ローソク足の【ヒゲ】と【実体】、どちらを基準にチャート分析すれば良いのでしょうか?直近の事例で検証してみましょう。

下に貼り付けた2つの図は、スイスフラン(USD/CHF)の週足チャートにフィボナッチのリトレースメントをあてたものです。

違うのは、上下の端が基づく点がローソク足の【ヒゲ】か【実体】かという点です。

■:結論

図が語るとおり、結論は「どちらでも反応する」ということになります。

1のチャートでも、2のチャートでも値段が反応していますが、直近の3月9日週でリバーサルを打った相場は2の【実体】にもとづいて引いた線で跳ね返りました。

【ヒゲ】で意思決定をするトレーダーもいれば、【実体】を使う投資家もいるので、「どちらでも反応する」ことになるわけです。

 

■:この先は?

では、今からのドルフラン(USD/CHF)の相場はどうなるのでしょうか?

テクニカル派のトレーダー目線でみるなら、週足チャートはHigherHighをつけていないので、下落トレンドが継続していることになります。

フォレックスはトレンド継続が長い特徴があるので、そのまま継続が続くのであれば、どこかで相場はLower-Highを付けて下へ向かうことになります。

その「どこか」をフィボナッチのリトレースメントだけで分析するなら、、、

  • 1図の【ヒゲ】に反応するなら、0.88595 が 61.8%ポイント
  • 2図の【実体】に反応するなら、0.90196 が 同じく61.8%ポイント

後はフィボナッチ以外の分析方法を組み合わせてポイントを見つけていくことになります。

この記事を書いているのは4月3日で、明日は大型指標(米国雇用統計NFP)の発表があります。

NFP (ForexFactoryから)
NFP (ForexFactoryから)

そこでドル売り材料が出れば素直に下がり、買い材料が出るとトリッキーな動きが予想されます。

過去の指標関連記事は以下のカテゴリで見ることができますので、参考にしてみてくださいね。

http://www.cocosta.jp/category/news-trade/

それでは今月も、Happy Trading!

 


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.