母の危篤から葬儀を終え、実家に滞在し10日目。これだけ長く四国にいたのは久しぶりで、3年前に独立してから意図せずして初の長期休暇となりました。

関東と比べると人も車も少なく、海と空の境界線もゆるやかな四国の景色の中にいると、時間の流れが明らかにゆっくりしていることが分かります。

たとえば当記事は実家近くの海岸沿い喫茶店で書いてますが、こんな景色です。

shikoku

本田宗一郎氏は、時間だけは神様が平等に与えてくださったと金言を残しました。

一方で、おなじ1時間という区切りを、どれほどの長さに感じるのかは、見える景色や一緒にいる人で全く変わってくることが身にしみました。

そして、分刻みで変わるマーケットから10日間も離れ、のどやかな時間の中にいると、こういう生き方もアリかなと思いはじめました。

。。。

なんて気分になるかと思いきや、体は早くもとのリズムに戻りたくてムズムズしています。何なんですかね?この感覚。

学生のころに大枚をはたいて買ったモチベーションプログラム(こちら)の中で、自分が働く必要がなくなるほどのお金を手にしたときでも、続けたいことを仕事にすると良い、というのがありました。

マーケットを分析して、取れるポジションは取り、新しい取引方法を考えて講義にまとめ映像化していく。コレって楽しいんですよね。

だから「これ以上のお金が必要ない状態」になったとしても、たぶん同じことをやっているでしょう。とすれば天職なのかもしれません。

今週には四国を離れ、通常運転を再開します。少し溜まっている受講生質問にも回答をしていきます。ブログの記事も再開します。

休暇をくれた母親に感謝をするとともに、普段のライフワークへと戻れることに、今からワクワクが止まりません。

引き続き、お付き合いのほど、お願いします!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。