0Comments

「一転ドル買い」は来るのか?反転の徴候を見せる市場

大統領選、バイデンさんに決まりましたね。 郵便投票の不具合などが争点となりましたが、終わってみれば「あっけなかった」という印象だけが残りました。 それにしても市場は「ドル売り」一色ですね。 ドルを売ってゴールドを買うドルを売ってビットコインを買うドルを売って米株を買うドルを売って円を買う 今は「とりあえずドルを売っとけ」が免罪符。これにさえ逆らわなければ、間違いが無いように見受けられます。 さて一方、直近では「ドル買い来るのか?」という徴候を見せる動きも出ています。 もちろん、大統領選などの大型イベントの専売特許は「材料出尽くし」。 それまでに積み上げてきた流れを引っくり返し、巻き戻しの反動が出るというのは市場の常です。 それでも、幾つかの数字を見ておくことは悪くない選択肢かもしれません。ちょっとだけ確認しておきましょう。 自己資金運用組(バイサイド)はドル買いに転向 セルサイド・バイサイドという言葉を聞いたことをありますか? 顧客に金融商品を買ってもらい手数料を得るのが「セルサイド」 一方で自己資金を主に使った運用益を得ることを生業とするのが「バイサイド」 だと考えておけば良いです。 この「バイサイド」にあたる市場参加者は、先週からドルロングに切り替えています。 トレーディングカレッジ資料から ~ レバレッジファンドの建玉動向 上画像は、バイサイドの参加者が保有している建玉の数値を集計したもの。 直近の数字が極小ながら、プラス域に顔を出していることが分かります。 【コースのご案内】 上の資料は、実戦トレーディングカレッジで毎週配信をしている講義資料の一部から抜き出したものです。 実戦トレーディングカレッジ詳細はこちら(クリックでジャンプします) つまり、バイサイドは大統領選の終了直前に「ドルロング」へとポジションを切り替えていることが分かります。 過去の動きを見ても、プラスマイナスの切り替わりが起こると大きめの動きにつながっていることも確認できます(ハズレもありますが)。 あとはドル円が興味深いポイントに到達をしています。 しきい値到達で反発を繰り返しているドル円(トレーディングカレッジ資料より) チャートの中の上段がドル円。こちらは「値段」なので上がったり下がったりしています。 一方で下段チャートは、ドル円と指標とを比較した数字。なので一定のレベルで上下を繰り返す傾向にあります。 参考までに、この記事を書いている現在の15分足も貼っておきますね。 こうしてみると、ドル円が買われる(つまりドルが買われる)展開もあり得そうな状況に来ていることが分かります。 もちろん市場なので答えは誰にも分からないですね。 ただ、変化が起きやすい状況に来ていることを頭の片隅に置いておくことで、バランス感覚のあるトレードにつなげられるかもしれません。 参考にしてみてください。
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ポンド上昇の理由は「消去法」で選ばれたから(動画あり)

パウエル氏のジャクソンホールで上下の「行って来い」。締めくくりは安倍首相の辞任ニュース。 2020年8月24日の週は、なかなかのドラマでしたね。 それにしても安倍首相、本当に長らくの間、ありがとうございました。 新型コロナのような「相手が見えない」状況を一定の範囲でコントロールできたのは、やはり安定政権の安倍首相だったからでしょう(あくまでも個人的な見解です)。 さて市場の方も激しく上下を繰り返しました。 為替では、市場がユーロに気を取られている間にポンドが急騰。まさに「漁夫の利」な通貨でした。 8月24日週のポンド(GBPUSD) 前週には「ダブルトップもどき」を形成し、「反落か」と思わせるようなそぶり。 結果的に「ダブルトップもどき」をぶちぬいての上昇。見た目を裏切ってくる感じ、「まさしくポンド」ですね。 では上昇を主導した理由は何だったのでしょうか? 今の市況を理解するのに役立つのではないかと思いましたので、2020年8月22日に配信した講義の一部を公開してみます。 コースのご案内 実戦トレーディングカレッジ 勝ち続ける現役プロ2名の実戦取引から「今の」市場を学び、トレードの悩みに終止符を打つ。 コース案内はこちら(9,000OFF)> ポンドが上昇した理由は「消去法」で選ばれたから https://youtu.be/PYk2CiO_7EU 8月31日からの週も、新しい動きが出てきそうですね。 8月29日に配信した講義のタイトルはこちら。 8月29日配信の講義タイトル No 138. さあ9月だ!(2020年8月29日) 01 9月に特徴的な値動きをするゴールド&ビットコイン02 米国の金利上昇を市場は織り込み始めている03 通貨はグループ化すると分かりやすい|流出通貨・流入通貨04 ポンド上昇の内側|この上昇は続くのか?05 ゴールドは日柄と金利とユーロの力関係06 オプション市場が織り込む原油・ゴールド・シルバーの上限と下限07 ドル円は取り残されている~買われやすい理由08 挟み込まれてしまった原油市場|小口玉を追ってチャンスを見つける方法 もちろん、吉中講師の定期レポートも配信済みです。 こちらでは、原油市場が動かない時にディーラーが「どこで、何を使って」稼ぐのかまで言及をしてくれています。 てんこ盛りです! 今週も楽しんでいきましょう。 ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
為替相場の予想を当たりやすくする方法
0Comments

