0Comments

12分12秒の動画で追う「ゴールド急落とドル円上昇の次はビットコインの下落なのか」

https://youtu.be/e5STHa8pq1A https://www.cocosta.jp/2020/willbitcoin-drop/ こちらの記事で書いた内容を、12分の動画で追ってみました。 チャートに現れない変化の捉え方などライブ取引の事例を元に収録したので、ヒントになると嬉しいです。 ハッピー・トレーディング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
time for change sign with led light
0Comments

相場急変:ゴールド急落とドル円上昇の次はビットコインの下落なのか?

ドル円が105円を突破して気持ちの良い上昇を見せていますね。 もし「何があったのだろう?」と思われた方は、こちらの記事を参考にしてみてください。いずれも急騰前に書いたものです。 https://www.cocosta.jp/2020/dollar-buying/ https://www.cocosta.jp/2020/usdjpy-btcusd/ 個人的には、ドル円のロングをしばらく抱えていたので、少しほっとした感もありました。まだロングは少しだけ残しています。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1325785576511975425 もちろん直接の引き金になったのは、米国の金利が急騰したことでしょう。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1325773496991981568 大統領選の投票前にギャップダウン。バイデンさん確定後にギャップフィル。 見事ですね。拍手モノの動きです。 イベントの特性、市場心理、建玉の偏りから見ると、確かにそうなるよねと言う動きでしょう。 それでも、例えばゴールドなどは月曜午前にさらなる希望を抱かせるような動きで買い上げさせてからの下落。 正直なところ、これは値段だけ見ていても絶対に予知できない類いの動きです。心理戦も多分に入ってましたね。 なお、「一転ドル買い」は来るのか?反転の徴候を見せる市場」で残したドル円のシグナルチャート、今はこんな感じです。 シグナルの作成方法は、トレーディングカレッジ内の「深読み」で配信いたしました。 受講生の方で見逃された方は、以下のURLを確認してみてくださいね。 04 為替はボラティリティ拡大×ショートカバー|週明けの動きはビットコインに聞くのが今は良案https://direct.cocosta.jp/courses/297765/lectures/26986433 今朝方はマザーズの方でサーキットブレイカーが入ったとの報もありました。 おそらくドル円のポジションも関係しているでしょう。 ちょっと気になるのはこちら。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1325939299586514944 今のビットコイン、原稿を書いている現時点の値段は15285。地合は強いでしょうが、「現物を買ってくる人が納得するレベルはどこか?」を把握をしておく必要がありますね。 このあたりは、毎週の「クリプト通信」でいつも繰り返し述べています。 投機マネーは、上下に振るしか役割はありません。 現物の需要がどこにあるのか。これは何を取引するにしても、常に突き詰めるべき永遠のテーマですね。 今週も楽しんでいきましょう。ハッピー・トレーディング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ドル円は反発上昇か|たった一つの材料が教えてくれる現在地とは?

