豪ドルの兄弟分であるニュージーランドドルは愛称キウイで知られて、高金利通貨として日本でも人気が高いですよね。

では、この通貨の動きに先立って動く指標などはあるのでしょうか?

本日、受講生質問への回答をアップしたので、その一部を紹介してみます。

まず地理的な確認。ニュージーランドはオーストラリアの真横ですね。

貿易でも2番目の取引先国はオーストラリア。ですから豪ドルの影響を多分に受けます。

※ 最大の輸出先は中国です。

豪ドルとNZドル

上のチャートはローソク足がNZDUSD、折れ線が豪ドル、下部のインジケータ欄に見えるのが、NZD/AUDです。

一番下は、ニュージーランドドルと豪ドルの強弱関係を表すペアです。

今は、少しNZDに分があるようです。

このような比較を行うことができれば、仮にロングするならNZD、ショートするならAUDの方に部がある・・・という可能性も見えてきますね。

先行ファンダメンタル ~ 受講生に配信したものの一部を紹介

ニュージーランドは、乳製品の出荷が多い国です。なので、その売上にも影響を受けます。

下のグラフは、その乳製品関連の業績に連動する指標をNZDと比較してみたものです。

NZDと先行指標を比較したもの(講義内から)

今のNZDが堅調なのは、ファンダメンタルズの追い風もあることが分かりますね。

この指標は、TradingView で一発表示に対応。さらに毎日更新をされるものです。

スウィングで取引される方にも、1つの考え方を提供してくれるかもしれませんね。

この講義は、 本日2019年6月25日 に以下コースで配信をいたしました。

資源国通貨を2時間で攻略する速習コース」(税込総額 15,500円)

https://direct.cocosta.jp/p/harmonic-institutional

熱心な受講生の方がとても多く、しばしば講義への質問を受け取ります。

いつでもご質問はウェルカムです!

今週も、頑張っていきましょう。

ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。