0Comments

ゴールドETFの残高はどこへ消えた?

ゴールドの人気は、坂を転がり落ちるように落ち込んでいますね。世界で最大のゴールドETFである”スパイダー”は、信託分を現物のゴールドに変えて保有することで有名ですが、この残高が減少の一途をたどっています。 いったい、ゴールドETFの残高はどこに消えているのでしょうか?この背景には、市場の構造が変わりつつあることが影響をしているようです。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編
2Comments

【新講義】ビットコインを味方に変えるテクニカル~3つの「確定先行指標」を使い倒す

ビットコインの上昇が止まらなくなりましたね。 今年3月13日に4,000ドルまで下落。そこから141日間の(ほぼ)ストレート上昇は12,000 ドル(4,000ドルの3倍!)を目前に捉えています。まさに野生復活です。 さて本日、ビットコインの新講義をリリースしました。 この記事では、講義を通じて「何ができるようになるのか」を少し覗いてみたいと思います。 ビットコインを味方に変えるテクニカル ~ 3つの「確定先行指標」を使い倒す 01 「いつも使える方法」は平気で藻屑と消える~最初に理解しておくべきこと02 投下ロットと撤退レベルは損失限度額で決める03 ロスカットの選択肢は「入る前」に決まっている~真ん中は無視04 オプション市場の力を借りる ~ テクニカルONLYは新人に任せておけばいい05 上限・下限・値幅を1クリックでリアルタイムに確認出来る無料の方法06 ライトセーバーへ巻き込まれないために「相手のセーフゾーン」を理解する07 なぎ倒された価格帯 ~ 相手が自滅する場所にアタリをつける08 使うテクニカルは「確定先行指標」のみ09 移動平均線を「確定先行指標」に変える ~ Last価格の影響を無力化する10 テクニカルとIV上限下限とを組み合わせる11 パラメータにこだわりは不要 ~ 「論理的な数字」より「使われている数字」12 冗談のように反応するアレ ~ タクシー料金との共通点13 まとめ&贈る言葉 では幾つかの講義を少し抜粋してみます。 まずは講義終了までに到達していることのリストから。 いきなり「相場が突きつける法則」って、何か不穏な感じさえありますね。せっかくですから最初の講義を少し覗いてみましょう。 すべてが無に帰すことは普通にある うわ、いきなり最初に「事実」を言っちゃいましたね。でも「これ」が現実です。 どれだけ優れた取引手法やマシンを使ったとしても、「どうしようも無いことは起こる」のです。 勝っている人と負けている人との間に、さほど技術の差はありません。あるのは「損失額の大小」のみです。 相場には「どうしようも無いこと」があると受け入れる。そして”最悪”が起きても破産しない線引ルールを決める。それで始めてスタートラインに立てるのです。 ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編 8月7日まで15%OFF(クリックで割引を適用する)> 先行指標・遅行指標 タイトルに「先行指標」という言葉が見えますね。これって何でしょうか?講義内の説明を拝借してみます。 「先行指標」は、今の値動きに影響を受けない数字とも言えますね。 価格が反応するレベルを「事前に知りたい」なら先行指標を使う。価格が反応したことの「裏付けを取りたい」なら遅行指標を使う。 そのような整理も出来そうです。 なお遅行指標の代表選手は「移動平均線」です。 講義内では、その「移動平均線」を先行指標に変える方法を明らかにしています。 単純なトリックを実装するための独自スクリプトも、チャートから一発コピーできるようにしました。 上のチャートは、講義内で学ぶ先行指標を組み合わせて導き出したエリアで価格が反応をしている事例です。 テクニカルは「使うと効率が上がる場所」と「使うと割に合わない場所」とにハッキリと分かれます。 上手に活用をしたいものですね。 ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編 8月7日まで15%OFF(クリックで割引を適用する)> なお、この新講義は「ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編」に収録をされております。 8月7日まではリリース記念で受講価格を15%OFF。うまく「確定先行指標」を使いこなしてくださいね。 ハッピー・ビットコイン!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ココスタ活動まとめ~2020年7月1日~15日

