株式やコモディティはリスクオンで値上がり基調も板に付いてきた感もある中、ビットコインはひとり周回遅れの状況ですね。

なかなか新規の資金も入ってこない環境で、市場内は「相場」的な動きに終始している感はあります。

一方で大口の動向を見ていると、明らかな変化を見て取ることもできます。

特に今は、表と裏のバランスを上手に取れる人が結果を残す環境なのだろうなと感じます。

さて下の動画は、本日(2019/12/18)配信のクリプト通信から、最初の動画講義を公開したものです。

採掘原価を割り込むビットコイン ~ 現物の投げ売りと投機筋の仕込みバランスが行き着く先は?(2019/12/18)

以下は続編のシラバス一覧です。

02 薄氷の難易度調整に向けたハッシュ推移
03 RIOT社資料から採掘原価を計算してみる
04 CMEの取組高は底値ショートを示唆している可能性
05 現物の投げ売りが起こっている価格帯
06 BitFinex両建てのポジションが狙う意図を推測
07 ドルコスト平均法~結果的にもっともパフォーマンスが高かった方法は〇〇
08 雑感~今後の可能性などビットコインのレンジ範囲から

→ クリプト通信のコース詳細はこちら

それでは、講義でお会いしましょう!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。

Leave a Reply

Your email address will not be published.