売れる定食屋は3つの松竹梅と価格設定が分かれているそうですが、今のビットコインは2つに分裂の危機。そう、仮想通貨に関わる多くの人が固唾を飲み見守るハードフォーク問題です。(詳しくは→こちら

そして、このビットコイン始まって以来の危機と言われるタイミングど真ん中で、登壇することになりました。さてどうしましょう?


 

【ブロックチェーンと、僕らの未来。@Startup Hub Tokyo】

https://share-wis.com/courses/bitcoinscool-party

 


 

分裂ビットコインの価格は?

ちなみに、フォークした場合の購入価格はすでに権利行使価格として、BitFinexで取引されています。今の価格はBitCoinに対して20%。

https://www.cryptocompare.com/coins/bcu/overview/BTC

※ ご注意・・・フォークした訳ではなく、「仮に」分裂した場合に Bitcoin Unlimited を買う権利の価格です

 

マーケットの価格折り込み機能はなかなかのもので、このUnlimited価格と今のビットコイン価格とを比較すると面白いことが分かります。

現在のBTCUSD価格は、1,065 USD。仮にこの価格がUnlimitedへの分裂を全て織り込んでいるとすれば、本来の価格から20% (Unlimitedの対BTC価格)ディスカウントされているはずです。

計算してみましょう。

◯ ビットコイン今の価格: 1,065 USD

◯ Bitcoin Unlimited ディスカウント: 20%

◯ 本来のビットコイン価格: 1,065  ➗ 80%(100%-20%) = 1,331 USD

参考までに、3月10日にETF認可で盛り上がり、BitStampで付いた最高値は1,350 USD。つまり今の価格(1,065) は、最高値(1,350) からBitcoin Unlimitedの分裂分だけディスカウント(20%) されたものから、$19しか違わないことになります。面白いですね。

こういう混乱のタイミングでこそ、他の市場参加者が何を考えているのか?今起こっている問題の根っこは?準備しておくべきは?などを知っておくことは、大きな財産になるかもしれません。

 

【イベント登壇者】

ブロックチェーン研究開発の技術集団、シビラCOO、篠原裕幸氏。

ビットコイン寄付プラットフォーム「KIZUNA」ファウンダー、グラコネCEO、藤本真衣氏。

素粒子理論物理学博士号を持つフロンティアパートナーズ代表CEO、今井崇也氏。

ココスタ管理人、佐々木徹。 ← 私

 

価格はランチ一回分の1,000円。参加者同士の懇親会付き。

定員は70名で、本日現在の残り座席は20名だそうです。

詳しくは、→こちら

 

ハードフォークの問題は、仮想通貨に関わる全ての人が声を上げていくべき問題になってます。

ぜひ共に意見を交換しつつ、新しい価値観を共有し、共に意見を発信していきましょう。お待ちしています!

 

 


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

株式会社ファム代表取締役。愛媛県生まれ。英国ノッティンガム大学にて心理学を専攻、香川大学経済学部卒業。15年間の日米商社勤務を経て、2014年に独立・起業。同年には米国オンライン教育No.1のUdemyにて日本人初のトップ13講師入り。2,500名を超す受講生にトレードを指導する「ココスタ」運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジスト。講義一覧はこちら。