0Comments

トレードの失敗を成功へ変えた受講生とのライブ配信

トレードの失敗を成功に変えられたポイントは何だったのか? 何から学んでいけばよいのか経験談が聞きたい 負けない取引を手元に収めるために欠かせないことは? 失敗という入り口を経て、成功の出口を手繰り寄せた経験談は、それぞれの人にしか話せないもの。 そんな貴重な経験を、受講生のOoniwaさんがシェアしてくれることになりました。 過去に何回か体験談の投稿もしていただいている優秀な個人トレーダーの方です。 参考: 祝!200万円超を勝った受講生を特集! 勝ち組受講生インタビュー|そこにハーモニックがいたんです 以下の概要で、ライブ配信をYouTubeにて行います。 貴重なチャンスを、どうぞお見逃しなく! 《概要》 ライブ配信日時:10月17日(水)19時30分から 時間:30〜40分程 配信方法:YouTubeにて <受講生Ooniwaさん・佐々木徹> ライブ配信の録画動画は、こちらからご覧いただけます
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

命を救うため医療プロは「シグナル」を使う

「120の血圧」と「80の脈拍」。この数値だけで救急医療のプロは、運び込まれる患者の出血量をおよそ把握します。 現役で救急医療に勤務する受講生の方から、医療のプロも「シグナル」を使うと聞きました。一体どのようなものなのか?見ていってみましょう。   ショックインデックス・・・医療現場のプロが使う比率 救急の現場に勤務する方にとって、運ばれてくる患者さんの様態をスピーディーに判断することは、何よりも優先される技能。 そこで使われるのが、ショックインデックスという比率だそうです。 例えば二人の患者さんがいて、それぞれ下のような脈拍と血圧との組み合わせだとします。 患者さん① 脈拍80・血圧120  (80/120 = 0.66) 患者さん② 脈拍150・血圧70 (150 / 70 = 2.14) 出血の状況を素早く数値で判断するために、脈拍を血圧で割った比率を使うのだそうです。 例えば患者さん②の場合だと、2リットルを超える出血が想定されるとか。 「救急で働いていると、今から交通外傷で運ばれてくる患者さんが来ますと連絡がきます。その時に、上記のような脈拍と血圧を報告される時があります。報告を聞いた現場のプロたちは、その患者さんが、危機的な状況だと瞬時に判断できます。つまり、詳しい検査しなくても、身体の裏側がわかるわけです。」 医療の現場でも、クイックな判断を行うために「シグナル」が使われているのですね。 ちなみに、この受講生の方はOoniwaさん。過去に何度か記事で紹介した受講生の方です。 Ooniwaさん関連の記事 「L/ S ratio※1も同じですよね。チャートの表面には出ていない裏側の事象がわかるわけです。為替も同じですよね。どこで値段が反転するか絞り込む。ほんと、似てるんですよ。私がトーディングカレシッジ※2で、L/S ratioを学びたいと思った背景には、医療と為替は違う世界ではあるものの同じプロたちが使用しているものは必ず、使えるものであると、思ったからです。」 数値を使うことで表に出ていない裏側の事情を素早く把握することができる。 医療とトレードの関連は考えたこともありませんでしたが、どの世界でも数値を使うことで得られるベネフィットは、大きいようですね。 ハッピー・トレーディング!   <注釈> ※1 LSレシオ・・・積まれたポジションの偏りを示す数値・比率のこと ※2 トレーディングカレッジ・・・ココスタの実戦コース   <コース情報> 「1日たった500円」トレードの悩みに終止符を打つ 2名の現役プロが、実戦で利益を生み出す取引方法を伝授 週5回の早朝コメンタリー☓毎週2本のレポート 週2回の最新映像講義☓7本の速習コース 「1日たった500円」ですべて手に入る トレードが14日以内に変わらなければ全額返金 → コース詳細はこちら
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

