Photo by Tim Mossholder on Unsplash
0Comments

為替相場の予想を当たりやすくする方法~9分30秒の動画をアップしました

為替相場の予想を当たりやすくする方法 ~ 9分30秒の動画をアップしました。 https://youtu.be/DUSvZ1rOb9w 先日書いたブログ記事の内容を、具体的なチャートの事例を使いながら説明をしてみたものです。 参考 https://www.cocosta.jp/2020/forecasting-forex/ ビットコイン・ゴールドも、「もろに影響を受けている」ことが分かる動画です。 ぜひ参考にしてみてください。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

金と株価の動向をコロナ数値から割り出す方法(5分18秒の動画あり)

https://youtu.be/l76-Ay4DKm0 ゴールドと株価の動向を、コロナウィルスの数値データから割り出していく方法です。 https://direct.cocosta.jp/p/weekly-edge↑ 続編は「深読み@トレーディングカレッジ」にて公開中。今だけ990円で週間購読を受付しています。 続編:01 株価・ゴールド動向をコロナ数値データから割り出す方法02 コロナの数値データをTradingViewに反映させて使う流れ03 ゴールドに流入する資金はETF残高で把握する04 小口の建玉を考察&指標には指値で対応05 原油の限月間に起きている以上な価格差を引き起こしているファンドなど どうぞ、お見逃し無く! 深読み@トレーディングカレッジ購読はこちら
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

🦅なぜ9月相場を荒らすのは米国債なのか?(12分54秒の動画あり)

幽霊やお化けが怖いのは、「わからない」からだそうですね。 米国にいたころハロウィンを回っていて一番怖かったのは、お化け屋敷を作っている家があったのですが、来た人に向かって家の主人がかのジェイソンのごとくチェーンソーを振り回して怖らがらせるんです。 手元が狂って飛んでくるんではないかと、そっちのほうが怖かったのを覚えてます。 相場でも、値動きが何を起点にして起こっているのかがわからないと、疲れますね。 逆に言えば、今の「力点」が分かれば、取り組む方法もわかりやすくなるもの。 そして始まったばかりの9月。為替やビットコインも含め、相場を動かす力点となるのは、米国債かもしれません。 ちょうど本日、「実戦トレーディングカレッジ」内に米国債の講義をアップしました。 以下はイントロ部分を公開したものです。 <なぜ9月相場を荒らすのは米国債なのか|動画のポイント> ○ なぜ9月から米国債が動くと言い切れるのか? ○ ビットコインも影響を免れない証拠とは? ○ なぜドル円だけ動くタイミングがずれるのか? ○ 20時から3時間で完結できる取引スタイルとは? ○ コース紹介   <続編で学べること|実戦トレーディングカレッジ本編> ○ なぜゴールドも米国債も買い戻されているのか? ○ 流出を続けるETF残高と先物ポジションの力関係を数値化 ○ どうしてビットコインキャッシュが買われたのか? ○ 為替で取り残された通貨ペアはコレだ ○ ポンド炸裂は先週末のレポートどおり(振り返り) ○ 来週のドル円・上下レンジを割り出してみる 実戦トレーディングカレッジ(月額購読)内にて公開済です。   9月相場も上手に乗りこなして行きたいですね。 ハッピー・トレーディング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)