマートな機関投資家が仕込むことで始まり、最後に大衆が買ってトレンドは終わる。 こんなストーリーを聞くことがありますが、「本当なの」と思うことはありませんか? 機関投資家といっても千差万別。 同じ銘柄を同じポイントで仕込むというのも、少し現実離れしたように聞こえる方もいると思います。 実際のところ、プレイヤーの移り変わりを見ると、現実は少し違うことに気づくことができます。 どちらかと言えば、相場の立ち上がりは、間違いに気づいたプレイヤーがポジションを切ることから始まります。 そして徐々にトレンドらしき動きが形成され、もう切るポジションが残っていない局面まで進むと、そこで「さらに行く」とラストプレイヤーが飛び乗ったところで終わります。 では次の相場は、どうやって始まるのでしょう? そう、最後に飛び乗ったプレイヤーが間違いに気づき、ポジションを切ることから始まるのです。 なんとも切ない話ですが、これも一つの現実です。 こういう舞台裏が見えていれば、「今、ここで自分が取るべきポジションは?」という問いに対しての間違いを減らすことができるかもしれません。 今週の「トレーディングカレッジ」では、現在進行形の原油市場から、上記を読み解いていく一連の流れを60分の動画にて配信しました。 内部の動向をチャートの動きと重ねていくことで、相場の最終局面や立ち上がりのポイントを把握する方法です。 一度覚えてしまえば、あとは他の市場でも共通して使える考え方ですね。 今週のトレーディングカレッジ投稿講義 原油相場の立ち上がりと終わりのプレイヤー切り上がるゴールドの水準と買わされたポジション狙い目のドルストレート通貨ペア比較的分かりやすいチャンスを見せている通貨ペアFOMCに向けた攻防戦  ほか60分の動画講義です。 新しい武器を手に入れたい方には、とても良い実地市場の振り返りでした。 実戦トレーディングカレッジ ~ 勝ち続ける現役プロ2名の実戦取引から「今の」市場を学び、トレードの悩みに終止符を打つ。 https://direct.cocosta.jp/p/procom ↑ トレーディングカレッジのコース案内はこちら 今週も、楽しんでいきましょう。 ハッピー・トレーディング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

マーケットは何度も売買する場所ではない

トレードを経験されたことのある方なら、できるだけ多くのポジションを長く保有しておきたいと感じた経験があるのではないでしょうか? 私もあります。 なぜなら、「持っていないともうけ損ねるのではないだろうか?」という意識が働くからなのでしょう。 トレードの履歴を引っ張り出してきて数字を付け合わせてみると、結局のところ「おいしい」トレードは、数ヶ月に一度のチャンスを捉え切ったものであることが明白になることがあります。 "筆者が普段からCOT/CFTCの分析に力を入れているのは、本人がCOT分析のマニアというわけではなく、「マーケットは、本当は何度も売買する様な場所では無いのですよ(チャンスは限られており、そのチャンスを徹底的に追求する事が何より大切)」という受講生の皆さんに対するメッセージであり、1-2カ月(か半年)に一回のチャンスをとことん深堀する訓練と癖を身に付けるには最高の材料である、という事が本当の理由です。" 吉中講師から毎朝届くトレーディングカレッジ早朝コメントの抜粋です (2019年7月15日) そう、本当に数字を残してくれるチャンスはそれほど大量にあるわけではないです。 逆に言えば、どれだけ中途半端で「チャンスの顔をしたトラップ」をスルーできるかが分かれ目になる、ということですね。 もちろん、日計りや超短期の取引で利益を積んでいる方も(自分の周りにも)たくさんいらっしゃいますし、それはそれで素晴らしいことです。 一方で、それが出来る人は中長期のポジションも、なんなくこなしてる傾向があることも事実。 自分にも新鮮な言葉だったので、こちらでシェアをさせて頂きました。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

実態のない値動きは崩れる

市場の動きを見る時には、値動きを作っている主体をとらえると違った角度からチャンスを見つけることができることもあります。 例えば7月1日からの原油市場、それまで好調に上昇をしていましたが60ドルをタッチした瞬間から下落を開始。 あれよあれよという間に400ティックの下落をたたき出しました。 $60から4ドル以上の下落を叩いたWTI原油 以下はその前週、6月29日「実戦トレーディングカレッジ」内で配信されていたレポートの一部です。 実戦ベースで何を見ていけばよいのか参考になるのではと思い、こちらに一部を公開してみました。 6月29日配信のレポートから 値動きの中身が「ペーパーであること」「実態があるものではない」ことが分かっていれば、少なくとも$60間近からの買い上げという選択は避けて通れたように感じます。 実際にポジションを持って運用している立場から書かれたレポートは、リスクを取っている人にこそ価値のあるものですね。 さて本日は、トレーディングカレッジの受講生向けに、動画レクチャーの配信も行いました。 主なポイントは以下の通りです。 7月7日「深読み」内トピック※ トレーディングカレッジ内の番組です 平穏に見えるがリスクを嗅ぎつける市場原油期近ショーター VS 内部ロングイールドカーブは一層の危機意識をあおる低位安定のVIXがそのままで終われない理由ゴールドは流入資金と加熱で身動きがとりづらいならば大衆が注目しないチャンス銘柄を取るドル円は基準レベルが切り下がりユーロと2.5回目の「おなじみ」手口ねらい目の通貨ペアはロング・ショート戦略から以上を39分28秒のHD動画にて配信 実戦トレーディングカレッジ 勝ち続ける現役プロ2名の実戦取引から「今の」市場を学び、トレードの悩みに終止符を打つ。 https://direct.cocosta.jp/p/procom↑コース案内・お申し込みはこちら 来週も楽しみですね。 楽しんでいきましょう!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