<↓プロ並み受講生の取引結果↓>豪ドルの見立てがすごい

「トレードで利益を出しました」と受講生から聞くと、素直に嬉しいものです。そんな継続して結果を出すスーパー受講生の一人が取引をYouTubeで公開されましたので、シェアをさせていただきます! 公開してくれたのは受講生のOoniwaさん(過去記事はこちら)。公開された動画はこちらです。 <↓プロ並み受講生の取引結果↓> 【AUDUSD見通し】 【取引結果】 ※ ご本人の了解を得て掲載しております 入る場所もきっちり決めて、想定からずれ始めたら適切に処理・・・素晴らしいですね! そんなOoniwaさんに、トレードで生き抜く哲学を聞いた時のエピソードです。 「昨年出した利益で買おうと思えば大きな車も買えました。でも僕のトレード哲学は欲をかかないこと。だからあえて中古にしました。だって車に充てるお金を証拠金に残しておいたほうが伸ばせるし、いいじゃないですか。」 常に気を抜かず、謙虚でいることこそ、生き抜く秘訣かもしれませんね。 また他にも素晴らしいトレードをされている受講生から報告も受け取っているので、都度でご紹介をしていきたいと思います。 ハッピー・トレーディング!!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ブレグジットな受講生のトレード報告

大荒れのマーケットでも着実に利益を仕留めた受講生からトレード報告の動画を受け取りました。豪ドル円で500pips、ドル円で200pipsを利確したストーリーです。 報告をくれたのはOoniwaさん、過去にも記事を書かせて頂いた立派なトレーダーさんです。 偶然ではないハーモニック取引を積み重ねられる実力は本物で、得意の豪ドル円の切り取り方は、リズムと空白の取り方が芸術的とも言える域です。 決して慢心をせず、学びを続け、今はゴールド分析も取り入れられ死角を消すOoniwaさん。ご報告ありがとうございました!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

