暗号通貨の中でも、今はアルトコインと呼ばれる通貨が大量に買われています。では次に値を上げるコインを絞り込む方法はあるのでしょうか?マーケット環境から探ってみました。

額面の小さな銘柄が集中して買われている今のクリプト市場を見ると、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を思い出します。

デカプリオ演ずる主人公が、Pink Stockと呼ばれる低単価の株式を相対取引で売りまくり財を成します。莫大なね。

私自身は、今から暗号通貨を始めようとする人には、時価総額の大きなビットコイン・イーサリアムあたりをオススメすることがほとんどです。

売ろうとしても自分のポジションで潰れるような市場だと、抜けられないですからね。

一方で今回の講義では、次に吹き上げる可能性のあるコインを絞り込む方法をまとめてみました。

個人的には、数値だけ見て売買対象をインデックス的に絞り込む方法は好きではないです。

とはいえ、数字の規則性から次に資金が流れてくる対象を絞り込む方法を知っていても損はありません。

なぜなら、次に応援したいコインやプロジェクトが出てきたときに、そのビジョンや機能とマーケットから見た数値的な評価を組み合わせておけば、いつの段階でどの程度を投じていくのかを判断する助けにもなります。

今週号の「クリプト通信(こちら)」では、動画で使ったエクセルの生データファイルも公開し、絞り込みの練習もご自身で挑戦ができるようになっています。お楽しみに!

それにしても2018年は出だしからスパートですね。2018年の暗号通貨はどこまで行きますでしょう?

本年も、ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

株式会社ファム代表取締役。愛媛県生まれ。英国ノッティンガム大学にて心理学を専攻、香川大学経済学部卒業。15年間の日米商社勤務を経て、2014年に独立・起業。同年には米国オンライン教育No.1のUdemyにて日本人初のトップ13講師入り。2,500名を超す受講生にトレードを指導する「ココスタ」運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジスト。講義一覧はこちら。