ツイート内でシェアした金利動向のグラフはこちらです。

これ結構大事なところで、誰が市場を牽引しているかが分かると、逆に「なんでこの人たちが撤退してるの?」につながってきて、すると特定の指標に対しての反応が鈍くなったりする理由も分かったりすることもあります。

基本的に個人が多くなり始めると、テクニカルが聞き始める傾向もあったりするのだけれど、じゃあ今、それが顕著なのはどこ?みたいな話もしました。テクニカルは「使いどころ」という話ですね。

実戦トレーディングカレッジでは、CFTCの建玉報告の義務があるくらい大枚を回している吉中講師も寄稿してくれてます。書けることに制約ある中で、巨大なヒントを毎週落としてくれてます。


実戦トレーディングカレッジのコース詳細はこちら。ボディブローのように強さがジワジワ効いてくる感じです。1年購読だと1ヶ月分無料のキャンペーン中です!

→ 実戦トレーディングカレッジ


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.