🎤 勝ち組受講生インタビュー|そこにハーモニックがいたんです

1ヶ月で1年間のトレード収益目標を達成。キレの良いトレードでコース内ディスカッションでも有名人の受講生Ooniwaさん。勝ち組に入るまでに歩んだ道のりをインタビューしたインタビュー3回シリーズ初回は2012年からのストーリーです! 参考:Ooniwaさんの過去記事: → 【祝!200万円超を勝った受講生を特集!】   真逆のトレードをしていたんです トレードを始めてからのことを教えてください。 2010年ころからドル円を中心にトレードを始めたんです。2011年に東日本大震災で抜けなかった80円を一気に切り76円までドカーンと下げ、持っていたロングにマイナスが積み上がったと思っていたら、為替の介入で一気に吹き返してプラスになったんです。 2012年には4月に84円までドル円が上がり、 上昇基調でウキウキ・イケイケ。さらにいくぞーと言っていたら一気に落ちて。 実はそこにバットパターン(ハーモニック)がいたんですよ。後から勉強して分かったんです! 僕は83円あたりで買いまくっていましたから、もう下がる下がるみたいな。 今度は忘れもしない6月の雇用統計。朝起きたらかなりのマイナスで恐怖がすごかったんですよ。それで当日の雇用統計では、もう米ドルが悪かったんです。そこでドンと落ちて持っていたロングを切らされて。 さらに、そこでドル円は下に向かうと踏んでドテン(買い→売りへスイッチ)してショートに入ったんですよ。そしたらその瞬間に爆上げ! 一体そこに何があったのかと?なんとそこにガートレイ(ハーモニックパターン)がいたんですよ!分かります?この悲しい話。 だから、ぼくはいわゆるそこで、ハーモニックに殺されたと。 ハーモニックで完全に売るべきところを買っていた。また買うべきところで売っていた。まさに真逆のトレードをしていたと。 後で振り返って分かったことなんですが、そのときは壊滅的なダメージを受けて、もうだめだと。やめようと思ったんです。 そのあと、偶然、YouTubeで、佐々木さんの動画、ドル円は95円まで戻すっていう動画をみたんです。さらに、ドル円6月1日という動画を見て、私が売っていた場所は既に危ないっておっしゃっていたんですよ。この動画をみていれば、私は死なずに済んだにと当時は思いました。 参考:ドル円77円→95円への戻しをチャートパターンで分析(2012年1月30日) https://youtu.be/6_b0GEHm9SE 参考:ドル円フィボナッチ分析|6月1日雇用統計での売りは危険?(2012年6月1日) https://youtu.be/D_J0R-K_KRk 実はそのときICU(集中治療室)に勤めてて、みんなの前で講義をしていたんですよ。しかもポイントをまとめて3分くらいで伝えないといけない。その時に佐々木さんの「95円までの戻し」の動画をみて、なんて素晴らしいレクチャーなんだと。自分が教える立場にいたので分かるんですよ、ポイントのまとめ方とかが、これは凄いと。 これは誰だ?とその当時思って。短時間の動画の中で伝えたい事が凝縮をされていて、この人はすごいなと。その時にはまだ3つくらいしか動画がなかったんですよね。 そこで初めて、あそこでドル円を売るのがダメだった理由がわかったんです。もちろんフィボナッチもピボットも知らない。そんな中で動画を見て、これは凄いなと。 また95円まで戻った先に、さらに上げるか下げるかなんて誰にも分からないというセリフもすごく好きで。なんでそんないいモノを無料で出してるんだと思い、 そこから学ぼうと思って受講をしたんです。 ハーモニックでひっくり返しました! それまでいろんな投資の話や本など見ましたけど、あんなの見ても役に立たないしトレードには活かせないし、それに当時、ドル円が60円まで行くんじゃないか?という声もいっぱいありましたからね。そんな中で、(トレードは)こういう考えを持ってやるんだ!と思い、この人の言っている講義を学ぼうと思って受講を始めたんです。 そのあたりからドル円をロングで拾うことができ、どうにか負けを取り戻すことができたんです。それでも、まだ勝ち組にはなれなかったんです。 その後ハーモニックを学び始めて、勝ち組に入れました。あれでもうひっくり返しました。 (続編に続く) インタビューをしていても自信がみなぎっていて迷いがなく、それでいてトレードの怖さの中に生きていながらも自分をコントロールしている一流の雰囲気を感じました。 立派に育ち上がった息子と久々に会った父親の気分さえ感じることができた、とても充実したインタビューでした。Ooniwaさん、ありがとうございます! ※ 冒頭の動画はインタビューの一部をOoniwaさんの許可を頂き公開したものです。    
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

祝!200万円超を勝った受講生を特集!