7月前半の活動ログを遅れながら書いてみます。 受講生から届く質問もレベルと分量が確実のアップしてきています。おかげで、これまで見逃していた発見が掘り出されることも多く、新たな発見を得ることも数多くあります。 なお、講義タイトルにはリンクが埋め込まれており、受講生の方は直接該当の講義へジャンプして頂けます。 1.16本の動画講義&3本のスライドPDF&受講生質問に回答:実戦トレーディングカレッジ内の「深読み」(7月4日・7月11日) No.129では、ゴールドの強気を確認するとともに、取引では「出遅れた」メタルを選択する方法を学んで頂きました。 また為替では豪ドルとNZドルの力関係で、どちらかと言えばNZドルに有利な環境となっていることを数字から検証。 また米国の株価指数が下落をするなかで、なぜ景気の先行指標である銅に買いが集中していたのか。政治を数値化して意思決定する流れを確認しました。 No.129 【ダウ25000割れ】ドル円と株価下落が短期間で終わりうる背景とは?(2020年6月28日)   開始 01 ドル円と株価下落が短期間で終わりうる背景とは? (6:19)  開始 02 FRBのバランスシート縮小度合い&月末資金の動きを事前に確認 (8:19)  開始 03 株価下落を引き起こした参加者と裏腹な動きをするコモディティの動向 (5:00)  開始 04 ゴールドは自信にみなぎる~単純ロングよりスマートな考え方は? (8:50)  開始 05 為替:ユーロもキウイも踊り場に (10:00)  開始 06 原油は新規ポジションの増加=〇〇の環境に&まとめ (3:51)  開始 スライド No.130ではライブ取引の事例から、シルバーの割安度合いを判断する方法を紹介。 またWTI原油の割高・割安を在庫レベルから検証する方法。また建玉の動向から次に折れそうな参加者を見つける流れを確認しました。 あわせて「実戦トレーディングカレッジ」の受講生が無料で使える「ココスタ・パーセントディガー(Tradingviewの独自インジケータ)を活用し、ゴールドを金利と比較する方法の手順を、1から順にステップ・バイ・ステップで紹介しました。 No.130 折り返しの原油・バイデン優勢で明らかな動きが出る株式市場ほか(2020年7月5日)   開始
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

先行指標からの乖離を数値化する新ツール『乖離ファインダー』

相場が動き始める場所を特定するために必要なこととは、何でしょうか? ヒントの1つは「先行指標に聞く」ことかもしれません。 例えばゴールドなら米国の長期金利と密接な関係があることは、よく知られています。 為替なら、最後は金利差に収束をしていきます。 例えば下のチャートは、ゴールドと米国の長期金利を並べて表示したものです。 ゴールド(ローソク足)と米国の長期金利(青線) お互いが離れたり寄り添いながら、影響力を与え合いつつ推移していることが分かります。 そして実際の取引では、「影響が出るほどの離れ具合」のポイントを探すために、各トレーダーは数値化の方法を工夫しつつ自問することになります。 ゴールドにはゴールドの値段、金利には金利の%があるため、単純に比較することも出来ないですしね。 乖離ファインダーは、このように比較しづらい指標・アセット同士を比較するために作ったものです。 試しにゴールドと米長期金利に当てはめてみましょう。 現在は上昇基調のゴールドですから、長期の金利に対して強く売り込まれている場所を探してみます。 下図の中では黄色の縦線を引いた部位が該当します。 ゴールドと米国金利(上下反転)2年&10年 チャート内の黄色い縦線は、ゴールドと金利の差が-20を超えたタイミングです。 スウィングのLowを捉えているようにも見受けられますね。 為替ならEURUSDが分かりやすいかもしれません。 EURUSDの事例(日足) こちらは金利差および1つ隠し味を追加しています。 過去の水準だと、およそ±11のレベルで動きが出ています。図中の矢印は、「そのレベル」に到達したポイントを示しています。 もちろん、「これだけ」で売買の判定をするものではないです。 建玉の動向や政局、今ならコロナの国別罹患状況などを加味する必要があります。 もともと、このツールで出している数字は、自分がスプレッドシートで計算して使っていたものです。 それをTradingViewで扱えるように、凄腕プログラマーのTainokoさんに依頼して作成をしてもらいました。 そして自社用で利用していたものを、受講生の方が利用できるよう解放した次第です。 どの銘柄と何を、どの時間足で比べるかは、完全に利用者の方の自由です。 この記事を書いている2020年4月24日現在なら、ダウ指数とビットコインを比較しても良いかもしれません。 BTCUSDとDow指数との比較(①時間足) ただし比較する相手の指数・アセットの更新頻度と時間足の設定にも気を配る必要は出てきます。 また「その市場」が何に動かされているのかを知っておく必要もあります。 どちらかと言えば、使う側の力量次第で、いかようにでも発展します。 こういう基礎力が必要なツールでもあることから、「実戦トレーディングカレッジ」受講生の方の自己リサーチ用として提供をさせて頂いています。 ライブで動かしている動画のデモなどは、ツールの案内ページにて公開をしています。 乖離ファインダーの詳細を見る ご興味のある方は、またご覧になってみてください。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
2Comments