為替相場の予想を当たりやすくする方法

ドル円などのFX為替相場の予想を当たりやすくするには、どのようにすれば良いのでしょうか? 残念ながら、将来を正確に予測する方法は誰も持っていませんね。 だれにも予測ができないなら、その将来はプレイヤー達が向き合う場所での売買に任せよう。それが「相場」の起源でもありました。 とはいえ、より外れない予測の方法を使いたい。これこそ誰もが願うことではないでしょうか。 当記事では、為替相場の予測を当たりやすく、、、いえ、外れにくくする方法のヒントを書いてみたいと思います。 シャワーで泡を落とすのと同じ 為替や株式の記事で見かけることが多いのは、以下のような記事ではないでしょうか? FOMCについて米国の金利に関して米中の対立動向米国とイランの火種 etc… これらに共通しているのは「米ドルの強弱に影響する」ということです。 なぜなら、米ドルの動向さえ分かれば、あとは「おまけ」程度の影響しかないからです。 これ、感覚としてはシャワーで体を洗うのと同じです。 想像してみてください。爪先から頭の先までぜんぶ石鹸で洗ったとします。もう泡だらけで、目も開けられませんw。 この状態でシャワーを20秒だけ使えるとしたら、どこから流しますか? 頭のてっぺんから流しますよね。 なぜなら、水は上から下に落ちます。頭から流せば全身の石鹸が流せるわけです。 逆に足から流しても、上半身は泡だらけ。結局上半身を残った秒数で泣きながら流すハメになるでしょう。 王道は頭から流す。そして秒数が残れば泡の残りをピンポイントで仕留める、、、ということですね。 世の中の問題には、主従関係があります。 問題点を並べたときに、どれか一つを解決すれば残りは勝手に解決する。 そういう問題が特定できれば、解決するためのリソースを効率的に使うことができます。 結論です。為替相場での「主」は米ドルなのです。 結局は米ドル 為替相場の予想では「米ドルが主」と述べました。 言い換えれば、米ドルの動向さえ分かれば、あとは自動的に決まります。 ドルが買われるなら、ドル円は上がるしユーロドルは下がるドルが売られるのなら、豪ドルは上がるしドルフランは下がる (もし上の意味が分からない場合は、取引の前に少し基本を見直した方が良いです) もちろん実際の取引では、ドル以外の相手通貨も見ますよ。ただ、それはドルがあっての話。 日本で気になるのは、ポンドならポンド円、ユーロならユーロ円、豪ドルなら豪ドル円が話題の中心になることです。(ドル円はOKですよ。ドルですから。) いわゆるクロス円と呼ばれるものですね。 これが流行る理由は、「居酒屋が昼に1コイン定食をやるのと同じ」なのです、、、っと、話が長くなりそうなので、今日はこのあたりにしておきます。 続編にご興味ある方は、メルマガに登録しておいてくださいね。気が向いたときに書くかもしれません。 では、皆さんの「為替相場の予想が当たりやすく」なりますように! 追伸: 8月15日に配信した講義では、まさにその「米ドル」が転換点にさしかかっていることを中心に据えました。 参考までに、今週の「実戦トレーディングカレッジ」配信の講義タイトルです。 01 年度後半に向けた折り返しターンか?金利動向全般の確認02-01 貴金属の中で資金が向かっている先を確認する02-02 カギは日程~新規資金の流入が入るタイミング02-03 ゴールドの日柄と価格帯に見るべき為替03 インプライド・ボラティリティから上限・下限値を確認04 米ドルは新しい動きを見せようとしている04-02 変わり目にいるNZDキウイ06 為替の全体像を建玉動向の詳細でチェック07 原油相場を支える要素が分かれば外れるときも対策はしやすい 合計9つのレクチャー、40分30秒の動画とPDFのスライドです。 実戦トレーディングカレッジ コース案内はこちら> よく分からない用語が見え隠れしているかもしれませんね。 ただ、習うより慣れろ。飛び込んでしまえば思ったよりスンナリと進むもの。 自分だけで作った輪の中をぐるぐる回っていると感じることがあるなら、一歩外に出ることで開ける視界もありますね。 講義でお会いできることを、楽しみにしています!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ダマシ回避で効率的なエントリーを可能にする方法ほか(2019年9月22日:深読みウィークリー)

