豪ドル円を短期で取引するために知っておくべき時間帯別のクセ

日本でも人気のペア「豪ドル円」。デイトレードで使うには、時間帯別での値動きのクセを捉えておくことも必要ですね。そこで当記事では、2000件超のデータから集めた30分足の値動き幅を時間帯別にまとめた資料を公開をしてみました。


証券会社や銀行に行くと、豪ドル定期預金のポスターなどをよく見かけますね。

金利が日本よりも高くて、日本からの時差も小さく身近に感じ、海が綺麗でカンガルーがいて、物価は高いけど冬にサンタがサーフィンしてくる!

そして、少し英語のアクセントに特徴のあるオーストラリアの通貨ですね。

この国は、日本や中国などに資源を輸出しているので、どうしても通貨が買われる側になります。鉄を買うなら、その前に現地通貨の豪ドルを買う必要があるからですね。

だから、もともと買われやすく構造的に高くなりがちなため、インフレを防ごうと高金利でお金のコストを上げ、借り手のモチベーションを下げる方法に出るわけです。

その高金利が結果的に日本の預金思考とマッチして、外貨預金では人気が高くなっているところもありそうですね。

 

豪ドル円の時間帯別ボラティリティ

そんな人気通貨の豪ドル円ですが、デイトレードで取引をされる方も多いですね。

魚釣りでも、事前に「食い」の良い時間帯を調べておくことが釣果を決めるように、FXでの短期取引なら時間帯別の値動き特性を把握しておくことは、必須かもしれません。

さっそく、2017年1月10日から2017年3月10日まで、2048本のローソク足を調べてみた結果がこちら。

豪ドル円30分ボラティリティ

豪ドル円30分ボラティリティ

 

横軸は東京時間に合わせています。

特徴的なポイントとしては、午前7時、午前9時30分から10時30分までの間に値動きが大きくなっているというところでしょうか。

逆に朝の5時30分ころは小さな値動きで終わることが分かります。

さらにこれを曜日ごとにブレークダウンしていったりすると、いろいろなドラマも見えます。

22時30分は米国の指標発表がある時間であったり、午前10時はシンガポール取引所のSGXオープン前後だったりと、それぞれ理由が見えてきますね。

 

 

米ドル建ての方がおすすめです

最後に一つだけ。

日本では、どうしても円建ての取引が中心になりがちです。

ドル円を除いて人気ペアと言えば、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円などではないでしょうか?

もちろん私たちの手元にあるのは円なので、何となく分かりやすいということはありますよね。

ただ、正確な値動きや透明性のある情報を得ようとするなら、米ドルストレートを使うほうが圧倒的に有利です。

なぜなら、円建ての銘柄は、基本的に米ドルストレートのペア同士を合成して出来上がっているからです。

◯ ユーロ円=EURUSD✕USDJPY

◯ 豪ドル円=AUDUSD✕USDJPY

◯ ポンド円=GBPUSD✕USDJPY

という具合ですね。

 

つまり、豪ドル円をロングするなら、それはAUDUSDをロングして、さらにUSDJPYをロングしている訳です。

「円ショートvsドルロング ✕ ドルショートvs豪ドルロング」 というように、取引ペア一つのつもりが、実は2つを同時に建てているということですね。

勘の良い読者の方ならお気づきかもしれません。そう、豪ドル円を取引するよりも、AUDUSDかUSDJPYどちらかに絞ったほうが、精度のある取引が可能になることが多いのです。

もし豪ドル円を中心に取引されている方は、米ドルペアのAUDUSDもチェックしてみると、良いかもしれませんね。

ハッピー・トレーディング!

 

追伸

ご質問をいただきましたので、AUDUSDとUSDJPYとAUDJPYの3つチャートを作成してみました。

こんな感じの方向イメージですね。

AUDUSD・USDJPY・AUDJPYの比較チャート

 

About The Author

佐々木徹 (ささきとおる)

株式会社ファム代表取締役。愛媛県生まれ。英国ノッティンガム大学にて心理学を専攻、香川大学経済学部卒業。15年間の日米商社勤務を経て、2014年に独立・起業。同年には米国オンライン教育No.1のUdemyにて日本人初のトップ13講師入り。2,500名を超す受講生にトレードを指導する「ココスタ」運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジスト。講義一覧はこちら。

  • 笑富 恵紅寿

    2つの顔が「逆相関」の時は合成通貨は大体レンジになる、という理解で
    合っていますでしょうか・・・?(・ω・。)

    JPY中心思考を頭から外す=視野を広げ「目を見開く」効果もあるデスネ

    • Toru Sasaki

      笑富さん、こんにちは。レンジの件、記事内の最下部にチャートを追加しておきました。こんな感じでどうでしょう?

      外為は米ドルが主役で回っているので、JPYはあくまでも「地方空港」と考えておくほうが間違いないかもしれないですね。

      • 笑富 恵紅寿

        にゅほおぉおおおッ!!!((((・ิ(・ิω(・ิω・ิ)ω・ิ)・ิ))))

        めちゃくちゃ分かりやすい図解ありがとうございます。
        オレンジ色のエリアで板挟みになってるのがよく分かりますw

        JPYは「ふるさと納税」感覚で取引しよう…(・ิω・ิ)

        わたすもドルストレートを極めます。

        • Toru Sasaki

          ドル円も本来は「JPYUSD」ですので、全て米ドル一本で絞って頂ければ良いと思います。

          「プロのコミュニティ」も受講を頂き、いつもありがとうございます!

          • 笑富 恵紅寿

            最近追加された『深読み』解説もかなり勉強になります。もはや見えている世界が違い過ぎてビビるレベルです…

            大量の(文字通り、圧倒的に大量のw)解説動画の数々ありがとうございます。

            吉中先生のレポートで投資における論理思考の土台を築いていき、佐々木先生の解説で実践イメージを膨らませる、最強の学習サイクル☆

            引き続き宜しくお願い致します。

            • Toru Sasaki

              こちらこそ、膨大なレクチャーにお付き合い頂きまして、ありがとうございます。

              こういう組み立てを全部やっていると、本当にチャンスが飛び込んでくるから、やっていても本当に面白いです。

              また引き続き、楽しんでいきましょう!