相場の本質を打ち抜く20の法則~無料メルマガ開設のお知らせ

青い鳥の話をご存じですか? チルチルとミチルが幸せの青い鳥を探すために冒険に出かける。 その先で青い鳥を見つけて持ち帰る。 でも持ち帰ると、なぜか青い鳥ではなくなっている。 結局、それは夢の中のできごと。目が覚めたらお父さんが青い鳥を見つけて、持ってきてくれたという話ですね。 私たちは投資やトレードの成果を上げようとするとき、手元にはない何か特別なものを探そうとする傾向があります。私も含めて。 その「特別な何か」を探すために時間とお金を使う。 そして「特別な何か」を見つけて自分の環境に持ち帰ってみると、それは「特別」では無くなってしまう。 なぜなのでしょうね? 青い鳥が伝えようとしたことは、 「人にはそれぞれ本当の力が発揮出来たり、本来の色になれる場所がある」 ということのようです。(こちらのサイト(外部)が分かりやすいです) 投資やトレードに置き換えて考えるのであれば、自分自身が持つ特性を理解して、それが合致しやすい場所を見つけることが必要なのでしょう。 それは株式かもしれないし、暗号通貨かもしれない。不動産や権利の売買だって、何だって良いのです。 ただ、その「何か」を見つけるためには、最初に自分と向き合うことが条件になる。 答えは以外と近い場所にあるという事かもしれません。 さてタイトルの件。 ココスタでは、 プロップファームを経営する吉中講師とともに 実戦トレーディングカレッジを通じて投資・トレードの基礎・基本から応用まで提供する活動を続けています。 こちらのコース内では技術的なことはもちろん、上のような「自分と向き合うこと」の重要性についても学んで頂いています。 その基本部分を、無料のメルマガで公開することに致しました。 理由は単純で、「広く多くの方にとって新しい考え方を育むヒントとなる」と考えたからです。 もしご興味ある方は、下から登録をしてみてくださいね。 相場の本質を打ち抜く20の法則 もともとは50の法則を準備していたのですが、受信される方の読まれる負担を軽減するため20に圧縮をいたしました。 登録の翌日から、一日に1回×20日間のコメントが届きます。 ぜひご活用ください。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

