移動平均線をベストに設定する方法
0Comments

移動平均線のベストな期間設定

http://youtu.be/An0MBHQDLfY 移動平均線を設定する際に、最適な期間設定が分からず苦労した方も多いと思います。この問題は以下の2つで解決をすることができます。 【一般的に多用される期間設定を知る】 【設定を個別に検証する方法を身に付ける】 冒頭の動画では、移動平均線を活用するための一般的な注意点を述べるとともに、本講義で説明する内容をまとめてみました。   期間設定に唯一の正解は無い 実は移動平均線の期間設定に「唯一の正解」はありません。なぜなら移動平均線と一口に言っても、種類が幾つもあるためです。 単純移動平均線 指数移動平均線 加重移動平均線 等々 これらの移動平均線の種類に加え、以下のような変数も加わってきます。 期間設定(短期/中期/長期) チャート種類(ローソクかポイント&フィギュアかなど) 対象の相場(FX/株式/インデックス) つまり100人のトレーダーが全て同じ移動平均線の設定を使うと考えることは現実的ではなく、移動平均線の設定にも唯一の「絶対的な」正解は無いということになります。 受講生の方からも、このトピックについて質問を頂いたので、抜粋をしてみます。  月足と週足での移動平均線の期間設定について 現在の期間設定は テキスト通りの3通りで設定していますが、月足や週足を見るときでも同様の期間設定でよいのでしょうか? 一般的には、月足(24、60)、週足(26、52)の設定をよく耳にするのですが、機関投資家は 一般的に、どの期間設定で、月足や週足を見ているのか教えてください。(KBさん) 冒頭で述べたように、この質問に対しては「一般的に多用される期間設定」を知った上で、「個別に検証」していくことで対応できます。 特に後者は「自分にとっての正解を見つける方法」と言い換えることもできます。 自分だけの正解を見つける道筋さえ身に付けておけば、時代や相対する相場の種類が変わったとしても、どのような相場でも最適な移動平均線の設定を見つけ、その強みを活かして行くことができます。 ぜひ、「あなただけの正解」を見つけ出す能力を身に付けてくださいね! ▼ 講義の続きはこちら: プロトレーダーが使うテクニカル分析・実践編v3.0 http://pro.cocosta.jp/technical_strategy_professional_price-action  
by 佐々木徹 (ささきとおる)
移動平均をサポート・レジスタンスとして使う
4Comments

移動平均線を、サポート・レジスタンスとして使う

プロのトレーダーは、移動平均線を「動的サポート・レジスタンス」として使います。FXのトレード戦略は「サポートで買い、レジスタンスで売る」事につきますが、この場所を見つける手助けとして、移動平均線を活用することができます。 下の図はドル円の一時間足です。赤枠の中は、2本の指数平均線(赤色21&緑色55)の間隔が大きくなり始め、相場のスピードが乗っています。こうした時にはトレンドフォロー型戦略を使い、ショートでエントリする地点を探します。 プロは下がり始めたからといって、そこでエントリはせず、戻りを待ちます。この戻りのポイントとして移動平均線、特に指数移動平均線(EMA)を使うのです。 一番左上の黄色い矢印を見ると、下げ始めた相場が一旦移動平均線まで戻り、そこで跳ね返されて再度下に向かっています。勢いの強い相場であれば21の線で跳ね返るのですが、この時は勢いが弱く55まで戻ってから跳ね返っています。 左から2番目の矢印も同じで、やはり55の線で跳ね返っています。その後、92.00円のサイコロジカルポイントを抜け一気に91.00の次のサイコロジカルまで走っています。 この「移動平均線で跳ね返る」相場の性質を使い、さらに他のテクニカル材料と重ねて戻りのポイントを見つけていくことで、確度の高いトレードができるようになります。 一方で一番右の矢印は、相場の勢いが続くと考えたトレーダーが21の指数移動平均線でエントリをしたものなのですが、結局ここで終わっています。実はこの直前の底値がロンドンの終了時間にあたり、ここで本職のファンドマネージャー(トレーダー)は手じまいしてしまっているので、相場は失速、91円のサイコロジカルで利食い買いに負けています。 こうしたように、相場の勢いを見るには、移動平均線だけでなくトレードの時間帯も考慮が必要になることも覚えておいて損は無いかもしれません。
by 佐々木徹 (ささきとおる)