なぜ日本人はトレードで負けるのか?【マイナビ寄稿記事のお知らせ】


世界で最初に近代的なトレードが確立された国……それは日本です。諸外国が占星術や易などの牧歌的な方法を使っていた時期、堂島の米相場ではチャート分析からアービットラージまで何でもありでした。では最先端を走っていた日本人の多くが、なぜ今になってトレードで負けるのでしょうか?・・・

寄稿記事がマイナビ・ニュースに掲載されました。

以下のボタンから記事にジャンプできます。

→ 続きを読む(マイナビへのリンク)

記事が出た時点では、何かの気まぐれで人気記事の2位にラインインをしていました。

2位にランクインされました

2位にランクインされました

よろしければ、ご覧になってみてくださいね。

ハッピー・リーディング!!

 


About The Author

佐々木徹 (ささきとおる)

欧米式のトレード方法を紹介する「ココスタ」運営責任者であり、現役トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジストでもある。米国テクニカルアナリスト協会公認資格CMT検定1級を保持。2100名を超える受講生をもち、2014年にはUdemyで日本人初のトップ15講師入り。株式会社ファム代表取締役。講義一覧はこちら。