0Comments

ゴールド(金)相場が一時下げる可能性

ゴールド(金)の相場が週足レベルで一時的に下げる可能性を見せています。 週足チャートを見てみると、今まではローソクの実体が指数移動平均線の上にいたのが、直近の相場で下側に移っていることがわかります。特に実体がEMA55を切ったのは、2008年の11月以降で初めてなので、特に目を引きます。 さらにチャートに引いたSRのラインと、相場のモメンタムを示す5EMAの距離が過去になく近づいてきており、これも下抜けの見方を助けています。 チャートの形状では、直近の相場が頭を打たれてトライアングルの形状を作っており、これを下抜けした場合には1300を切る場所まで届く可能性があります。 この分析をMT4でやってみました。(下ビデオ)   ということで、サポートとレジスタンス、指数移動平均線、チャート形状等、フォレックスのテクニカル分析で使えるツールは他の相場でも活用することができることがわかると思います。 こうした基本的なテクニカルの内容を伝える無料ビデオを作っていますので、まだ見られていない方は、こちらから申し込んでください。
by 佐々木徹 (ささきとおる)