0Comments

500万円の手紙|アインシュタインからのメッセージ

偉大な頭脳で相対性理論をはじめ、物理の道を開いたアインシュタイン。知人に宛てた手紙には、トレードに通じるメッセージが書かれていました。500万円で競売に掛けられる知見とは、どのようなものなのでしょう?   「簡単にトレードで利益を出せる方法」は存在しないかもしれませんが、常人が至れなかった物理学の見地に行き着いた偉人の考えは参考にしたいもの。 本日の日経夕刊記事で、アインシュタインが物理学者に宛てて書いた手紙が競売に出るとありました。 そこに書かれていたメッセージ: 「もし神が世界を創造したなら、まず考慮したのは、我々に容易に理解させないことだったに違いない」 ・・・深い! トレードに熱心な方なら、こんなふうに思われるかもしれません。 「相場の神様がいるなら、まず考慮したのは、トレーダーに容易に理解させないことだったに違いない」 もうね、絶対そうです(笑) ただ、もし物理学とトレードとに一つ違いがあるとすれば、相手にしているのが自然か人間かという点でしょうか。 物理だと再現できなければ終わりです。 一方で、トレードは他の参加者よりも、少しだけ正確で見るべきを絞リこめば、完璧でなくとも利益は残す側に近づくことはできるかもしれません。 そんなことを感じた500万円の手紙でした。 さて今夜はFOMCから原油の在庫統計までお祭りですね。 普段は仲良しの原油とCADも、煮え切らない原油に愛想をつかした優等生通貨は「お先に!」と戻る気持ちも無いようです。 この上げも、絞り込みさえすれば事前に捉えることができる種類のものではあります。 ただ、「絶対に確実な成功」となるわけではないところに、相場の神様の「理解させない思いやり」を感じる今日このごろです。 いつもマーケットは面白いですね。 ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

息継ぎエントリーで上達するコツ

水泳が得意な人はいますか?水の中で綺麗な姿勢で、スーッと進み華麗に最低限のモーションで息継ぎをする。 そんなスイマーはかっこいいですね。私は全然ダメですが、、 さてその息継ぎ、トレードのエントリーに似ていると感じることがあります。 水泳も、およその方法やガイドラインは人から教わることができます。 オリンピックの選手を見て、自分までコンマ1秒の世界で競っている気分も味わえます。 でも、いざ自分で泳ぐときは、水を飲んだり、鼻から塩素を味わったりしながらタイミングを体得するしか無いんですよね。 トレードも、もちろん理論や方法論などは先人から学べます。 ただ資金を投じて運用するのは自分。的を選ぶのも学んだことを使って実行するのも自分だったりします。 だから、結局最後は場数をこなせる人、そして、失敗したときは意地でも理由を突き止め記録に残して反芻できる人は、上達も早いようです。 かくいう私も、新しい取引スタイルに挑戦するときは、水を飲むこともあります。 一つ決めているのは、息継ぎをするとき、ワンストロークを耐えられるだけの空気にしておくことです。 いきなり新しい泳ぎ方で一年分の空気を吸おうとしても、慣れてない上にプレッシャーまで感じてしまい、フォームも崩れてしまうからです。 軽くリズミカルに進める。そんなところから練習を始めるとスマートに始められそうですね。 ふとゴールデンウィークの入り口という同じエントリーポイントで、そんなことを感じた夜でした。 皆さんの連休が素晴らしいものになりますように!   【追伸】 水に飛び込む前に、やはり泳ぎ方は学んでから!というスマートな方におすすめのコースはこちら。 トレーディング・カレッジ 基礎を作ろうとページには書いていますが、本日収録していた講義は、南アフリカ・ランドとプラチナ・ゴールドを使ったトライアングル・アーブ。 作りながら、強烈パンチで鼻血が出そうでした。そんな至極のマニアックな世界を覗いてみたいという方もお待ちしています!  
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