トレードと聞くと少し無機質な印象を受けませんか? どうせリスクを取って取引するなら、単なる記号で終わらせるより、もう少し相手のことを知りたいものですね。 そこで、取引対象を(勝手に)擬人化して、(何となく)性格を言い表してみました。 ゴールド:誰とでも仲良くするとともに、すべてに対して中立でいる没個性が個性 ポンド:希望を持って入ってくる参加者を焼き尽くし、それを土壌に育つ焼き畑通貨 原油:本当に実力のある奴以外は後ろに立つことを許さない、完全実力主義 ビットコイン:冬眠したと見せかけてスクランブル発進する野生のヒグマ ユーロ:優等生の顔を見せながらボディーブローを入れるダマシ屋 どうでしょう? イメージされていたのと近いですか?それとも遠い?カスリもしない? それでいいんです。 ここで伝えたかったのは、すべての取引対象は異なった性格を持っているということです。 ですから、取引の戦略を立てるときも、それぞれの性格を織り込んでルートを決めてやる方が良いかもしれないですね。 たとえば本日は下のツイートを流しました。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1175662787600601088 よくありますよね、ドイツ銀行が不況に陥っているというニュース。 もちろん欧州の経済が弱くてマイナス金利である以上、銀行業が厳しいのは明らかですね。 ただ、こういうニュースは、通貨の性格を知った上で消化をする必要があります。 上に書いたユーロの性格と合わせて、考えてみて頂けると良いかなと思います。では、こういうダマシが入りやすい通貨とは、どのように付き合えば良いのでしょうか? 本日の「深読みウィークリー」では、その対策を取り上げてみました。下の動画は、配信講義の一部を公開したものです。 https://youtu.be/202-Vs1I0H8 ただ、ダマシを回避するといっても特別な飛び道具を使う訳ではないです。 普段通り基本を積み上げていく流れであることに変わりは無く、最後の最後に隠し味的に「通貨の性格を活かす」ような考え方である点は、ご了承ください。 ですから、以下のツイートも今回の講義内で取り上げています。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1175409556811202562 ビットコインと書いていますが、すべての取引対象に影響が出ますね、これは。 もしファンダメンタルズから降りていって、取引参加者の偏り、金利との位置関係、関連するコモディティとの力関係などを絞り込んでいくアプローチにご興味のある方は、続編をご覧になってみてください。 【本編のタイトルなど】 01-ドル円ほかは米ドルの影響をモロかぶりするタイミングにあり-公開イントロ 02-レポ操作でバランスシート拡大のメッセージが市場を動かす 03-ゴールドは短期と中期参加者の意向が合致して底固め 04-戻りを待ちたいポンドと値動き幅が明確なドル円 05-ユーロとNZDの持たされたプレイヤーとオプション動向 06-戦場の後~原油07-まとめ&スケジュールの確認 合計で55分の動画講義となります。講義で使ったスライドメモ(PDF)もダウンロードできます。 ※ この動画はココスタの「実戦トレーディングカレッジ」にて配信している動画講義となります。すでに受講されている方は、同じ動画となりますので、購入をされませぬよう、ご注意ください。 それでは、さっそく続きの講義を進めていきましょう。 https://direct.cocosta.jp/p/procom 実戦トレーディングカレッジ (過去のバックナンバー他多数のベネフィット) https://note.mu/cocosta/n/n931dbe1729a5 note: 単独受講はこちら
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ニュージーランド通貨の先行指標

