0Comments

トレードで資金を残すなら定期収入は残しておく

「一日も早く専業トレーダーになって今の仕事を辞めたいと思っています」 「今の仕事に先行きが見えず、トレードで乗り越えたいと思っています」 これまで32回ほど頂いたお問い合わせです。 コロナの影響で将来の展望を描きづらい今、同じような思いを持たれている方も、少なくないかもしれません。 ものすごく逆説的かもしれないのですが、トレード活動で資金を残していくなら、トレード以外の定期収入も合わせ持っている方が確実です。 理由の1つは、もちろん「失敗したとき」でも定期収入で生活を維持できるという点です。 ただ、それ以上に大切なのは「冷静な判断力を維持するため」です。 「もし、このアカウント残高が0になったら老後の蓄えは無くなってしまう」「もしあと〇〇ドルのマイナスが出れば取引から退場、戻ってこれない」 こうした心理的なプレッシャーが長期間続くと、私たちは「判断力を失っていることが判断できない状態」に陥ります。 すると目の前の市場が、自分のポジションと同じ方向に動く理由を探してしまったり、画面に向かって祈ったりすることにつながってしまうのです。 戦場で負けないためには、「自分の強みと相手の弱み」をぶつけることです。 市場の中に自分自身を投じるときは、冷静な判断力という「強み」を持った状態にしておきたいものですね。 この定期収入を維持する重要性については、6月6日に配信された吉中コメンタリーが最高でしたので、一部抜粋しシェアしてみます。 筆者の私塾では、受入れの最初のハードルは「定職を持っている事」です。嘘ではありません。理由は、投資において「焦り」が最大の敵であり、「定職」が心のバランスを保ってくれるから。マーケットでは常に「平常心」が求められ、その平常心の状態からバランスの取れた戦略を構築し、冷静な判断を下す事が可能になります。それを支えてくるのが「定職・固定の収入/仕事をやめない」事。あほらしい様なポイントに聞こえると思いますが、殆どのケースにおいて当てはまる事実、という事は自信を持って言えます。トレーディング・カレッジ:吉中 ※ 吉中コメントは「実戦トレーディングカレッジ」受講でほぼ毎日受け取れます。 実戦トレーディングカレッジの詳細はこちら 私の周りの優秀なトレーダーも、別の定期収入を持っている人がほとんどです。 そして決まって出てくる言葉はこれ。 「だって相場なんて、いつ稼げなくなるか分からないじゃないですか?」 コロナの影響が続く今だからこそ、正しい判断力を持って市場と向かい合いたいものですね。 ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

20万円を稼ぐ能力

投資で目指すべきゴールをどこに設定すべきなのか。2020年5月29日配信の吉中コメンタリから一部を一般公開しました。 定期的に筆者のもとに質問が寄せられる中で最も多いテーマが 「投資で稼げる様になって仕事をやめたい」「早期にリタイアして投資で生活したい」 というもの。 「稼げるように」とは一体幾らくらいなのか? 「投資で生活」する上での水準は? といった事も曖昧な状態の人が大半ですが、ひとつ明確なのは、多くの人にとって「投資」は、稼ぐための手段として他とは異なる特別な領域にある存在、という事は感じます。 確かに、改めて「投資(で稼ぐ能力)」というものを客観的に見ると、言語、スペース、時間問わず世界中のどこに居ても収益を生み出す事ができる能力。 これは“ちょっとした”ものであり、特に、今後の日本と世界情勢を見据え、体得したい技術・能力であると考える人が多い事は理解できます。(筆者も強くおすすめします。) ただ、一様にハードルが高すぎる。 どこから得た知識や情報かはわかりませんが、多くの人たちに「毎日5分のトレード」「一億円稼ぐ」といった考えが定着してる。 出典:実戦トレーディングカレッジ コース案内はこちら 筆者も、また筆者の周りのファンドマネージャーやプロのトレーダーも似たような考えを共有していますが、「毎日5分」は非現実的であり、また「一億円稼ぐ」も正直あまり意味ないですよ。 投資とは、基本的には自身の領域内での活動であるため、「毎日5分(で稼ぐ)」は考えられない。 また、「一億円」稼いでも守り方を知らない人が95%ゆえ、稼ぐ事自体に意味は無い。 もう少し現実的に考えた方が良いと思います。 仮に、持続可能な20万円/月が体得できれば凄いでしょう。筆者も、プロの運用者も同様に考えます。 世界中、どこに居ても20万/月稼げるのです。とんでもない能力でしょう。 固定観念を捨てて考えると、その凄さが理解できると思います。 吉中
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

