ローソク足とフィボナッチレベル
0Comments

移動平均線とローソク足とフィボナッチレベル

テクニカルのポイントを分析し、相場もフィボナッチまで戻し、ローソクも反転サインを出しました。でも移動平均線がローソクをサポートしていない時はエントリーしない方が良いのでしょうか? Yasu様から頂いた質問を抜粋してみます。 こんにちは。前にビデオを3本購入し、勉強しながらトレードをやっています。そこで1つ質問があります。 例えば、これから相場は下がると予想してて、フィボナッチのスイートスポットまで戻るのを待ったとします。上手く戻ってきて、ろうそく足もツツミ足やハラミ足を出しました。しかし、価格はまだ21、55の移動平均線の上にあります。こういう状況は結構あると思いますが、その場合はエントリーはやめた方がいいのでしょうか。教えていただけるとありがたく思います。 ご質問を頂いたような事例のチャートを貼り付けてみました。 相場がフィボナッチの地点まで戻しを入れて、ローソク足も反転の形状を出しているのがオレンジで囲った部分です。エントリーをしようにも、確かにローソク足の場所が移動平均線の上に位置をしています。 相場は下向きと見込んでいるのに、ローソクは平均線の上側にいるためにエントリーしてよいのか、迷ってしまいそうなチャートですね。 ここで大切なのは、「目の前のチャートが何を目的にした時間足か?」という点です。 チャートを分析するには、短期・中期・長期の時間を見る必要があります。短期のチャートはエントリーの場所を絞り込むために使い、相場の向きは長期で判断します。 移動平均線の主たる役割は、相場の方向を判断するツールとして使うものです。 先ほど出したチャートの図は1時間足なのですが、もしこの時間足を長期として使うスタイルなら、相場の向き自体を下と判断するのは危険な賭けになります。 逆に、1時間足を短期として考えている場合は、このチャートで出てくる移動平均線よりも長期チャートで表示された平均線とローソクの位置関係の方が大切になります。 試しに上の図内でオレンジで囲った部分を日足で表示すると下のような図になります。 マークされた部分は21の移動平均線下側にいることが見て取れます。 よって、「1時間足を短期として見る」トレーディングスタイルなら、このチャートはエントリーOKということになり、後はストップの場所を決めて、報酬比率から妥当なターゲットを求めて、投下ロットを決めて・・・という一連の流れにつながっていきます。 再度「迷いが晴れるトレーディングガイド」を視聴して頂き、時間足の組み合わせと、トレードの意思決定から最終のエントリーまでの流れを自分のものにしてくださいね。 それでは、Yasuさんのトレーディングライフが素晴らしいものとなることを願って、今週もHappy Trading!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
ココスタ~投資で生き抜く知恵はここからスタート
1Comments

エントリー地点をMT4で絞り込む方法

テクニカル実践編を購入された方から、実際にトレードの戦略を作ってみたがうまく行かなかった。修正すべき点を知りたいと画像を添えて質問を頂きましたので、ケーススタディーとして分析をしてみました。 頂いたご質問は次の通りです。 相場を一定の見方でみるために、まずは、例えば5分足でトレードするならば、どの作業を行う所から始めたらよいでしょうか。できる事ならば、エントリーまでの手順を教えていただけますと幸いです。昨日のGBPUSDの5分足でのトレードで自分なりにトレードを考えてやってみたのですが、残念ながらストップロスになってしまいました。画像を添付いたしますので、私の組立の穴、また管理人さんならば、この様な相場の場合、何をみて、どう考え、エントリーをするか、しないか、また、するならばどこでしたのかという組み立て方をご教示いただけます様お願い申し上げます。失敗トレードを何がいけなかったかを判断していただけたら、それを参考に次のトレードに活かせるとおもいますので、何卒お力添えをいただければと思いますm(_ _)m。では、失礼致します。(shimada様) 頂いたスクリーンショットは以下のとおりで、shimada様に許可を頂いて掲載させて頂いています。 このようにトレードの記録を付けて見なおすことは、トレード技術を磨く一番効率的な方法です。 エントリーのトリガーを引いた瞬間、利食い、損切りをした瞬間、それぞれの画面を記録し、エントリーの地点で自分がどういった戦略を立てていたのか?利食い・損切りした地点は当初の予定と比べて一貫していたか?違っているなら何が原因だったのか?それは妥当な決断だったか?こうした自問を繰り返し、その気付を出力した紙の上に鉛筆で書き込みファイルして残していきます。 するとチャート上で同じようなパターンが出た時、即座に気付き正しい意思決定を素早く行うことができるようになってきます。 Shimadaさんのチャートでは、どういった方法が他に考えられたのか?鍵になるのはストップロスの置き方でした。 レジスタ ンスを背景に売りで望む場合、どこにストップを置くのか?スプレッドとダマシはどの程度考慮にいれるのか?レジスタンスと同じ場所にストップを置いてしま うと、相場がストップをヒットした瞬間に反転・当初見込んでいた方向に走り出し、損失が確定したことと収益を逃したという2重の悔しい思いをすることにな ります。 では、こういった事態を避けるには、どのようにしたら良いのか?ポイントを挙げると、以下のようになります。 USDの方向を見極める --- ドルインデックスの使い方 ドルと反対の力にある通貨を見つける --- クロスペアのチャートを使う ストップロスとスプレッド --- どこにストップを置くのか? 機会損失と資金損失の違いを理解する --- すべてのトレーディングにエントリーせずとも良い! 管理人が推奨しているトレード目的は、口座資金を継続的かつ予測可能な範囲で増やしていくことです。そのためにはエントリーできない相場も受け入れ、また次のトレードを探していくことを決意する必要があります。 このように、具体的なトレード戦略を一連の流れの中で作っていく方法を「迷いが晴れるトレーディングガイド」内で詳しく紹介をしています。ストップの置き方、報酬比率の設定方法、目標値の設定、相場方向の見つけ方等、実際のトレード現場で即日使えるノウハウばかりです。本編の一部を無料で紹介しておりますので、ぜひこちらから御覧ください。
by 佐々木徹 (ささきとおる)