豪ドルの兄弟分であるニュージーランドドルは愛称キウイで知られて、高金利通貨として日本でも人気が高いですよね。 では、この通貨の動きに先立って動く指標などはあるのでしょうか? 本日、受講生質問への回答をアップしたので、その一部を紹介してみます。 まず地理的な確認。ニュージーランドはオーストラリアの真横ですね。 貿易でも2番目の取引先国はオーストラリア。ですから豪ドルの影響を多分に受けます。 ※ 最大の輸出先は中国です。 豪ドルとNZドル 上のチャートはローソク足がNZDUSD、折れ線が豪ドル、下部のインジケータ欄に見えるのが、NZD/AUDです。 一番下は、ニュージーランドドルと豪ドルの強弱関係を表すペアです。 今は、少しNZDに分があるようです。 このような比較を行うことができれば、仮にロングするならNZD、ショートするならAUDの方に部がある・・・という可能性も見えてきますね。 先行ファンダメンタル ~ 受講生に配信したものの一部を紹介 ニュージーランドは、乳製品の出荷が多い国です。なので、その売上にも影響を受けます。 下のグラフは、その乳製品関連の業績に連動する指標をNZDと比較してみたものです。 NZDと先行指標を比較したもの(講義内から) 今のNZDが堅調なのは、ファンダメンタルズの追い風もあることが分かりますね。 この指標は、TradingView で一発表示に対応。さらに毎日更新をされるものです。 スウィングで取引される方にも、1つの考え方を提供してくれるかもしれませんね。 この講義は、 本日2019年6月25日 に以下コースで配信をいたしました。 「資源国通貨を2時間で攻略する速習コース」(税込総額 15,500円) https://direct.cocosta.jp/p/harmonic-institutional 熱心な受講生の方がとても多く、しばしば講義への質問を受け取ります。 いつでもご質問はウェルカムです! 今週も、頑張っていきましょう。 ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ドル円下落リスクの確認だけはしておきたい

110円を境に、順調に上値を追っているドル円も、少し気になるレベルには来ています。 この記事を書いている2019年3月27日現在、一旦は最初に利確が入る場所に到達をしています。 ドル円は第一の利確ターゲットに到達している(ハーモニック検知ツールから) また3月末は期末ということで、売買が交錯する時期でもあります。 それより気がかりなのはトルコリラ。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1110376455064571905 日本の外為市場は、高金利通貨をロングする指向が強いため、トルコリラはどうしても「買い」に片寄る傾向があります。 トルコリラ円のポジション(外為情報ナビ) 選挙が日曜日になるため、週末のトルコ選挙でサプライズが起こった場合は大きく動く可能性があります。 トルコリラが売られると、片寄って積まれているトルコ円ロングのポジションも解消売りに押されます。 そうなれば(もしですが)、ドル円も下落から逃れることはできないシナリオも頭には残しておきたいものです。
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

直近の急激なドル円の動きに自動検知ツールは反応してくれましたでしょうか?