マーケットは怖いですか?新講義のお知らせ

あなたは、「マーケットが怖い」と感じたことはありますか? 私はあります。何度も。 もしあなたが、過去に一度でもマーケットを怖いと感じたことがあるのでしたら、少しだけ時間をください。 私たちが「怖さ」を感じるのは、どのような時でしょうか? それは多分、「相手の正体が分からない」時かもしれません。 暗闇に浮かぶ幽霊は、日の光にさらせば単なる古ぼけた人形。 地中に引きずり下ろそうとするゾンビに足を捕らわれたとしても、それは単なる木の根っこかもしれません。 私たち人間は、認知することができる問題は解決ができるのです。 解決出来ない理由があるとするなら、それは「問題を正しく認知できない」から。この一点に集約されます。 ではマーケットに関してはどうでしょうか? 取引するにあたって「怖い」と感じる理由。 それは「今の市場を動かしている最大の要因」が特定できていないからかもしれません。 もう一度繰り返させてください。 私たちは、認知することが出来る問題は、解決ができるのです。 だからこそ、今の市場がもっとも敏感になっているポイントは何なのか? 「そこ」が分かれば、怖さのほとんどは解決するのです。 では、どうすれば今の市場を動かす鍵を知ることが出来るのでしょう? 長年にわたる修行を続けて見抜く力を身につけるのも良いでしょう。 実弾を使って市場と格闘しながら、何かを感じ取るのもアリだと思います。 でも、もし市場の前線で把握した「効く」ポイントを教えてくれる人がいるのなら、それを使ったとして何が悪いのでしょうか? 投資の判断は全て自分が責任を負うもの、それは分かっています。 それを十分すぎるほど理解している人は、他の優れたプレイヤーの意見に素直に耳を貸します。 優秀なプレイヤーほど、他の優れたプレイヤーが見ているポイントを取り入れ、「利用」することに長けています。 人の意見は、頼るものでは無く、使うものなのです。 ココスタでは、そうして利用して貰うために「実戦トレーディングカレッジ」を通じて、毎日のマーケットで見るべきポイントを早朝に配信しています。 そして本日、このコメントサービスだけを単独でお得に受講頂ける準備をさせて頂きました。 具体的に「どのようなコメント」が届くのか? もし少しでもご興味があるようでしたら、以下のリンクをクリックしてみてください。 吉中コメンタリ|市場を捉えるヒントが毎朝届く 取引の前線から届くトレーディングコメント 6,000円割引を適用してコース詳細を確認する https://direct.cocosta.jp/p/procom-commentary/?product_id=1393577&coupon_code=6000OFF-COMMENTS ↑ 「吉中コメンタリ」が初月6,000円OFF にて受講できるURLです ※ 割引は上記リンクをクリックしてから3日間有効となります ※ 初月割引終了後、次月から通常価格に戻ります ※ 解約は講義内から2クリックで完了します ※ 30日以内の解約手続きで次回以降の課金はありません 毎朝、週に5回届くトレーディングコメントそのうち1回は動画フォーキャスト付き受講後はメールでコメントが届く簡単設定全額キャッシュバック特典あり返金保証つき 現在進行形(2019年10月)のコメンタリも公開をいたしました。 お得な割引がある間に、ぜひご活用ください。 ハッピー・トレーディング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

相場の始まりと終わりをポジション動向から把握する方法ほか(2019年9月14日:深読みウィークリー)

相場の立ち上がりは、一般の市場参加者よりも先を見ているスマートマネーが作る。 そんな印象を持たれている方もいるのではないでしょうか? 確かにそうかもしれません。ただ、トレードを行う上で私たちが知りたいのは、、、 どうやって自分のポジションを有利な場所で建てるか。 この一点に尽きます。 ではスマートマネーを追うことで、優位性のあるポジションは作れるのでしょうか? https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1173374290806231040? 本当に市場をうまく乗りこなす達人は、その足跡を見せてはくれません。 ではどうすればよいのでしょう?上のツイートに書いてますね。そう、「下手」なプレイヤーの足跡を追うことです。 特に、今のゴールド市場を見ていると、上の動きが如実に表れています。 現在進行形で、だれがどのポジションを作っているのか?今の上昇トレンドは続くのか?それとも頭打ちになるのか? 現在進行形の市場を実例に、一緒に考えていきましょう。 なお、今回の「深読みウィークリー」では、以下の内容をカバーしています。 〇 相場の始まりと終わりをポジション動向から把握する方法ー内部都合の動き 〇 金利がちゃぶ台をひっくり返した1週間を確認 〇 逆風のゴールド&なぜプラチナが強いか 〇 原油は新局面に入る前提でポジションが積まれている 〇 為替は踏み上げポンドに日銀ドル円 日曜日に深読みを見られた受講生の方からは、こんなコメントを頂いていました。 https://twitter.com/maaaaaaaaaaa555/status/1173517160544493568? 自分がポンドを1.25で日本時間にショートしたツイートへのご返信です。 受講生の方が意思を決める何かの参考になったのであれば、本当にうれしいです。 ただ一つだけ注釈を入れておくなら、これで利益を上げているのは受講生の実力です。自分の講義はきっかけでしかありません。 何かの気づきを得るために人の視点を「使う」。そんな風に活用をしていただければ幸いです。 また本日は原油が大きく窓を開けてから寄り付きました。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1173367795939102720? 金曜日の夜、原油はロングを入れておりました。 朝一の寄り付きで利確。使っていたのがCFDの口座だったので値が先物よりも少し上に飛んだ影響もあるようです。 もちろん週末のサウジ原油施設がドローン攻撃を受けた件によるものですね。 そんな事件は予測のしようがないのですが、一つだけ言えることがあります。 それは、もし原油価格がすでに$60を超えていたら、同じ事件が起こっても値は跳ねなかっただろうということです。 講義の配信時点では「事件」は起きていなかったので、あくまでもファンダメンタルで上昇の圧力が強いことを述べているにとどまっています。 こうしたファンダメンタルや市場参加者の偏りなどから絞り込むアプローチを好まれる方は、ぜひ先をご覧になってみください。 ※ この動画はココスタの「実戦トレーディングカレッジ」にて配信している動画講義となります。すでに受講されている方は、同じ動画となりますので、購入をされませぬよう、ご注意ください。(9月14日夜に配信済) 実戦トレーディングカレッジで受講する(年間18万円・レポート&講義も付属)noteで単独受講する(2,900円) 今週も、楽しんでいきましょう!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ビットコイン反省会ライブの様子はこちら

