0Comments

❺ ポンド円5分足の行き先を知る方法とは?

仮面ライダーからボブサップまでビーストの名がつく「ケダモノ」はいくつもあれど、ことFXに関してのビーストといえばポンド円で決まりでしょう。そのジャジャ馬な値動きとボラティリティの高さに惹かれるミセスワタナベは、ワイルド好きなのかもしれないですね。 ではそのじゃじゃ馬馴らしに腕力が必要なペアであるポンド円の5分足と連動して動く銘柄が分かるなら、大きなヒントになると思いませんか? 下のポンド円5分足チャートは、158.90から157.50まで140pips の値幅を4時間で到達したポンド円(青色値動き)と、先にダッシュして動いた「ある銘柄」とを並べて表示したものです。 ※ ローソク足がポンド円、バーチャートが「ある銘柄」です。   英国ポンドは資源通貨である事実 実はポンド円のペアを作る相手方・・・英国ポンドは、資源価格の影響を多大に受ける「資源通貨」です。では資源の親玉といえば?そう、原油ですね! 冒頭のバーチャートは原油価格から取ったものでした。 ミセスワタナベ(日本の投資家)がFX市場で大量に取引するポンド円が、遠く離れた英国の原油価格に影響を与えているというのは、なんともドラマではありますね。 講義追加のお知らせ さて、この記事で紹介したポンド円5分足のチャートを再現する方法から、英ポンドと原油価格との連動を捉える方法まで、レクチャー4本は計約20分の動画講義を本日追加して公開しました。   追加講義:ハーモニックと資源通貨の取引方法が2時間で分かる速習講義 ポンド円5分足の行き先を知る方法を実例から検証 (05:30) 連動する特定の原油銘柄から為替のノイズを除去する方法   (05:58) なぜ同じ原油でも特定の銘柄を使う必要があるのか? (03:07) 贅肉をそぎ落として筋肉質な連動を見つけるための方法 (04:54)   ポンド円を5分足等の短期で取引されるデイトレーダーは、必見の方法・・・というよりも、私が10年前に知っていたかった方法です。マーケットの世界は奥が深いです。 ・・・と言いながら追加講義を作成しているリアルタイム5分足で、やはり連動が爆発しました。 完全にバーチャート銘柄の方が引っ張ってますね。マーケットは毎日エキサイティングです。 それでは、ハッピー・トレーディング!!
by 佐々木徹 (ささきとおる)
ココスタ~投資で生き抜く知恵はここからスタート
1Comments

ポンド円(GBP/JPY)とテクニカル

ポンド円は実際に取引されている通貨ペアではなく、メジャー通貨のGBP/USD × USD/JPY (ポンドドル × ドル円)で算出される「掛け算ペア」であると別記事で述べました。 では実在しないペアにテクニカル分析は当てはまるのでしょうか? ポンドドルとドル円は取引規模が大きいので相場参加者がテクニカルポイントを意識して売買することが理解できますが、その二つを掛け合わせてできたポンド円はテクニカル分析と無縁であると考えても、不自然ではありません。 ところが実際のポンド円相場では、テクニカル分析が当てはまってしまうのです。下の図はポンド円の日足チャートにフィボナッチ・リトレースメントを当てはめ、エクステンションのターゲットがヒットした事例です。   実在しないペアでもテクニカルが当てはまるのは相場の不思議としか言いようがないのですが、現実としてポンド円でもテクニカルが使えることが見ていただけると思います。 ところでこのポンド円、欧米のプロトレーダー達は値動きの大きな「投機ペア」として位置づけ、「BEAST(野獣)」の俗称で呼ばれることもあります。 一日に500pip動くこともザラなポンド円は値動きが荒い分、ストップの幅を多めにとるような対応が必要になるだけでなく、掛け算の基であるポンドドルとドル円、両者の動きをフォローする必要があるため、相場に翻弄される可能性が高いペアであるといえます。 それでも、値動き幅が小さいロンドン時間以外にトレードせざるを得ない場合は、ポンド円のようにボラティリティーの大きいペアを使う場合もあります。このあたりは、トレーダーの生活様式によって選択することなので、何か正解があるわけではありませんが、ボラティリティーの大きなポンド円でも、基本的なテクニカルの指標が使えることを知っておくことで、トレードの選択肢を増やすことができます。  
by 佐々木徹 (ささきとおる)