建玉明細に潜むトリック(ビットコイン講義から一部を公開)

市場参加者の建てているポジションの偏りを知る有用性は、市場で実弾を投じている方にとっては「おなじみ」かもしれませんね。 ただ、そこにはトリックが潜むことも事実としてあります。 参考までに、受講生へ配信した記事の一部を公開してみます。考え方の参考になりましたら、幸いです。 大口トレーダーの足跡を辿るレシオの確認方法(2020年3月6日)大口プレイヤーの動きを辿る上でも、COT建玉明細は有効ですね。これをビットコインに特定して活用する方法を考えてみましょう。まずこの建玉明細のトリックは、異なるアセットごとに効くポイントが異なるという点です。ゴールドにはゴールドの、ビットコインにはビットコインの見方があるということですね。さらにビットコインに関しては、とてつもなく特異な要素があります。それはCME先物において、ビットコインには現物決済がないという点です。つまり限月までには、すべて現金で反対売買の決済が前提となっています。現物の受け渡しが基本の先物市場での建玉明細なのに、現物納めが無いのです。まず私たちは、その前提条件自体が抜け落ちている不完全な情報を目にしていることを、理解する必要があります。そして、CMEがビットコインの現物受け渡しを開始する時点では、改めて白紙で考える必要があることを知っておきましょう。では2020年3月現在、建玉明細の何を見れば大口プレイヤーの足跡をとらえられるのでしょうか?あくまでも私自身の観測範囲では、ベストプラクティスとして、、、(以下続く)以上は「ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編」にて2020年3月7日に追加された講義の一部を公開したものです。↓コース案内はこちらhttps://direct.cocosta.jp/p/wealth-unlimited マーケットは、十把ひとからげにできないということですね。 優秀な会社は各人材の優れたところを見つけて登用するもの。 私たちトレーダーも、素材の優れた部分を見つけて活用したいものですね。 ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

取組高(OI)だけで売買の判別ができることもある

トレーディングの用語で、もっとも身近さのかけらも感じないもの。 それは「取組高」かもしれません。 英語ならOpen Interest・・・OI という略称の方に耳が慣れている方も多いでしょうね。 取組って何に取り組むの?高ってブロックでも積み上げるの? 自分もはじめて「取組高」と聞いたときには、正直そのように思いました。 「建玉残高」とかなら少しはわかりやすく感じますが、言葉は難しいですね。 もちろん売り(-1)と買い(+1)と二つのポジションが出会って「1」になる。だから「建玉残高」というと「2」になってしまうという考えも理解は出来るのですけどね。 このあたりが分かりやすい言葉に置き換わっていくと、投資・トレードを始める人も増えやすくなるかもしれません。 さて、この取組高の情報は無料で入手することができます。 代表的なのはCMEでしょうね。例えばゴールドなら、以下のサイトから日々の取組高を確認することができます。 CMEゴールド出来高・取組高 もし本格的に取引技術の向上を目指される方は、こちらに出ている数字を日々記録し続けることをオススメします。 過去5日分だけは公開されているので、週に1回記録を続ければ大丈夫です。 ※ 過去データは有料で提供されるようです 続けるうちに、「アレ?」と気づくことがあればラッキー。他の人が使っていない小さな優位性が見つかることもあります。 ぜひ試してみてくださいね~。 お知らせ:取組高を使った売買の判別方法をトレーディングカレッジにて配信しました 本日のトレーディングカレッジ動画講義(2019年12月28日)にて、ゴールドの売買判別を簡易的に行う方法を配信しました。 実はこの方法を見つけたのは今日なので、急いで受講生にシェアをしたものです。 自分も(記録しろと言った手前)CMEゴールドの取組高と出来高は、2年ほど手打ちで記録し続けています。 その数字をじーーーーーーーっと眺めていたとき、ふとひらめいて試してみました。 結果的に出てきた売買のポイントは、以下のようなもの。 ゴールドの売買判別方法についての講義(2019年12月28日トレーディングカレッジ内「深読み」にて) 9/24 OI SELL 等と書いているポイントが該当します。 これ、本当に取組高しか使っていないんです。 5年前に分かっていたら、今頃もう少し楽が出来ていたのにと、正直なところ思いました。 もちろん単独指標なので他の指標も見る必要はありますが、それでも自分が間違った方向に飛び込むことは防いでくれそうです。 ちょっとした気付きがゲームを変えることもありますね。 ↓ もしご興味ある方は、下のリンク先から受講を頂けます。 トレーディングカレッジ (クリックでコース詳細へジャンプ)> ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