200万円を超える勝ちトレードを記録した!と受講生の方から嬉しい報告を受け取りました。ご本人の了解を頂いたので、結果のスクリーンショットとトレードの時系列で追った取引の全容を記事と動画で公開させていただきます。 以下は受講生のOoniwaさんからハーモニック講義内のディスカッションへ投稿されたメッセージです。 ユーロドルショート 今年最大の利益! 得意のピボットトレードです。ウィクリー3で利確しました。エントリーは矢印のロウソクです。1.1台は売りまくりました。あまりうれしかったので結果を公開してみます。 私も嬉しくなりお祝いの連絡をさせていただいたところ、取引の全容を教えてくださいました。 まずエントリーを考えるきっかけになったのは、管理人様の動画で『爆死する5分前に脱出した方法とは?』をもとに、ユーロドルは下方向へとの考えを持ちました。 ですが、その動画を見ただけでだエントリーはせず様子を見ました。もう少し、下落を確信できる「証拠」が欲しかったからです。 その後、日足レベルでの下から上がってくるトレンドラインまでの戻しがありました。図①(青の矢印)これが、10月31日(金)でした。 本 来なら金曜日のエントリーは、週をまたぎギャップの恐れがあるので危険でしたが、その日は月末、さらに日本時間の0時を回れば、そろそろロンドンの機関投資家も帰宅を始めるころ。月足が確定しそうだなと思いました。ここでマンスリーピボットを計算。だいたい、1.1あたりになると予測がつきました。さらに1.1には過去何度も、意識されているSRゾーンが判明! (図②) さらに、一時間足でハーモニックを発見!(図③) パターンが完成した付近で反転形状のロウソクをみつけ、このタイミングでポジションを持ちました。日本時間の午前2時ごろで、赤の枠で囲った部分が本命でした。(図④) そして、週明があけると、まさかのギャップ!やってしまったかーとおもいましたが、マンスリーピボットを超えたら損切と腹をきめていたので、そのまま放置。その後ずるずると下げ始めたので、これはいけるとおもい、追加ポジションを投下しました。その後、雇用統計までずるずると下落。雇用統計で、ユーロドルが買い戻されたら、そこで終了と決めていたので、気持ちは楽でした。 そしたら、なんと雇用統計で爆下げ!が、ここで、追撃売りはせず。なぜならフィボナッチエクステンション161.8%、ウィクリーピボットサポート3(図⑤)がいましたので、ここで利益確定の運びとなりました。 なぜ今回このような大きなポジションを持 ったかというと、年末に向けて機関投資家が最後の勝負に出てくるはずと思ったことと、ユーロドルは4月からずっとレンジ相場でしたので、そろそろ動き出すのではないかと思ったこと、ユーロは緩和ドルは利上げという絶好の材料があったことなどでした。 今回使用したツールは フィボナッチ ピボット ハーモニック SR トレンドライン ロウソクの形状 でしたね^^ お見事です! Ooniwaさんとのお付き合いは、2012年の11月にさかのぼり、こちらの記事に「Tatsuya」さんのお名前でコメントを頂いたことがきっかけです。 まだ私が米国で駐在員をしていた頃に管理人の名でブログを公開していた時代にさかのぼります。 最初に頂いたコメントの抜粋です。 あらゆる、雑誌や、インチキジャーナリストが、書いた本よりはるかに信頼性があり、かつ、説得力があります。もっと早く、このブログに出会っていれば…そう思う毎日です。 私は、今日にいたるまでFXで200万の損失を出してしまいました。独身で、結婚式も吹き飛ばし死にたくなるような毎日をおくりました。しかし管理人様に出会い、希望の光が見えてきました。 そして、管理人様のトレード戦略をもとに、ドル円を下で拾うことに成功しました。今後は、週足でのフィボナッチ61.8%の戻りを、いつになるかわかりませんが、待つつもりです。 そして、新たにトレードを磨くためにも、この教材がほしいです。是非お願います。もし、将来、結婚できたら、それは管理人様のおかげです。 そして今回のユーロドルでは、見事に200万円という大きな利益を手にされました。本当におめでとうございます。私も思い返していると、思わず目頭が熱くなってしまいました。 年を取ると涙腺が弱くなります(笑) Ooniwaさんの素晴らしいところは、私がどんな講義を作ってもそれを全部真っ先に視聴して、すぐに自分でやってみて、気がついたら自分の技術にされてきたことです。 先日頂いたメールも涙モノでした。 Ooniwa特集ぜひ見たいですね。でも、これは、管理人様からおしえていただいた戦い方です。これからも、この講義の場で戦い方を共有して勝ち組に回りましょう! 今後も私の経験と技術を役に立つ形で、受講生の方にお届けをしていきたいと、強く強く認識をさせていただいた出来ごとでした。 最後に、、、 Ooniwaさん、おめでとうございます!   参考:Ooniwaさんが受講されたコース 負けないトレード実践編 迷いが晴れるトレーディングガイド ローソク足で高収益トレード ハーモニックパターン完全版 ボリンジャーバンドFX ビットコイン生態系 トレーディングビューの使い方1-2-3
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)