0Comments

10分で分かるビットコイン急騰・急落前のクセ② ブロック⽣成時間が⻑くなったら要注意【CONNECTVさん放映のお知らせ】

「10分で分かるビットコイン急騰・急落前のクセ② ブロック⽣成時間が⻑くなったら要注意」の動画を、CONNECTVさんにて放映いただきました。ビットコイン特化型ですね。ぜひ参考にされてみてください。
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

【ライブ配信:6月24日(木)20時から】Hiro SHINOHARAさんと佐々木でお送りします

【ライブ配信】6月24日(木)20時からHiro SHINOHARAさんと、2回目のYouTubeライブ配信を行います。発展途上のDAO的社会・DXの弊害・ハッシュレート崩壊でビットコインは終わるのか・なぜ人はビットコインを攻撃してしまうのか・・・などディスカッション予定です。配信URLなどは追ってこちらにアップしますね。
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ゴールドETFの残高はどこへ消えた?

ゴールドの人気は、坂を転がり落ちるように落ち込んでいますね。世界で最大のゴールドETFである”スパイダー”は、信託分を現物のゴールドに変えて保有することで有名ですが、この残高が減少の一途をたどっています。 いったい、ゴールドETFの残高はどこに消えているのでしょうか?この背景には、市場の構造が変わりつつあることが影響をしているようです。
by 佐々木徹 (ささきとおる)
ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編
2Comments

【新講義】ビットコインを味方に変えるテクニカル~3つの「確定先行指標」を使い倒す

ビットコインの上昇が止まらなくなりましたね。 今年3月13日に4,000ドルまで下落。そこから141日間の(ほぼ)ストレート上昇は12,000 ドル(4,000ドルの3倍!)を目前に捉えています。まさに野生復活です。 さて本日、ビットコインの新講義をリリースしました。 この記事では、講義を通じて「何ができるようになるのか」を少し覗いてみたいと思います。 ビットコインを味方に変えるテクニカル ~ 3つの「確定先行指標」を使い倒す 01 「いつも使える方法」は平気で藻屑と消える~最初に理解しておくべきこと02 投下ロットと撤退レベルは損失限度額で決める03 ロスカットの選択肢は「入る前」に決まっている~真ん中は無視04 オプション市場の力を借りる ~ テクニカルONLYは新人に任せておけばいい05 上限・下限・値幅を1クリックでリアルタイムに確認出来る無料の方法06 ライトセーバーへ巻き込まれないために「相手のセーフゾーン」を理解する07 なぎ倒された価格帯 ~ 相手が自滅する場所にアタリをつける08 使うテクニカルは「確定先行指標」のみ09 移動平均線を「確定先行指標」に変える ~ Last価格の影響を無力化する10 テクニカルとIV上限下限とを組み合わせる11 パラメータにこだわりは不要 ~ 「論理的な数字」より「使われている数字」12 冗談のように反応するアレ ~ タクシー料金との共通点13 まとめ&贈る言葉 では幾つかの講義を少し抜粋してみます。 まずは講義終了までに到達していることのリストから。 いきなり「相場が突きつける法則」って、何か不穏な感じさえありますね。せっかくですから最初の講義を少し覗いてみましょう。 すべてが無に帰すことは普通にある うわ、いきなり最初に「事実」を言っちゃいましたね。でも「これ」が現実です。 どれだけ優れた取引手法やマシンを使ったとしても、「どうしようも無いことは起こる」のです。 勝っている人と負けている人との間に、さほど技術の差はありません。あるのは「損失額の大小」のみです。 相場には「どうしようも無いこと」があると受け入れる。そして”最悪”が起きても破産しない線引ルールを決める。それで始めてスタートラインに立てるのです。 ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編 8月7日まで15%OFF(クリックで割引を適用する)> 先行指標・遅行指標 タイトルに「先行指標」という言葉が見えますね。これって何でしょうか?講義内の説明を拝借してみます。 「先行指標」は、今の値動きに影響を受けない数字とも言えますね。 価格が反応するレベルを「事前に知りたい」なら先行指標を使う。価格が反応したことの「裏付けを取りたい」なら遅行指標を使う。 そのような整理も出来そうです。 なお遅行指標の代表選手は「移動平均線」です。 講義内では、その「移動平均線」を先行指標に変える方法を明らかにしています。 単純なトリックを実装するための独自スクリプトも、チャートから一発コピーできるようにしました。 上のチャートは、講義内で学ぶ先行指標を組み合わせて導き出したエリアで価格が反応をしている事例です。 テクニカルは「使うと効率が上がる場所」と「使うと割に合わない場所」とにハッキリと分かれます。 上手に活用をしたいものですね。 ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編 8月7日まで15%OFF(クリックで割引を適用する)> なお、この新講義は「ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編」に収録をされております。 8月7日まではリリース記念で受講価格を15%OFF。うまく「確定先行指標」を使いこなしてくださいね。 ハッピー・ビットコイン!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ココスタ活動まとめ~2020年7月1日~15日

7月前半の活動ログを遅れながら書いてみます。 受講生から届く質問もレベルと分量が確実のアップしてきています。おかげで、これまで見逃していた発見が掘り出されることも多く、新たな発見を得ることも数多くあります。 なお、講義タイトルにはリンクが埋め込まれており、受講生の方は直接該当の講義へジャンプして頂けます。 1.16本の動画講義&3本のスライドPDF&受講生質問に回答:実戦トレーディングカレッジ内の「深読み」(7月4日・7月11日) No.129では、ゴールドの強気を確認するとともに、取引では「出遅れた」メタルを選択する方法を学んで頂きました。 また為替では豪ドルとNZドルの力関係で、どちらかと言えばNZドルに有利な環境となっていることを数字から検証。 また米国の株価指数が下落をするなかで、なぜ景気の先行指標である銅に買いが集中していたのか。政治を数値化して意思決定する流れを確認しました。 No.129 【ダウ25000割れ】ドル円と株価下落が短期間で終わりうる背景とは?(2020年6月28日)   開始 01 ドル円と株価下落が短期間で終わりうる背景とは? (6:19)  開始 02 FRBのバランスシート縮小度合い&月末資金の動きを事前に確認 (8:19)  開始 03 株価下落を引き起こした参加者と裏腹な動きをするコモディティの動向 (5:00)  開始 04 ゴールドは自信にみなぎる~単純ロングよりスマートな考え方は? (8:50)  開始 05 為替:ユーロもキウイも踊り場に (10:00)  開始 06 原油は新規ポジションの増加=〇〇の環境に&まとめ (3:51)  開始 スライド No.130ではライブ取引の事例から、シルバーの割安度合いを判断する方法を紹介。 またWTI原油の割高・割安を在庫レベルから検証する方法。また建玉の動向から次に折れそうな参加者を見つける流れを確認しました。 あわせて「実戦トレーディングカレッジ」の受講生が無料で使える「ココスタ・パーセントディガー(Tradingviewの独自インジケータ)を活用し、ゴールドを金利と比較する方法の手順を、1から順にステップ・バイ・ステップで紹介しました。 No.130 折り返しの原油・バイデン優勢で明らかな動きが出る株式市場ほか(2020年7月5日)   開始
by 佐々木徹 (ささきとおる)