大統領選、バイデンさんに決まりましたね。

郵便投票の不具合などが争点となりましたが、終わってみれば「あっけなかった」という印象だけが残りました。

それにしても市場は「ドル売り」一色ですね。

  • ドルを売ってゴールドを買う
  • ドルを売ってビットコインを買う
  • ドルを売って米株を買う
  • ドルを売って円を買う

今は「とりあえずドルを売っとけ」が免罪符。これにさえ逆らわなければ、間違いが無いように見受けられます。

さて一方、直近では「ドル買い来るのか?」という徴候を見せる動きも出ています。

もちろん、大統領選などの大型イベントの専売特許は「材料出尽くし」。

それまでに積み上げてきた流れを引っくり返し、巻き戻しの反動が出るというのは市場の常です。

それでも、幾つかの数字を見ておくことは悪くない選択肢かもしれません。ちょっとだけ確認しておきましょう。

自己資金運用組(バイサイド)はドル買いに転向

セルサイド・バイサイドという言葉を聞いたことをありますか?

顧客に金融商品を買ってもらい手数料を得るのが「セルサイド」

一方で自己資金を主に使った運用益を得ることを生業とするのが「バイサイド」

だと考えておけば良いです。

この「バイサイド」にあたる市場参加者は、先週からドルロングに切り替えています。

トレーディングカレッジ資料から ~ レバレッジファンドの建玉動向

上画像は、バイサイドの参加者が保有している建玉の数値を集計したもの。

直近の数字が極小ながら、プラス域に顔を出していることが分かります。


【コースのご案内】

上の資料は、実戦トレーディングカレッジで毎週配信をしている講義資料の一部から抜き出したものです。

実戦トレーディングカレッジ詳細はこちら(クリックでジャンプします)


つまり、バイサイドは大統領選の終了直前に「ドルロング」へとポジションを切り替えていることが分かります。

過去の動きを見ても、プラスマイナスの切り替わりが起こると大きめの動きにつながっていることも確認できます(ハズレもありますが)。

あとはドル円が興味深いポイントに到達をしています。

閾値到達で反発を繰り返しているドル円(トレーディングカレッジ資料より)
しきい値到達で反発を繰り返しているドル円(トレーディングカレッジ資料より)

チャートの中の上段がドル円。こちらは「値段」なので上がったり下がったりしています。

一方で下段チャートは、ドル円と指標とを比較した数字。なので一定のレベルで上下を繰り返す傾向にあります。

参考までに、この記事を書いている現在の15分足も貼っておきますね。

こうしてみると、ドル円が買われる(つまりドルが買われる)展開もあり得そうな状況に来ていることが分かります。

もちろん市場なので答えは誰にも分からないですね。

ただ、変化が起きやすい状況に来ていることを頭の片隅に置いておくことで、バランス感覚のあるトレードにつなげられるかもしれません。

参考にしてみてください。


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.