戦慄を覚えた数字~トレード優位性は目の前にあった

(問題)定員100名のプールが横並びで2つ並び、Aには95人、Bには5人が入ってます。プール間の移動も出入りも自由です。2時間後、今より人が増えているプールは、どちらの可能性が高いでしょうか? 回答1・Aのプール(今は 95人が入っている方)回答2・Bのプール (今は 5人が入っている方) どうでしょう??? ・・・ おそらく、Bを選んだ人の方が多いのではないでしょうか? なぜなら収容できる人数の残りが、Aは5人に対しBは95人です。 もしプール人気で人が殺到して20人が後追いで入ってくれば、Aには入る余地がないからBに行くしかないですしね。 どうでしょう?この考え方は自然でしょうか? もし自然だとするなら、トレードでも同じことを当てはめることができるかもしれません。 仮に取引対象ごとに、収容できる人数が(ある程度)決まっているのであれば、そのポイントに近づいた段階でとるべきアクションは、見えてきますよね。 これがポジションの偏りです。 例えば以下のグラフは、ユーロドルの市場参加者が投じているポジションの量を積み上げたものです。 ヒストグラムが一定の数字をヒットすると、そこでユーロは下げ止まる傾向があることが確認できますでしょうか。 もちろん冒頭の問題で、プールBに人が少なかった理由は「古くて人気がない」からかもしれません。 でも、人気のあるプールAに改修工事が入ってしまえば、人は家に帰るかBのプールを選ぶかの2択しかなくなります。 同じように、ユーロを買う人が少ない理由は、「欧州の経済が悪いから」かもしれません。 でも、人気のある米ドルに異変が起これば(もしもの話)、人が向かうのはポジションを畳むか、ポジションが空いている場所に行くかしかありません。 こういう視点を持っていると、短期的な目の前の動きに踊らされて底値で飛び込んでしまうことは避けられますね。 戦慄が走った数字(&コースの案内) 上に挙げた数字は、COTレポートと呼ばれるものから出したものです。 IMMネットポジション等の名前で知られ、この数字自体は誰でも無料で手に入れられるものです。 この数字に関しては、自分も毎週末に必ず一通り目を通してねらい目の取引対象を選定する活動に使っています。 たまにポジションを建てたときにツイートしてますが、傍から見れば「極端な逆張り人」に見えるようなポイントを使うことが多いです。 でも、裏にはこういう数字があるんですね。 さてこのCOTレポート。自分もさんざん使いこなしてきたつもりでいました。 でも甘かった。とんでもない伏兵が潜んでいました。 先週4月13日(土曜日)に、トレーディングカレッジの共同講師である吉中氏から、(自分にとっては)爆弾並みの方法が投下されました。 同じユーロでも角度を変えて出てきたポジションの動向は、こちらです。 これ、現場に立っている人なら戦慄が走るようなデータということが、すぐにわかってもらえるかもしれません。 たとえばポジションの動向で多くの人が注目するのは、プラスからマイナスへ転落したポイントなどが挙げられます。 2018年2月頃にユーロは1.25の高値を付けて推移、その後ネットポジションは2018年5月22日にマイナスへ転落します。 そこからは売られる一方だったわけです。 もし少しでも早く、その確認ができていれば最高ですよね。 ユーロを良い場所で売り建てられれば、あとは放置するだけで下落してくれて、さらにスワップ金利も入るわけです。 そこで2番目のデータの登場です。 ヒストグラムがマイナスに転じた日付は、2018年4月24日。先のデータが5月22日ですから、4週間も早いのです。 チャート上に日付を載せて比較してみると、300PIPS以上の違いがあることが、明白にわかります。 ネットポジションのマイナス転落日時の違い この方法は、だれにでも再現をすることが可能なものです。 画面に毎日張り付いて時間を使うのに比べて、週末に決まったデータを確認しポイントを絞るだけです。 とんでもない方法って、本当に目の前に落ちてるんですよ。 でも、それを気付いて拾い上げられるかどうかって、ものすごく遠いんです。 いや吉中講師すごいです。参りました。 今回のデータ入手方法、加工方法等は、すべて「実戦トレーディングカレッジ」内のレポートで確認できます。 【実戦トレーディングカレッジ】https://direct.cocosta.jp/p/procom 英語圏でも、いろんな方法を探してきましたが、無かったですねこれは。 現場に立ってないと、出てきません。 興奮した週末をシェアしたく、記事を書いてみました。 上記が参考になれば幸いです。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

カレンダー取引の実例~ゴールドと原油(11分10秒の動画あり)

「カレンダー取引の実例~ゴールドと原油」は、特定の日時にマーケットが動かざるを得ない特性を使ったもの。ゴールドと原油の取引実例を挙げてみました。 ※ 実戦トレーディングカレッジの公開イントロダクションから 続編で習得できること: ◯ ゴールドで「その日」の前後に現れていたシグナルは、誰でもすぐに確認できる2つの数字 ◯ 上昇が止まったドル円は「間違った人たち」がポジションを解消する場所を特定して活かす ◯ 下落の激しい原油も来週の狙うべき上下レンジ ほか 実戦トレーディングカレッジ 2名の現役プロから実戦で利益を出す取引方法を習得 週5回の早朝コメンタリー☓毎週2本のレポート 週2回の最新映像講義☓10本の速習コースに即時アクセス 「1日たった500円」ですべて手に入る すべての質問に直接の回答が講師から届く コース詳細はこちら https://direct.cocosta.jp/p/procom
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)