0Comments

ストップロスを適切に決める|損切りから守るには?

ストップロスの場所を決めるときほど悩ましいことはありません。 資金のロス幅を限定するために大切なストップロスですが、広く取りすぎれば失う金額が上がり、狭すぎれば簡単に損切りが入ってしまう、悩ましい相手でもあります。受講生から損切りへの質問を受け取りましたので、回答講義を作成し、その一部を公開しました。 https://youtu.be/qRdCwmPIFHY ■ 受講生質問 一時的なスパイク(長いヒゲ)で損切りされることを回避する方法はありますか? 負けないトレード実践編の講義で目から鱗がぼろぼろ落ちています。 さて、相場の方向性は合っているのに一時的なスパイクでストップにかかることが多々あります。例えば、下の矢印で反発したと思いロングに入り、損切りされました。 幅が狭かったのかとも反省してますが、いかんせんIFDONEOCO(注・事前にエントリー・利食い・損切り場所を自動設定する注文方法)がメインなので恐怖心から損切り幅を狭くしてしまいがちです。 今回は特にエントリー後すぐに損切りされたような形なので悔しい気持ちでいました。この一時的なスパイクを回避する方法はあるのでしょうか? (鶴亀さま) 学んだことを現実のトレードに適用し、うまく行かなかった事例の記録を取り、具体的な質問をされている鶴亀さんのトレード能力は、すでに相当に向上されていることが良く分かります。 さて添付して頂いたのは、ユーロ円(EUR/JPY)のペアとなるわけですが、問題の一つはペアの選び方にあります。 ユーロ円は、基本的にユーロドルとドル円とを掛けあわせてできた合成ペア(掛け算ペア)になるので、トレードの戦略を作るときには、基となるEUR/USD USD/JPYのペアを見てやる必要があります。 ▼ エントリーしたときのユーロドルチャート ▼ おなじくドル円のチャート 緑色の上向き矢印を付けたところが、鶴亀さんがユーロ円でロングに入った場所です。 2つをみると分かりますが、ユーロドルは下を向き、ドル円は上に向かっています。 ということは、合成ペアのユーロ円は、上にも下にも行けなくなって、横に向かうしかありません。そして方向感のないペアは、もっとも避けるべきものです。 ですから、今回の改善すべき点の一つは、「方向感のあるペアを選んでおくべきだった」ということが挙げられます。 ところで結局ストップの幅は問題だったのか?という点ですが、今回のケースでは他にもいくつか向上できるポイントがあります。 続きは本編内に回答講義をアップしておりますので、突っ込んで知りたい、さらに質問をしよう!という方は受講をお待ちしています!   負けないトレード実践編にアップした追加回答講義 セッション別の特有な値動きのクセを把握しておくことで、5分足等の短い時間足で有利なポジションを取る方法を知り、フィボナッチ・レベルを正しいスウィング波動で切り取り、さらに見えていないレジスタンスを可視化するピボットポイントの活用方法という、合計3つの講義を追加しています。 追加講義は、セッション・波動・ピボット可視化 時間の特性|デイトレードではセッションのクセを掴むべし ストップ幅は?|正しく波動を切り取る 見えないレジスタンスを可視化する|ピボット応用編 476名の方が既に受講をされている以下の講義でカバーをしています。 ▼ 負けないトレード実践編 それでは、ハッピー・サマー!!  
by 佐々木徹 (ささきとおる)
lossMT4
4Comments

MT4は損切りできない?

MT4に成り行きで入れたポジションには、損切り注文を入れられない?読者の方から質問を頂きましたので回答してみました。 「少し古い記事(こちら)ですが、とても参考になりました。現在MT4デモ口座にて悪戦苦闘しておりましたが、とても分かりやすく理解できました。 ちなみに成行注文からのストップ注文がうまくできません。色々と調べてはいるのですが、管理人様のビデオのこのあたりの場所にみたいな注文方法はないのでしょうか?」 (Matsudaさん)   ■:基本は発注時点でストップと利食いの設定をしておく MT4は注文時点で損切り・利食いのターゲット価格を設定した上で注文を流すことが出来るので、基本はエントリーの時点でストップとターゲットを決めておくことがお薦めです。 一方、指定をせずに成り行き注文からポジションを持った後で、利食い・損切りの注文を追加で入れることもできます。 DealBookに慣れていると、買いのポジションに対して別の売り注文で相殺したりするのですが、MT4でそれをやると両建てになってしまいます。 既存のポジションに追加でストップ/ターゲットを入れたほうが、スプレッドを2重に支払わずに済みますね。 読者の方から教わったので、動画にてシェアをさせて頂きました。 ご質問者の方、教えていただいた方、本当にありがとうございます。
by 佐々木徹 (ささきとおる)
ストップロス
0Comments

ストップロスの使い方 (Managing Stop Loss)

私がトレードを開始して一番困ったのがストップロスの設定方法でした。日本語のリソースを調べても、「損を拡大させない安全装置」等の説明しかありません。トレードにエントリしてストップロスを設定する度にヒットされ、相場はその後急反転し、あと15pip余分を見ておけば、、などという後悔はしょっちゅうでした。 ではプロトレーダーはストップロスをどのように使っているのでしょうか? ストップロスの設定方法は幾つもありますが、私が使っている方法は、テクニカル分析で自分の戦略が間違っている事が確認出来る場所に設定するというものです。 この大前提として、エントリするトレードは報酬比率2~3倍見込めるものである必用があります。(参照:報酬比率、リスク・リワード比を管理する)  下の図はエントリの地点から利食いターゲットまでの距離が300。ストップロスまで100。報酬比率は300/100=3倍となり、エントリする価値のあるトレードであると言えます。 一方で以下の図は利食いターゲットまでの距離が100、ストップまでの距離が200、報酬比率1/2で、エントリすべきでない事が分かります。 しつこいようですが、エントリする時点で、利食いターゲットとストップを決めておく必用があります。さらには、報酬比率が良いトレードにのみエントリすることで、勝ち組11.5%に入れる可能性を大きくできます。 この点で、「ストップの置き方」=「トレードの見極め方」に他ならず、筆者が過去に失敗した「適当にエントリした後でストップロスをどこに置くか考える」内は、証拠金が減る一方です。 ストップまでの幅に対して利食いターゲットの幅を大きくするトレード手法は、他の章で幾つか紹介していますので、参照下さい。 ピボットポイント ロールリバーサル トレーリングエントリ  
by 佐々木徹 (ささきとおる)