ご存じですか、ドル円が直近3年間で「ほぼ最安値」を付けているのを? 下の表は、「円先物」を含む主な通貨終値を直近3年間で%化したものです。 主要通貨の値位置を直近3年間で比較したもの(実戦トレーディングカレッジ内の資料から) この数字、事情があって毎週火曜日の終値を記録しています。ですから3月新型コロナ相場の101.5円などは、無視をしています。 それにしても、円だけ異常に強くないですか? もちろん、米国の大統領選が間近に迫っていて、資金の逃避先に選ばれているという事情はありそうですね。 先日は、こんなツイートもしました。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1321429074682638336 下にビットコインと円のチャートを日足で並べてみたもの。 円とビットコインを並べたもの(日足) もう少し小さい時間足にしてみましょう。30分足で、ツイートした前後のあたりを抜き出してみます。 円とビットコインを並べたもの(30分足) なんだか一致して動いていますね。なぜなのでしょう? 一つの仮説としては、以下のような考え方があるかもしれません。 円とビットコインが似た動きをする理由(2020年11月現在) 米国大統領選前に景気刺激策が採択されなかったドーピングでしか上昇できない米株は終わった(という市場認知)米国以外の流動性資産に資金を移動させたい規模からすればユーロだがコロナ感染者増加で入れられない国の政策(コロナ対策など)から影響を受けないゴールドに入れたい、が金利先高感で入れられない感染者数が比較的安定している日本が残っている・・・とりえあず円を買っとけ金利と国籍の影響を受けづらい対象も買っておきたい(米中のとばっちりも避けたい)・・・ビットコイン買っとけ だいたい、こんな感じではないでしょうか? 円高になれば、海外旅行に安くいけますね。新型コロナさえなければ、海外旅行にも絶好のタイミングだったでしょう。惜しい! ドル円は反発上昇か?たった一つの材料が教えてくれる現在地 さて順調に買われている「円」ではありますが、少し先行きが怪しい部分も出てきました。 以下は円を買っている特定参加者の建玉比率です。ここでは「大衆レシオ」と名付けておきます。 参考記事:大衆心理の「大衆」って誰? 直近の数字は、以下のような感じです。 円先物価格と大衆レシオの比較~トレーディングカレッジ用資料から抜粋 この大衆レシオ、直近3年間でもっとも高い数値をたたき出しています。 さて、これが円にとって吉と出るのか反対にでるのか? 円先物が落ちれば、「ドル円」は上昇ということになります。 来週は大統領選ですね。急激な動きが出ることもあります。適切な資金コントロールで望みたいものですね。 ハッピー・トレーディング! 【コースのご案内】 上の資料は、実戦トレーディングカレッジで毎週配信をしている講義資料の一部から抜き出したものです。 開催中のセールに行く 実戦トレーディングカレッジ詳細 2020年11月1日(日)に配信した講義では、以下を取り上げました。 No.147 大統領選!(2020年11月1日)00 大統領選の前後はファンダ無視で値が跳ぶ技術的な理由01 円は3年間ATH~なぜ日本・ニュージーランドが買われているのか02 1つだけ乖離が明らかな通貨ペアはコレだ03 ゴールドは値段よりも横軸とレンジ幅で攻略04 値幅:大統領選での値動きは深追いしない05 出した船を港に戻す動き06 ユーロを捨てられない大口の事情07 周りに流されると痛い目を見るポンド08 ドル円も値段よりカレンダー ~ 超短期資金の足は速い09 WTI原油はファンダメンタルズを無視して動いている現状10 ダウ日経平均スプレッドは変調の兆し実戦トレーディングカレッジ講義「深読み」からタイトルを抜粋 市場を「内側からのぞき込む」ような方法にご興味のある方には、最適な内容になっています。 講義でお会いできることを、楽しみにしております!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ドル円の下落を見逃さない-今すぐ見るべき「金利の種類」とは(12分42秒の動画あり)

https://youtu.be/qn53U4_FphI ◆無料受講クーポン各種こちら https://pro.cocosta.jp/summer-sale-20... ◆ 動画の続編はこちら:実戦トレーディングカレッジ https://direct.cocosta.jp/p/procom 続編の目次(合計5本の動画41分19秒) 01 今のドル円は絶対に「この金利」から目を離すべからず 02 金利全般を見るとユーロに資金が流れる背景も分かる 03 ゴールドは短期調整もありうるか 04 ドル円の売買レベルをゴールドで判断する方法 05 原油は油種の選び方 ◆佐々木徹のツイッター https://twitter.com/CocostaGeekend ◆YouTubeチャンネル登録はこちら↓http://www.youtube.com/channel/UCfsgaLVbQH9JNIEgt0tzbTg?sub_confirmation=1
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ドル円の着地点をインプライド・ボラティリティで計測してみる

利確や損切を行う際に、なにか客観的なポイントを自分のルールで決めてつかっている人も多いですね。 例えば、「入り口から〇〇TICK走ったら」や「投下ロットの〇〇%に到達したら」という決め方が代表的かもしれません。 逆に市場参加者が、利確・損切を置いている場所にポイントを定め、そこから投下ロットを逆算する方法もあります。 仮に後者を使っている場合は、何か決まった方法論がある方が迷わずに済みますね。 これを決める一つの手がかりとしては、インプライド・ボラティリティが使えるかもしれません。 これは、簡単に言えば、オプション市場で約定している総ポジションから逆算して、市場参加者が見込んでいる値動き幅を数値化したものです。 8月4日に配信したトレーディングカレッジ内の動画レポート「深読み」では、ドル円の着地点をインプライド・ボラティリティから計測する事例を紹介してみました。 エクセルの計算シートも添付しているので、自分なりのカスタマイズをする場合の参考になるかもしれません。 https://youtu.be/ncM9JLgDrLc?t=190 ※ インプライド・ボラティリティについては動画内の3分12秒あたりから。 上の動画は、「実戦トレーディングカレッジ」講義内のイントロ部分を無料公開したものです。 https://direct.cocosta.jp/p/procom ↑ 実戦トレーディングカレッジコース案内はこちら なお、本編の動画では、以下をカバーしています。 〇 FOMCとトランプ砲で沸きに沸いた7月最終週を振り返る 〇 興奮の陰に隠れている無理なポジションを見つける 〇 ドル円はカレンダーと相談が必要な局面 〇 ユーロをさらに売り込むのが危険な理由 〇 ファンダ好転の原油ねらい目は? 今週も、楽しんでいきましょう。 ハッピー・トレーディング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ドル円の配当落ちを攻略する方法

