2011年9月6日にニューヨークのゴールド先物は、史上最高値の1923ドルを記録。それから9年後の2020年7月24日(先週の金曜日)には、その一歩手前である1904ドルまで上昇しています。

ゴールドは今からさらに上昇するのでしょうか?それとも今が頂点なのでしょうか?

下のチャートは、二つの地点を線で結びつけたもの。

綺麗に並びましたね。

ゴールドのドル建て価格は同じ。ただ米ドル側の「薄まり具合」は当時と同じではありません。

たとえば米ドルの現金流通量であるM2 Money Stock。2020年7月13日のそれは、2011年9月12日の1.93倍になっています。

https://fred.stlouisfed.org/series/M2
↑ M2データはこちらで確認できます

つまり現金の量が約2倍に増えているということですね。

乱暴な話をすれば、本来なら今のドル建てゴールド価格は、2011年9月の2倍であっても、理には叶うということになります。

2倍だと、1,900×2=3,800ドルですか。1年後に到達していたとしても、特に違和感は感じないレベルですね。

ゴールドの価値は今も昔も同じ。変わっているのは法定通貨の価値ということです。

試しにゴールド価格をM2流通量で割ってみました。

こうすると、今のゴールド価格は「まだまだ安い」という考え方もできますね。

とはいえ、トレードでは短期的な視点も必要になります。

本日2020年7月26日に配信した「実戦トレーディングカレッジ・深読み」講義では、ゴールドを効率よく取引する方法も配信をいたしました。


トレーディングカレッジのコース詳細はこちら >


2020年7月26日配信の講義スクリーンショット

今週の講義は以下のようなメニューでした。

No.133 FRB会合まで一旦の休戦(2020年7月26日)

ポイントは今週のFOMCに至るまでの時間の使い方と、資金循環を先読みする考え方になりそうです。

来週も楽しんでいきましょう!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.