市場がクリスマスで静まる中、淡々と値動きを続けるビットコイン。

12月27日にはCMEやオプションの精算日を控え、値幅が大きくなる可能性も取り沙汰をされていますね。

2019年令和元年の最後を、どのような動きで締めくくってくれるのでしょうか?

ところでビットコインは、年末年始に特徴的な動きをすることがあります。

2015年頃まで遡っても、なぜか近い時期に天底を打っているのは興味深い点ですね。

下の動画は12月25日に配信したクリプト通信から、一部の講義を公開したものです。

以下は続編のシラバスです。

01 ボラティリティが拡大する時期に突入~全体像の把握
02 Tetherの存在を抜きに語れないビットコイン~現在の立ち位置
03 7600で押し戻された理由~マイナー現物売りの可能性を数値で確認
04 今のビットコインは短期筋を痛める動き~立ち回り方を考える
05 採掘者の売り玉回収レベルと新規売り板を出す位置
06 12月末までの短期動向
07 外部環境~金利イールドに小さな異変とビットコインに降りかかっている圧力
08 過去の動きがもしも繰り返されるならこのような推移もありうる

続編にご興味ある方は、下のコースからどうぞ!!!

週刊クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わり

○ お得な2ヶ月分無料受講付きの年間購読あり

○ 全額キャッシュバック特典あり

○ 返金保証付き

○ 専用 Discord コミュニティあり

○ ブロック生成時間タイマーへの無料アクセス付き(Discord内)

ぜひクリプト生活の向上にご活用ください。

年末年始気ぜわしくなりますが、体調に気をつけて参りましょう。

引き続き、ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。

Leave a Reply

Your email address will not be published.