資金が流れ込む市場をCMEの建玉から追跡する方法(9分の動画あり)

事業を成功させるためにもっとも必要なことは何でしょうか? おそらく、もっとも簡単な答えの一つは 「お金が流れ込んできている市場の真ん中にいること」 ではないでしょうか? なぜなら、お金さえ流入している領域なら、多少の間違いも市場の勢いが飲み込んでくれるからです。 逆に、どれだけ精緻な仕事をしても、だれも振り向かない分野なら存続出来ませんね。 同じように、やはり取引の対象にも「お金が流れ込んできている」市場の方が取り組みやすいものです。 下の動画は、実戦トレーディングカレッジ内で配信している動画レポートの一部を公開したものです。 https://www.youtube.com/watch?v=FoSrXj1mm6E&feature=youtu.be CMEの建玉動向から、資金が流れ込んでいる市場を追跡する流れを学ぶヒントになればと無料公開してみました。 もし、こうした内側から市場の動向を探っていく方法などにご興味が湧きましたら、実戦トレーディングカレッジがオススメです。 実戦トレーディングカレッジの詳細を確認する 英語圏にこんなことわざがあります。 Follow the money trail. 「お金の跡を追え」と。 もし世の中で解決できない問題があるなら、それは解決することで実入りを失う誰かが止めている可能性があります。 そこを追うことで本当の解決策が分かる。そんな意味合いで使われます。 トレードも、資金の足跡を追うことで、より成果を上げやすくなりそうですね。
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

勝っている人は値段より時間を見ている

値段が上がるか下がるかを正確に当てられる人がいるなら、世の中から「相場」は消えて無くなるかもしれませんね。 なぜなら、「その人」には誰も勝てないと分かった時点で、ベストな取引戦略は、「その人の反対側に立たないこと」になってしまうからです。 つまり「誰もが分からない」という状態があってこそ、成り立つのが相場ということですね。 では値段を正確に予測することができないのに、相場で勝つことはできるのでしょうか? もしヒントがあるとするなら、それは「時間」かもしれませんね。タイミングと言い換えてもいいでしょう。 市場参加者の多くが集う時間・イベントなどは、ボラティリティ(値幅)が大きくなりがちです。 そう、市場が動く日時は、事前に決まっているんです。 過去に私自身が相場で苦労した事例の一つに、動かない時間にポジションを取ってしまったというものがあります。 ポジションを立てるにもコストが発生しますから、建値で出ても資金ロス。そういうヘマを積み重ねるとダメージが蓄積してしまいますね。 ですから週の初めにでも、自分が取引する対象に影響のあるイベントの時間は、全部書き出しておくと良いです。 忘れることがあるなら、携帯電話のアラームに入れておくとかもありでしょう。 こういう地味~なことを続けていると、他の人が目を離しているときに効率の良いポジションが取れることもあります。 継続は力なりですね。 さて本日は「週刊クリプト通信」の講義を配信しました。 ビットコインの値動きも100%正確に予見することは出来なくても、それが動く時期は特定することができます。 あとは市場参加者の体力を測る数字があるので、それを使ってビットコインの着地点候補を割り出してみました。 このあたりは、横軸(時間)と組み合わせることで、パワーがアップしますね。 今週のクリプト通信講義で学べること vol.98 射程圏内にターゲットを捉えているビットコイン×月末の攻防(2019年7月24日) CMEの取組高から市場の希望する着地点を割り出してみる今のビットコイン市場を支えているものどの時間軸で考えるかで正解は変わるインプライド・ボラティリティから算出した日足・週足の着地点国内取引所のポジション動向から走るポイントを割り出す https://direct.cocosta.jp/courses/256752/lectures/11089421 ↑ 受講生用~講義への直接リンクはこちら https://direct.cocosta.jp/p/crypto-roundups ↑ 今すぐコース案内を確認したい方はこちら 今週も楽しんでいきましょう。ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)