渋滞事故とバブルが起こる理由

2017年ですね!明けましておめでとうございます。 年末の移動時間に久しく読んでなかった本を開き、ふと新しい知識に出会ったという方も多いのではないでしょうか? 私も、とある書籍から、「2車線の高速道路が渋滞事故をつくる理由」を知り、渋滞事故とバブルが起こる理由が同じであるという発見(?)をしましたので、こちらで紹介をしてみたいと思います。   前の車は、私の知らない事実を掴んでいる! 2車線の高速道路で渋滞に巻き込まれてしまった時、あなたなら何をしますか? 前の車の窓を通して何台か先の車の動きを注視して、その先の状況を推測しようと考える人も(私も含めて)多いのではないでしょうか? 高速道路を長年警備していた方によれば、多くの人が前の車の先にある「何か」を予想し行動することで、平穏な道に事故という現実が生まれてしまうのだそうです。流れとしては、、、 1. 高速道路が渋滞する(事故は起こっていない) 2. 空いている側の車線に移ろうとする車が増える。 3. その後ろの車が、車線変更する前の車を見て以下の考えを持つ 4. 「前の車は、自分には見えていない事故の情報を持っているんだ!」 5. 早めに車線変更しておいた方が、渋滞を早く抜けられると推測する 6. 車線変更のアクションを起こす 7. 後ろの車がそれを凝視して、以下のような考えを持つ・・・ 8. ステップ4から6のループ 9. 割り込み車だらけになり、結果的に事故が発生する! そう、事故が起こっていないにもかかわらず、多くのドライバーが「事故が起こっていると推測する」ことで、結果的に事故が起こるというのです。 「火のないところに煙は立たぬ」とは言いますが、集団心理に限っては「煙が出れば火が起きる」こともあるようですね。 たしかに車に乗っていると、閉ざされた空間にいるので、自分が世の中のコントロールボタンを握っているような気になることもあります。 さらに運転という行為をすると、なぜか競争真理が働き、他の車よりも渋滞を避けて効率よく前に進みたいと思ってしまいます。 「閉ざされた空間×競争原理=推測ででも周りを出し抜きたい(出し抜かれたくない)欲望」 どうも、これは(私も含め)人類にプログラムされた生存本能なのかもしれませんね。   バブルが起こり弾けるまで それにしてもこの流れ、マーケットでバブルが発生するのに酷似していると思いませんか? 1. 大きな材料もないのに値段が動く。 2. それを見て、何かマーケットに出ていない情報があると「推測」する人が増える 3. 出遅れないよう売り買いする参加者が増える 4. 結果的に値動きが大きくなる 5. ステップ2から4のループ 6. 周りを出し抜きたい(出し抜かれたくない)欲望からバブルが起こり、破裂する トレードをしていると、自分一人の閉ざされた空間で決め事をします。さらに目の前のパソコンは、車と同じで言うことを聞いてくれます。 その閉ざされた空間では、知らぬ間に世界をコントロールできる錯覚を持ち、他の参加者より少しでも早くという競争心がメラメラと沸き起こってしまうのも、私たちが生まれ持った本能なのかもしれません。 そうやって考えると、「事故を推測してできた渋滞から本当の事故が起こる」のと同じように、「何かあると推測して出来た値動きからバブルが起こる」という流れも納得できます。 とはいえ、高速道路で運転するのとトレードとは、いくつかの点で異なります。 車に乗っていれば、高速道路を上から眺めることはできませんが、トレードでは一度立ち止まって、取引する対象の外堀を埋め直すことで、高い場所から自分の居場所を確認しなおすこともできます。 時として立ち止まり、目線の場所を変えてやることで、不要な事故は避けることができるのかもしれませんね。 本年も楽しんでいきましょう。ハッピー2017!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ↈ ドル円とフラクタル|時間を超えるプライスアクション

あなたにとって、不思議で解決できないことは何でしょう?私の場合、なぜかビデオ講義の吹込みを始めたときにかぎって、近くを通りがかる廃品回収トラック。 「ご家庭で~、ご不要な~、ラジオ~、など~」・・・伸びやかなアナウンス。 さておき、「フラクタル」という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれません。 簡単に言えば、大きさや時間にとらわれず全ての場所で存在するルールみたいなイメージです。(こちらの講義でカバーをしています) そんなぼんやりした言葉を、綺麗にビジュアル化してくれた動画を見つけたので、シェアをしてみます。 こちらはサイズスケールを変えて見ているものですが、現実のマーケットでは時間スケールを通じて似たようなことが起こります。 たとえば下のチャートはドル円の月足から1分足まで一覧で並べたもの。 値段の軸を見なければ、ぱっと見て月足と1分足の違いなど、わからないかもしれませんね。 ちなみに、左上から右上に向かって月足 → 週足 → 日足 → 12時間足。左下から右下に向かって4時間足 → 1時間足 → 5分足 → 1分足 の順で並んでいます。 そして不思議な事に、全ての時間足で同じプライスアクションが起こります。 マーケットも世界も不思議で満ちていますね。 だからこそ、それをムキになって解き明かそうとするよりも、不思議を受け入れ、無理をせず、淡々と謙虚に進んで行きたいと改めて思わせてくれた動画でした。 それでは、ハッピー・フラクタル!!
by 佐々木徹 (ささきとおる)