0Comments

Move契約に積まれた地雷

ビットコインのボラティリティを取引する「Move」契約が人気になっていますね。 値段の上下は関係なく、値動きの幅そのものを取引する設計。 オプションを通じてのみ可能だった取引が、チャートの値幅感で取引できるようになった点が、支持を集めている一つの要因でしょう。(MOVE契約) このMove契約、ビットコインの値動きが消えている昨今、大幅に下落を進めています。 現在のMove期近(2020年Q3限月) 上の画像はQ3限月、つまり2020年9月末日に精算をされる契約が 2,000 を割り込んでいるところ。 現在のBTCUSD価格が 9,500 USDですから、現状の市場は以下を織り込んでいることになります: 2020年9月末のビットコイン価格は下のうちいずれか。 11,500  以下7,500  以上 この記事を書いているのが7月23日。契約が精算されるまで、2ヶ月と1週間ですね。 変動率にすれば、2,000USD / 9,500 USD = 21% となります。 試しに2018年以降の60日間変動率を計算してみました。 青線は60日間の変動率、オレンジは青線の60日平均線。ちなみに全期間の平均変動率だと、およそ25%ですね。 参考までにGoogleSpreadsheetの元データを貼っておきますので、必要な方はご覧になってみてください。 https://docs.google.com/spreadsheets/d/1SWPkwhshoo38sN4ljVGGQPBcSBV3ZyZGxcvCcvGzCDc/edit?usp=sharing さて、ボラティリティの取引は動きが出ると、地雷爆発で吹き飛ばすような動きをすることがあります。 2018年には事実、野村ホールディングス発行「VIXベア」証券が踏み上げで飛ばされ、一晩で96%の価値をロスした上に強制清算されたことがありました。 上場投資証券「VIXベア」(2049)、1日で価値9割消失 米株の急落受け さらっと言いましたが、一晩で96%の下落です。100万円の元本が一晩で4万円。 こうしたリスクがあるのも、ボラティリティの商品ならではですね。 なお、2020年7月22日に配信したクリプト通信でも、Moveに関して取り上げました。 クリプト通信(2020年7月22日配信)講義内のスクリーンショットから カギはどの時間を味方に付けるかという概念になりそうです。 【参考:コース案内】 クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わり コース詳細はこちら> これでビットコインが気持ちよく上昇してくれれば、参加者も戻ってきて、さらなる動きが出ることになるでしょう。 はやくビットコインには元気な姿を見せてもらいたいものですね。
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ビットコインを押し上げるかEU合意

EUサミット、ついに合意となりましたね。この決定はビットコインに強気な影響を与える可能性がありそうです。 以下、クリプト通信の受講生に配信した臨時コメントの一部を抜粋してみますね。 ビットコイン臨時コメント:EUサミットでの合意はビットコインに強気な影響となる(2020年7月21日) さて本日、EUサミットでコロナ回復向け刺激策の採択が合意されました。https://www.euronews.com/2020/07/21/eu-summit-deadlock-see-talks-stretch-into-sundayこの刺激策は、ビットコインに少なからずポジティブな影響を与える可能性があります。今回の刺激策は気候変動に伴うパリ合意に沿ったプロジェクトにのみ投下をされることが特徴です。いわゆるグリーン刺激策ですね。こちらの記事に詳しいです(一読をお勧めします)https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59967010U0A600C2TCR000/ 〇 ECB自ら資金調達しEU債を発行する 〇 返済は金融取引税・デジタル課税・炭素排出税が充てられる この「EU債発行」の発表を受けてか、米国のジャンク債が買われ始めています。 ANGL(ハイライト部)を参照。 さらには、債務返済に「デジタル課税・金融取引税」が充てられるというのも、ポイントになりそうです。 少し遡りますが、2018年にBISが中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)に関しての提言書を出しました。これが以外と踏み込んだ内容になっています。https://www.bis.org/cpmi/publ/d174.pdf 自分が気になっているポイントは以下です。 〇 既存の法定通貨通貨も信用創造機能は持っている。よってCBDCが入る目的は、そこにはない。 〇 一般紙幣にはできないがCBDCトークンに可能な機能として、「上限設定」「金利耐久性」が挙げられている。 .... 以上、クリプト通信臨時コメント「EUサミットでの合意はビットコインに強気な影響となる(2020年7月21日)」から一部を抜粋でした。 クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わりコース詳細はこちら> なお、今のビットコイン市場からは値動きが蒸発をしています。 下のグラフは直近5日間の価格変動が、今(2020年7月20日)よりも小さかった期間を表したものです。 5日間平均ボラティリティが2020年7月20日時点より小さかった期間ビットコイン研究所様への寄稿レポート(2020年7月20日)から抜粋 ボラティリティが消えた後には、急騰・急落いずれかが伴っていることが分かります。 今回はどうなりますでしょうか?どちらにしても動きが出るのは楽しみですね。 ハッピー・ビットコイン!
佐々木徹 (ささきとおる) by 佐々木徹 (ささきとおる)
0Comments

