こんなことって、あるんですね。

ビットコインの動画を作成するなかで「上値は追えない」「短期取引している人はロット確認したほうが良い」と言い続けていました。

収録を終えて編集途中に隣の画面を見たら、赤くて大きな下落のローソクが出現しています。

「ビットコインの上値が追えない理由」収録直後に下落したビットコイン

週刊・クリプト通信の公開イントロダクションとして収録したものですが、せめて配信が完了するまで待って欲しかったですね。

ビットコインも、少しせっかちです。

昨日はビットコインのFacebookグループに、以下のような投稿を入れてました。

今のビットコインは、ファンダメンタルからしても上値は限定的かもしれません。

以下はYouTubeへアップした動画です。

 

ビットコイン下落直前に収録した10分39秒の動画

 

続編はこちら:

<週刊クリプト通信|ビットコインの動きが分かる>

https://direct.cocosta.jp/p/crypto-roundups(クリックでコース詳細)

月額3,500円・毎週水曜日に動画が届きます。

価格の上限と下限を見つける出来高シグナルの作成方法も、夏休み特典として公開。

チャートでは見えないチャンスの捉え方にご興味のある方、お待ちしています!

 

 

 


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。