https://youtu.be/jScmq-DPvsk 10連休を前に11日分のスワップポイントが付与され、ドル円の値動きに大きな影響を与えました。当記事では、この連休前特有の動きを攻略する方法をまとめ公開しました。 外国為替では、ポジションを持っていると1日ごとに金利の受け取りや支払いが発生します。これをスワップポイントと呼びます。 連休の都合上、11日分という前代未聞のスワップポイントが1日で配布された本日、ドル円は「配当落ち」と同じような値動きを見せました。 下のチャートはドル円30分足。注釈でスワップポイントが付与されたタイミングを記入しています。 ドル円30分足とスワップが付与された時間 このチャートを見る限り、「おそらく」配当狙いでドル円が買い上げられたのだろうと推測をすることはできます。ただそれは、推論の域を出ませんよね。 では、ドル円を主導する短期金利を比較するとどうでしょうか? 前後を分かりやすくするために、大きめの時間足で確認をしてみましょう。 ドル円と金利の動きを比較 配当が出る時間に上昇しているドル円は、金利とは逆に動いていることが分かります。 つまり、ここでドル円が上昇した動機は、金利によるものではなく、「配当狙い」と特定できました。 これが分かれば、あとはチャート上で反発するポイントを特定してやります。 一つの事例として、ハーモニックパターンの自動検知ツールが描画していたものがこちら。 112.38円で下落を示唆するパターンが完成 112.38円で下落を示唆するパターンが完成していました。 さてこの時点で3つの条件が確認できます。 ○ ドル円の上昇は金利のサポートが無い ○ 上昇要因は「配当」狙いであり、終われば落ちると推定できる ○ 配当落ちを狙う入り口はチャート上で特定できる その後の値動き推移はこちら。 「配当落ち」で下落したドル円 112.40から111.40 まで、およそ100Tickの下落となりました。 このように、金利とチャート分析、そこにイベントの時間を特定してやることで、ドル円を攻略できる可能性が高まることがおわかり頂けたのではないでしょうか? 【もっと学びたい方へお知らせ 】 今回の記事で紹介をした内容に加え、市場参加者が持っているポジションの偏りを調べたり、ドル円に直接的な影響を与える関連銘柄の動きを追うことで、より明瞭な絵を捉えることができます もし、これを実行するために具体的な技術を身につけられたい方は、以下のコースが最良です。 【金利・関連アセット・ポジション動向の絞り込み方】実戦トレーディングカレッジ(クリックでコース詳細に移動) 【ハーモニックで出入り口を特定し短期金利で方向を特定】高精度ハーモニック完全攻略パッケージ (クリックでコース詳細に移動) 技術はいいですね。誰も盗むことができません。 講義でお会いできることを、楽しみにしています。 ハッピー・トレーディング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ドル円は利確ですか?

株価の順調な上昇を受けて、我らがドル円も順調に上昇をしていますね。 先日書いたトルコの週末リスクも、無事に回避。 新しい年号とともに、力強い上昇を見せています。 https://www.cocosta.jp/2019/usdjpy-lira/ 前回の参考記事 そのドル円も、今は一旦の利確が入るポイントに到達をしています。 2019/04/02 現在のドル円(高精度ハーモニック自動検知ツールから) 円のポジションも、なかなか先に進むのには向かい風なポイントには到達をしています。 さらにここからバリアを破り上昇を続けられるか? ドル円に注目ですね。 ハッピー・トレーディング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