111.69円から109.74円まで 195 tick (1円95銭) の下落を、3日間という短期間で付けたドル円。 3月20日から22日までの動きは、週に110 tickも動けば「御の字」なドル円にしては、比較的大きな値動きだったと言えるのではないでしょうか? 3日間で195tick(1円95銭)の下落を叩いたドル円 本日、このドル円について受講を検討されている方からご質問を頂いておりました。 ご質問: 失礼な質問ですが直近の急激なドル円の動きに自動検知ツールは反応 してくれましたでしょうか。 ご質問頂いた方は、ココスタの「ハーモニック完全攻略パッケージ」の受講を検討されている方です。 事前に効果をしっかりと確認してから進みたいというのは、失敗しないためにも必要とされる素養ですね。 こちらの場をお借りして、回答とさせて頂きたいと思います。 まず最初に、市場が大きく動くときには、複数の要因が雪崩のように積み重なって起こるという特徴があります。 ですから、あくまでも要因の一つがハーモニック形状だったということは、強調しておきたいと思います。 その上で、ドル円下落の前には以下のようなパターンが検知をされていました。 こちらはココスタで提供をしている「高精度ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版」で検知をされていたものです。 パターンが完成して動きが出ると、自動的に次の形状を検索しに行き描画された形状は自動で消去されます。 なので、以下にその後の様子を手動で記載したものを比較として掲載しておきますね。 パターン完成からその後のドル円(TradingView・FXCM社クオート) 結果的にパターン完成から金曜日の終値までで、2円ジャストの下落となっています。 では筆者がドル円を取引していたかと言えば、この一部だけ取引をしていました。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1108358695052677121 3月20日のショートエントリー時点:言葉が綺麗では無くてすみません。。。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1108572409920053248 3月21日の利確ツイート ツイートした取引の推移 ここで利確したのち、ユーロ円を 126.25で ショート。残念ながらこちらは、つまらないポイントにストップを入れてしまい3Tickのプラスでストップ。その後市場は124円割れまで行ったので、とても悔しい思いをしました。 全部が上手くいくことはないですね。 参考までに、ドル円の少し前はユーロドルをロングしていました。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1105442209644470273 この時点で検知ツールも同じパターンを出していました。 ※ 自分の場合はツールより自分の目で見つける方を重視するので、あくまで確認用です。 Twitterからのリンク先であるTradingViewのアイディア投稿は、ユーザが投稿をして15分を経過すると消去することができない仕様になっています。 ですから「いくつも投稿して当たったのだけ載せている」という訳では無いことは付け加えさせてください。 その上で投稿後のユーロドルは以下の通り。黄色くハイライトされている部分が「その後」です。 投稿時 1.1259 その後1.144まで上昇 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1105810640940089345 利確したときの記録 これ、タイポですね。入りは1.1258です。数字が一つ抜けてました。。。 1.1258 -> 1.1299 ですから、31 Tickの動きとなります。 ですから、自分が取引した流れとしては以下のイメージです。 ユーロドル・ロングから利確ドル円ショートから利確ユーロ円ショートの利確を逃す 最後の下手トレードが無ければ少しは見れる内容でしたが、まだ改善のポイントはありますね。 ただ、自分の取引はチャート形状は一つの要素であり、他にも金利・ポジションの動向・関連銘柄の動向を踏まえた上で取引をしています。 一応講義のご案内だけしておくと、チャート形状に関しては「高精度ハーモニック完全攻略パッケージ」。それ以外のファンダメンタルは「実戦トレーディングカレッジ」内に詳しいです。 後者のトレーディングカレッジでは、ユーロドルのサポレジからドル円のゆがみに関しても、分析の方法を事前に行っていました。 ですから一応は想定内。それでも取れない取引はあるという事例として、ご回答をさせて頂きました。 高精度ハーモニック完全攻略パッケージの詳細はこちら >実戦トレーディングカレッジの詳細はこちら > 追伸: 先週は、期末要因からFOMCを挟んで大きく揺り動かされた市場でしたね。 結果として、一番平穏だったのはビットコイン。ドル円やトルコリラの波乱には気を取られること無く、独自の道を歩いています。 「既存のアセットとは関係なく動くことが価値」というファンドの捉え方が、よく分かる動きでした。 来週も頑張っていきましょう!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

株価とドル円急落の次は?

株価とドル円が下落を始めましたね。 無理に売り込まれていたVIXが底打ちする株価の下落が始まる粘っていたドル円が落ちる この流れは、前回の動画(こちら)で想定をしていたのと、比較的近い線で推移をしているようです。 YouTubeのスクリーンキャプチャから 今現在の様子(2019/03/08 15:00) ビットコインは、今のところ反応していないようですね。 この先はどうなりますでしょう?リスク回避先としての役割を担えるか、試されるときですね。 ドル円を取引されている方で、VIXとドル円の関係に興味がある方は、下の動画が参考になるかもしれません。 ※1分25秒あたりから https://youtu.be/yVpWMfbnRlg ドル円で結果を出すならVIXを見よう 参考にしてみてくださいね。 ハッピー・トレーディング!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ドル円が105円まで急落した背景(13分57秒の動画あり)

正月気分の真っ最中に起こったドル円の105円急落。 なぜ「その時間」なのか? 何が背景にあったのか? その足跡を追った13分57秒の動画を公開しました。 https://direct.cocosta.jp/courses/297765/lectures/8740888↑ こちらのリンクから、すぐに映像講義が始まります。 ※ トレーディングカレッジ内の講義から一部を無料公開したものです。
by 佐々木徹 (ささきとおる)