https://youtu.be/o4BxTo3ksno ライブ配信で使ったスライドと、ビットコイン研究所内で寄稿しているレポート2本の無料プレゼントURL、こちらでシェアをしておきますね。 ↓スライド https://docs.google.com/presentation/d/1a9htghQ_gDi1S0nv2uz7deAZd75BYM--96VheeQL1x4/edit?usp=sharing ↓レポート無料プレゼントURL: https://direct.cocosta.jp/p/cocosta-bonus <ここからは放映前の告知分です> 本日9月13日金曜日の19時から、ビットコイン反省会のライブ配信を行います。 https://twitter.com/Coin_and_Peace/status/1171631987481858048 ↓ これについても話す予定です。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1172302539410173953 あと、この件についても! https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1172295144491511808 ライブ動画は、放映が始まりましたら、当ページに埋め込みます。 どうぞ、放映をお見逃し無く!! 9月14日追記: Kojiさんが放映内で言及していた Stock to Flow 比率について、簡単に説明をツイートしておきました。ご興味のある方は、ご覧になってみてください。 https://twitter.com/CocostaGeekend/status/1172684157543018496
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

リスク・中期資金・金利のバランスから取引の機会を探る

2019年6月29日に閉会した大阪G20では、米中の手打ちが特に大きなニュースでした。 これまで高まってきた米中のテンションが一旦は緩むとなると、以下のような動きは考えられそうですね。 ゴールドはリスク軽減からの調整中国先行き不安で抑えられていた豪ドルは続伸株価上昇に伴いドル円は上昇 これまでファーウェイへの電子部品輸出が抑えられてきた国内の企業にも、恩恵が出ると良いですね。 さて本日「トレーディングカレッジ」にて配信した動画レポートでは、以下のポイントをカバーしました。 トレーディングカレッジ内「深読み」2019年6月30日のトピック リスク・中期資金・金利のバランスから取引の機会を探ってみる。 G20緊張緩和で安全資産は調整か?ゴールドは抜け落ちるリスクと中期資金の流入バランスが鍵ドルインデックスが下限到達なら狙うべき通貨ペアは2年10年の金利差とVIXから市場センチメントを先取りするやはり噴き上げたプラチナの次ステップ原油の在庫とポジションから見た適正レベルカナダドルの利確時期NZドルの伸びしろ内部過熱のドル円米中緩和で影響を受ける豪ドルの内部ポジション トレーディングカレッジ内「深読み」にて56分の動画で配信しています。 <コースの案内・申し込みはこちら> 「実戦トレーディングカレッジ」(税込総額 180,000円/年間購読) <トレーディングカレッジ受講生の方へ> 講義へは以下のリンクから直接ジャンプできます https://direct.cocosta.jp/courses/297765/lectures/10805046 受講生の方から以下のご質問を頂いておりましたので、動画の中で回答をさせていただきました。 <頂いていたご質問> いつも有益な講義ありがとうございます。 先日も原油の動きを見ながらドルカナダを上から下まで200ピップスほど獲得出来ました。テクニカルオンリーのスタイルからテクニカルにプラスする考え方が出来まして本当に嬉しく思います ありがとうございます。ご質問ですが、深読み|トレーディングカレッジで今回述べられていたCADの中長期での見解ですが、具体的には短期・中期・長期はどれくらいの期間で見ているのでしょうか? (中略) 資源通貨の優等生、カナダドルは押さえるポイントが明確でわかりやすいですね。 今週の動画講義で触れておりますので、ぜひ参考にしてみてください。 ハッピー・トレーディング!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)