ビットコイン続落の理由&ダウ平均との比較を数字で確認(7分58秒の動画あり)

https://youtu.be/BrAtTO4YkMo クリプト通信2020年5月27日(水)の配信から一部を公開したものです。続編の収録内容はこちら。01 続落ビットコイン~下落の理由&ダウ平均との比較で分かること02 次回の難易度調整でビットコインの採掘原価はどうなる?03 暗号通貨でゴールドを取引する意味04 投機市場の参加者が見ているビットコインの道筋05 サポートが入る場所は値位置よりも〇〇で確認が吉か ◆ 【今だけ半額】クリプト通信・初週50%OFF割引付きURLhttps://direct.cocosta.jp/p/crypto-roundups/?product_id=1802344&coupon_code=FIRST50 ◆チャンネル登録はこちら↓http://www.youtube.com/channel/UCfsgaLVbQH9JNIEgt0tzbTg?sub_confirmation=1 ◆ツイッターhttps://twitter.com/CocostaGeekend ◆ブログhttps://www.cocosta.jp/ ◆無料コースhttps://direct.cocosta.jp/courses?query=%E7%84%A1%E6%96%99 ◆ 実戦トレーディングカレッジ(有料の購読コースです)https://direct.cocosta.jp/p/procom
アバター by 佐々木徹
0Comments

原油価格に影響する債権の市場とは(7分37秒の動画あり)

https://youtu.be/HXKr1aMNL4M WTI原油価格に影響を与えている債券市場について説明してみました。 続編は今すぐトレーディングカレッジで受講いただけます。 01 堅調な原油の鍵は値位置と流動性&WTI限月間のリズムは回復基調02 ゴールドが突き抜けていない理由&プラチナ上昇タイミングを見つける方法03 原油は先物市場の内部構造から止まらなくなるポイントを見つける04 かい離率最大の通貨ペアを狙う ◆チャンネル登録はこちら http://www.youtube.com/channel/UCfsgaLVbQH9JNIEgt0tzbTg?sub_confirmation=1◆ツイッターhttps://twitter.com/CocostaGeekend◆ブログhttps://www.cocosta.jp/◆無料コースhttps://direct.cocosta.jp/courses?query=%E7%84%A1%E6%96%99◆ 実戦トレーディングカレッジ(有料の購読コースです)https://direct.cocosta.jp/p/procom
アバター by 佐々木徹
0Comments

ビットコイン採掘原価は只今チキンレース

https://youtu.be/1-BjEHmxMMc 動画内で使った記事の原文はこちら: https://www.cocosta.jp/2020/next-bitcoin/ ◆チャンネル登録はこちらhttp://www.youtube.com/channel/UCfsgaLVbQH9JNIEgt0tzbTg?sub_confirmation=1 ◆ツイッターhttps://twitter.com/CocostaGeekend◆無料コースhttps://direct.cocosta.jp/courses?query=%E7%84%A1%E6%96%99◆ 実戦トレーディングカレッジ(有料の購読コースです)https://direct.cocosta.jp/p/procom◆ クリプト通信(続編を受講できる有料の購読コースです)https://direct.cocosta.jp/p/crypto-roundups
アバター by 佐々木徹
0Comments

米国はマイナス金利に踏み込むのか?

https://youtu.be/QOrU9MMlCqI ◆チャンネル登録はこちら http://www.youtube.com/channel/UCfsgaLVbQH9JNIEgt0tzbTg?sub_confirmation=1◆ツイッターhttps://twitter.com/CocostaGeekend◆ブログhttps://www.cocosta.jp/◆無料コースhttps://direct.cocosta.jp/courses?query=%E7%84%A1%E6%96%99◆ 実戦トレーディングカレッジ(有料の購読コースです)https://direct.cocosta.jp/p/procom 続編で学べるポイントはこちら:今、米国に刃を突きつけているのは国内の経済指標でしょう。5月11日の週は、米の物価上昇率・失業率・小売指数の3要素がすべて予測比でマイナスとなった週。NY-FEDのパウエル氏が景気の見通しに、強い懸念の表情で答えていたのが印象的でした。では今週のポイントは?いま最も注目を浴びるゴールド・原油で見るべきポイントとは?続編はトレーディングカレッジ内「深読み」にて今すぐどうぞ!〇 NY-FEDがマイナス金利に踏み切る条件〇 ゴールドに漂う一時的な高値警戒とファンダメンタルズの確認〇 値幅の大きなメタルの出入り口を見つける方法〇 原油の踏み上げ相場は限月間に現れていた〇 欧州通貨の巻き戻しに注意が必要な理由〇 かい離率の大きい通貨(先週はNZDで下落)
アバター by 佐々木徹