記事を書いているのが5月6日、東京時間の2100。雇用統計の直前です。ちょっとドル円の動きがショート組に不利な形状になっているように見受けられましたので、簡単な分析をシェアしてみました。

 

shadow-ornament

5月7日に追記:結果は?

雇用統計(NFP)の結果は雇用者数が事前の予想に届かないドル売り指標。発表直後にはそれを受けて米ドルが一時的に売り込まれたものの、結局はNYのクローズに向けて米ドルが買われ、ドル円もNFP発表時点より上げて終わりました。

afterNFP

上のチャートはNFP発表後の5分足ドル円。中間に引いているラインがNFP発表時点の値段です。

ドル売りの材料にも関わらず、ドルが買われています。こういうことがあるから、マーケットは怖いですね。

NFP直前に公開した動画(ページ冒頭)で説明した要素は3つあります。

  • ドル円だけが米ドルを買っていない歪んた形
  • 理由の一つは日本だけホリデーで市場が薄かった
  • その歪みが修正されるならドル買いが狙われる可能性が高い

結果として想定通りの動きとなり、来週以降の狙いは明確になった感があります。

では指標がドル売りにも関わらず、ドル買いに相場が走ることが意味するのは?それを活用してトレードの戦略を作っていくには?

ご興味のある方は、こちらの講義でマーケット心理を削り出す方法を解説してありますので、学んでみてくださいね。

最後になりましたが、ゴールデンウィークも後半で一気に夏日和。読者の方も素晴らしい休日をお過ごしください。

ハッピー・トレーディング!

 


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。