109.68ドル円ショートは「風向きの変わり目」で

先日「ドル円、109.70手前でショート入れた」とツイートしたところ、立て続けに質問を頂きました。 そこで理由の一つ、「風向きの変わり目」という点をシェアしてみます。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1090621003745480704 1月30日の23:41に流したツイート ドル円を109.68でショートした場所 なお、これだけ見れば一発で成功したように見えますが、前の週には109.4でのショートから撤退しています。残念ながら、無傷ではないです。 では、なぜ「そのポイント」でトリガーを引いたのでしょう? もちろん理由はファンダメンタルやテクニカルの複合です。また結果的に再度のロスで終了という可能性もありました。 ただ、前の週に撤退したときと一つだけ明らかに「風向き」が変わっていたことがありました。 それはWSJのFedウォッチャー記者が投稿した以下の記事です。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1088799562452455424 米国のFederalがバランスシートの引き締め終了を早める可能性がある、というもの。 これを境目としてドル円は下落を始め、ゴールドが上昇し始めたのはご存知の方も多いでしょう。 そして1月30日の水曜日は、週末の非農業部門雇用統計の前哨戦であるADP雇用統計の発表がありました。 そこで出た数字にドル円は上昇し、ほぼ1月25日のFed記事がリリースされたポイントの値段まで戻していきました。 ただ市場のセンチメントは金利市場を見ても変わらず「FRB=緩和」が継続。 シナリオが変わっていないのであれば、風向きが変わったポイントへの戻しと判断しポジションを建てました。 その後のFOMCでも、パウエル議長の発言が軟化したこともありドル円は下落。結果的には利が乗る方に動いてくれました。この先は分かりませんが。 実は、こういう風向きを変えたポイントを捉える方法については、先週末のトレーディングカレッジ内レポートで、上述のFED記事とドル円を事例に取り上げていました。 参考:トレーディングカレッジのコース案内はこちら> ですから想定どおりと言えなくも無いのですが、それでもライブ取引は何度やっても緊張しますね。 以上は、ドル円ショートをいれた理由が「風向きが変わった場所」であったという記事でした。 届いた共感の声 https://twitter.com/UXNVFldWceRhj2J/status/1090818006693728256 【掲載させていただいた方へ 】 コメントいただいたものを掲載させていただいています。もし削除を希望されます場合は、お手数ですがTwitterからご一報くださいませ。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

速報:COTレポート再開予定の時系列まとめ

米国の政府機関閉鎖で、昨年12月21日以降ストップしていたCOTレポートの再開予定日が発表されました。原文はこちら> 2月1日から溜まっていたデータを週2回のペースで公開していく予定とのことです。 およその集計日と公開予定日をまとめてみました。 2018年12月24日集計分 → 2019年2月1日(金)公開2018年12月31日集計分 → 2019年2月5日(火)公開2019年1月9日集計分 → 2019年2月8日(金)公開2019年1月15日集計分 → 2019年2月12日(火)公開 2019年1月22日集計分 → 2019年2月15日(金)公開 なお公開時間はNY時間に準拠をしているので、日本では翌朝早朝になります。 また集計日時は、他の取引所の事例から推計していますので、ずれる場合がある点はご理解ください。 COTレポートで動く市場 今回のCOTレポート再開で、市場は大きく動き始める可能性があります。 例えばドル円。こちらは1月3日に105円へと大幅な下落を叩きました。 その日付を超えた後、円ショートがどの程度減っているのかCOTレポートを心待ちにしている運用者もたくさんいます。 円ショートが大量に残されていると分かれば、一気にポジションを乗せてくるファンドも出てくるでしょう。 そうなればドル円もクラッシュした105円を再テストしにくる展開も十分にありえます。 参考:COTレポートとは COTとは、Commitment of Traders。各トレーダーがどの程度のポジションを積んでいるのかを公開するレポートです。 集計日は毎週火曜日で、同じ週の金曜日(日本時間だと土曜の早朝)にデータが公開されます。 ドル円も、このポジション動向から、ある程度の動きを想定することが可能になります。 今年、2019年1月3日にはドル円が105円へと大幅な下落を叩きました。 その9日前に公開していた記事は、COTレポートから出てくる一部のデータを使って、円が買われる展開(ドル円は下落)を想定していたものです。 https://www.cocosta.jp/2017/general-public/ COTレポートは、こうした情報を提供してくれる強力なツールなのです。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)