一国の大統領が直接ツイートして株価が踊る。今では常識となった動きも、少し前までは想像することもなかったものですね。

さて大統領のツイートに限らず、世の中には突発的なことが起こります。

ほとんどは私たちが予測しようもない事柄であり、だからこそ株価や為替などにも大きな値動きのインパクトを与えるのでしょう。

さてビットコインは、資金の動きがブロック情報で公開されています。

そのビットコイン独自情報を追跡することで、時として「予想しようもない何かインパクトのある事件が起こりそうだ」という情報を得ることができます

その傾向を探っていくと、何かインパクトのある出来事が起こりそうだというアタリを付けることもできます。

冒頭の動画では、トランプ大統領ツイートで株価とビットコインが下落したとき(参考記事)、ブロック情報に少し異変が起きていたことを説明してみました。

【動画にて言及した記事など】

マイクロストラテジー社がビットコインを購入した記事

【もっと知りたいときは?】

動画は「クリプト通信~2020年10月7日配信分」から一部を編集して公開したものです。

クリプト通信コース詳細はこちら>

本編の動画では、以下の講義を受講することができます。

01 株&為替暴落もビットコインで分かることがある(公開イントロ)
02-1 10月15日の大型予定~情報が出る意図を考える
02-2 BitMex騒ぎで統計情報も変化~予定の確認とビットコインを囲む今の状況
03 ETHの上昇無きビットコインは上値が重たい~ETH不調の理由はDEFI
04 ハッシュレート&金利動向の確認:「為替もビットコインも同じ」の意味は?
05 なぜ取引所からの大量出金が売りの理由になるのか
06 市場が織り込む上限下限~やはりETHがカギになるか
07-1 Bitcoinの建玉動向~相場巧者は決まったルーチンを繰り返す
07-2 株式指数と銅の動きはビットコインに直結する(今は)
08 短期デリバティブ市場に、なぜ無リスク収益が残っているのか?
09 財政支援も今はさほどサポート材料となっていない
10 「稼ぎに行く」よりも「逃げられる場所」を探す~投資人生を生き抜くために


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.